STAND BY ME ドラえもんの作品情報・感想・評価

STAND BY ME ドラえもん2014年製作の映画)

上映日:2014年08月08日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。 のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気じゃない。そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。 果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に…

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。 のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気じゃない。そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。 果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に戻れるのか——

「STAND BY ME ドラえもん」に投稿された感想・評価

劇場公開時に映画館で3Dで見て、開始10分ぐらいから大号泣した唯一の映画。笑

大好きすぎて、テレビで放送されてても何度も見ては大号泣する。

個人的に初見の時は両親を亡くして間もない時期だったので、ドラえもんがのび太にかける言葉が、とても心に刺さりました(´;ω;`)

今でも思い出すだけで、泣けます…!

何でもこなせる大人にこそ、困難に立ち向かう大切さを教えてくれる映画だと思います。

ピクサーみたいになって違和感を感じる人もいるかもしれませんが、私はドラえもん特有の丸っこさがちゃんと表現されていて、のび太と抱き合っている場面なんかはとても癒されました(*´ω`*)
Kaichyi

Kaichyiの感想・評価

3.0
ドラえもんがピクサーのアニメみたいになってる(驚)
タケコプターのシーンは最高に面白かった^_^

ドラえもんの世界ってやっぱりいいなぁ!
櫻井

櫻井の感想・評価

2.8
あんまり泣きはしなかったけど、ドラえもんを一話から全部見れた感じ。
相生純

相生純の感想・評価

1.1

このレビューはネタバレを含みます

特別ドラえもんのファンというわけではないが人並みに触れてきた程度の好意を持って鑑賞しました。
期待せずに見てたら、あれ?案外面白いぞ!?と驚いたんですが、そりゃ面白いはずです。だって原作がすごい面白いんですから。

自分の心がスレてしまったのか単にこの映画の作りが悪いだけなのか、まったくドラ泣きできないどころか、不快感で満たされる箇所の方が多く、そこにドラ泣きしてしまった。

原作の感動できるエピソードを盛り込んで繋げればそりゃドラ泣きなるでしょ、と思いがちですが、さようならドラえもんも、結婚前夜もオムニバス(話が一回一回完結する)だから感動できるんですが、ドラえもん登場からさようならまで地続きでされても詰め込みすぎて感情移入できない。
中途半端にリアル造形のビジュアルにしてしまったために、原作やアニメでは笑い流せていたジャイアンの暴君具合やスネ夫の意地悪さやのび太のダメさ加減のコミカルさがなくなり、強調されてしまってなんか胸焼けを感じた。キャラクターに愛らしさを感じない。
それに、ドラえもんの友情以外はひたすらしずかちゃんに好かれたいと話が続いていくのですが、しずかちゃん登場から結婚前夜までのスパンが短くて、一体のび太のどこに惚れたんだろうか?という疑問しか湧かない作り。結婚前夜で「私やっぱり結婚やめる!」と言ったとき、そりゃそうでしょ、となってしまった。
雪山のロマンスは初めてだったから楽しめたものの、原作の印象的エピソードを凝縮して無理やりつなぎ合わせたせいか、ダイジェスト風にすぎてしまったのでのび太がなぜしずかちゃんに好かれるのか、よくわからないまま。
ただ、ムシスカンの話も初めて見て、しずかちゃんの魅力は十二分に伝わる。自分のダメさ加減に嫌気がさして自分と将来一緒にいたらしずかちゃんが不幸になるからと、しずかちゃんに嫌われそうな行動したり、ムシスカンをオーバードーズしたりと割とメンタルがヘラリズムしたのび太の出す負のオーラに逆行し駆け寄り、「吐いちゃえば楽になるから」とか、心配しながら怒り泣くところとか聖人君子と思えるメンカノ(メンタル弱めな男を温かく受け入れる彼女)っぷりで、メンタル弱めの人間から見た理想的聖母的ファムファタル的女性像でこれだけで5点満点あげたいくらいのときめきポイント。
「私がついていてあげないと、危なっかしくて見ていられないから」とかのセリフも良い。メンタル弱め人間が夢にまで見る理想のセリフをさらりと言われて心奪われないわけない。5億点。相変わらず映画の見る点評価する点がずれてるかもしれませんがそれだけで高評価しちゃいます。
ただ、ほぼ原作にある箇所の引用なんですよね。スタンドバイミードラえもんとしての良さというわけではない。そもそもスタンドバイミーってなんだよ。

あとは褒めの部分としてはそうですね、
全体的に不評な、成し遂げプログラムですが、最初見たときの不快感ヤバすぎて気絶するかと思ったんですが、通して見ると、原作のエピソード凝縮して2時間弱にまとめるためにはいい改変だな、と思えてきました。
この要素があったからこそ、出会いから別れまでの短い時間での話のまとまりがあり映画的にはわかりやすくて良い。

ただ、そんないろいろと加点要素見つけたとしても最後の最後の最後での演出がどうにも気にいらなくてマイナス一億点。秦基博のひまわりの約束に合わせてNG集が流れるのですが、え、NG集…?CGで中途半端にリアリティに近づけていた分、今までドラ泣きしていた話の茶番感が増すというか、急にフィクションみというか、作り手側の人物感がパッと浮かんで見えてしまい、感動的な秦基博さんの歌声がなければスッと現実に戻される感じがして一気にしょうもなさが押し寄せてくる。このエンディングだけで2度目の鑑賞は2度とないかな、と思えてしまう。テレビで秦基博さんがひまわりの約束を歌うたびにかわいそうに、と思えてしまう。
NG集といいCGの動かし方といい全体的にピクサーを目指してたのかどうかわからないけれど、もし目指していたのであればドラえもんの力を借りず完全オリジナルで挑んで欲しかった。質感はともかく、CGの技術はすごいし。表情気持ち悪いのはともかく。
とにかく、この映画を安易な気持ちで見て貴重な時間を無駄にしてしまった自分に向けて反省のドラ泣き、そしてそのレビューにこんなにもかけてしまった自分に向けて後悔のドラ泣き、させていただきました。
とはいえ原作に興味は持つきっかけになったのでそこは感謝。感謝ということで+1点。ムシスカンと雪山のロマンス、読んでみようっと。
movie

movieの感想・評価

3.5
正直期待してなかった。動きが変にリアルで気持ち悪いし、、、けど感動した( ;∀;)
ドラえもんの内容自体が良いってことやな( ̄∇ ̄)
歌も秦基博で最高!!!
森一啄

森一啄の感想・評価

3.5
特別いいとかじゃないけど 感動せざるを得ない ってかんじ笑
Anri

Anriの感想・評価

4.0
詰め込み過ぎ感も、先を読めちゃう感もあったけど号泣した。しずかちゃんパパ◎最後◎
にしの

にしのの感想・評価

2.5
しずかちゃんのお父さんのシーンがちょっと泣ける。映画館で見るほどではなかった。
名無し

名無しの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最初はあまり見る気がなかったけど…

最後まで見てしまいました。
面白いというか、安心感があります。ドラ泣きはしませんでしたが、少し幸せな気持ちになれます。あと映像技術に驚きました。凄い進歩!
めちゃいい映画っ🎬✨
子供を持つパパとして、しずかちゃんのお父さんがしずかちゃんに対して掛ける言葉は感動過ぎるっ😭💕✨
何でもしてあげる事だけがお手伝いじゃないって学びましたっ✨⭐️☝🏻🤓
>|