カテリーナ

007 スペクターのカテリーナのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.8
慰めの報酬では睡魔に襲われましたが、本日は流石に映画館で
寝ないでしょうと鑑賞
でしたが、冒頭の会話シーンで意識を失っていた自分に気付きました

007シリーズは本当に男性諸君の間で根強い人気があることを
フィルマークスで改めて認識しました。ファンの皆様のレビューの熱い事、アツい事!

温度差を感じながらも映画館で
キチンと見てきました。

今回はキャストにあの、クリストフ・ヴァルツが、ボンドの宿敵で出演 声だけ聞いてるとスティーブン・バーコフに聞こえる
予告編の時から顔が暗くて見えなかったので誰?
誰?ってなりました

因みにスティーブン・バーコフの名前を知ってる方いらっしゃいますかー?
多分少ないのでないかと、
いらっしゃいましたら謝ります 笑

レア・セドゥがブロンドの女医さんを演じてて素敵でした
アデルの時の男前なレズビアンも良かったけど、まるで別人のようにエレガントな女性に変身してました 女は化粧とヘアスタイルで化けるねー

伝統のアクション映画だけあって
悪役巨人とボンドの格闘シーンは見応えありました それと冒頭のヘリコプターの中での格闘はスリル満点
スタジアムに観衆ビッシリの上空でヘリコプターがとんでもない角度で飛んでたのでいつ群衆の中に墜落するかハラハラしました!
私的に今作の山場でしたね

クリストフ・ヴァルツは
タランティーノの『イングロリアスバスターズ』と『ジャンゴ』の印象が非常に強くてそこから抜け出せない自分を再認識しました 笑
クリストフ・ヴァルツとM役の
レイフ・ファインズのおふたりの
台詞を聞いてると滑らかで耳に心地よいのです
特にレイフ・ファインズは
本当に綺麗なキングズイングリッシュでした。
あーずっと聞いていたいってなりました。

今回が最後かもしれない
ダニエル・クレイグ版ジェームス・ボンド を映画館で体験できて良かったです
最後になりましたが
『スカイフォール』からのQ役の
ベン・ウィショーやっぱり可愛かったし、『スカイフォール』の時より出番が多くて嬉しい限りです。