ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたちの作品情報・感想・評価

ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち1992年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:80分

3.7

「ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち」に投稿された感想・評価

ぼろぼろのキャスケットは冒険の証
「チキチキうるせー奴だな」と思いつつ、まんまと泣かされた(絵日記は反則)。22年を経て解き放たれた心優しきディザスター。なにげにサイケです。
再開発が始まってからのシモキタの駅に未だ慣れず、映画館着く前から小冒険してしまう。
トリウッド にて観賞、
ライトな滑り出しから
あれよあれよと重厚な世界系へと、
「アベンジャーズ・エンドゲーム」をちょっと彷彿したりしてw
映画ドラえもん等と同系列か、
作画良し、
声優良し、
凄く面白かった(^^)
やっっっっっっと観れた。
もう死んでもいい。

・レオニスの存在感は出﨑イズムそのもの。声大塚明夫だし。

・佐野量子は銀河そのまま(好き)

・異界に入る時のドラッギーな背景はのちのlainの片鱗を感じる。

・おおすみ正秋の『走れメロス』並みに埋もれている理由が分からない。作画には沖浦啓之、木上益治の名も。

・川井憲次は川井憲次

・アニメ様オールナイトで上映してください…お願いします…
ゆみし

ゆみしの感想・評価

3.4
今ではない一見子供向けに見えて、怖いアニメ。メッセージ性が強すぎて、音楽も言葉もこわい。

当時、金かけすぎて発表中止になったアニメ映画。

ちなみに浮いてるピンクのキャラクターは〇ン〇ームに見えたので死にたい。生きる。