deenity

ピンクとグレーのdeenityのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.5
だから事前予告で「衝撃の展開!」的なのはやめてくれとあれほど言ったのに…。というのは相変わらず声を大にして主張させてください。どうしてもそこに期待が行ってしまって興ざめしてしまいます。
ただ本作がよかったのはどんでん返しで終わらせないところですね。単純に考えて62分なんてまだまだ映画の半ば。当然この先にこそ主題が詰まっていて、どんでん返しなんてスパイスに過ぎない訳です。レビュアーさんの1SSEIさんのオススメで見に行かせてもらいましたが、そういえば『ゴーン・ガール』を引き合いに出していたのはそうゆう衝撃で終わらないよ、ってことだったんですかね。なるほど!さすがです!

ただどうしてもネタバレにならないとメインには触れらないので伝えきれませんが、なかなかよくできた作品。ピンクとグレー。ピンクの面とグレーの面。見たらわかると思いますが、グレーの面の表現はあっぱれですね。些かブレーキはかかったものの、特にグレーとピンクの交錯、実に妙妙たる見せ方で深みが増しましたね。
まあ正直主演の中島裕翔も菅田将暉くんもあまり馴染みがなかったので若干頭がこんがらがりましたが、菅田将暉くんの方はいい演技でしたね。センスを感じます。

とりあえず最後にこれだけ!
「衝撃の展開!」って宣伝は廃止しましょう(笑)