罠(わな)~被災地に生きるの作品情報・感想・評価

罠(わな)~被災地に生きる2015年製作の映画)

Trap/Taklub

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

「罠(わな)~被災地に生きる」に投稿された感想・評価

大型貨物船が住宅地のある陸地まで乗り出している光景の凄まじさ。台風ヨランダによる被災地の惨状は震災後の東北沿岸部を思わせる。被害から一年以上経た今でも、つい最近起こったばかりのように復興は進行していないし、お金のない住民はこの被災地から離れることすらできない。
同じ被災地を撮ったラヴ・ディアスのドキュメンタリー「ストーム・チルドレン」が子共の目線で描かれたものだとしたら、「罠」は大人の視点で苦悩する住民の姿をとらえている。この2作品を比較してみると、当然といえば当然かもしれないが、大人と子供では受け止め方がだいぶ違うのがよくわかる。大人は人生のしがらみに悲観して神にすがりつく。子供はどんな環境でも決して遊び心を忘れない。そんな子供の姿が苦悩する世界を乗り越える力となると信じたい。