燃える闘魂アントニオ猪木50年の軌跡の作品情報・感想・評価

燃える闘魂アントニオ猪木50年の軌跡2010年製作の映画)

製作国:

3.3

「燃える闘魂アントニオ猪木50年の軌跡」に投稿された感想・評価

おい、コレは映画でも何でもないだろう!とお思いの方、安心してください。映画館で見ましたよ!!

2010年にデビュー50周年を迎えた猪木が『アントニオ猪木デビュー50周年DVD-BOX』発売記念としてバルト9で2週間限定上映されました!

ちなみにこのDVDBOXのお値段ですが…奥さん、今なら何と定価たったの10万円!!!! いったい何人の方が買ったのか知りたいですよ。

DVDBOXは20枚組で3708分あるようですが、巧みな編集でなんと120分に収められています!!!!!※といってもとある1枚を流しただけだろうとはとても言えない。

3000円もしましたが当時の私は何の疑問もなく初日に行ってしまいましたよ。初日なのにガラガラでした。舞台挨拶はなぜか平日の火曜にやるというのが何とも猪木さんらしい。

肝心な内容ですが、まさかの異種格闘技戦に特化した内容。その頃はMMA一筋だった自分には一番興味深い内容だったので良かったです。

たしか
柔道のウィリアム・ルスカ戦
ボクサーのチャック・ウェップナー戦
空手のウィリー・ウィリアムス戦
などバラエティに富んだ相手の試合が見れたと思います!!

そして興味深いのがチャック・ウェップナー戦には猪木が当時、珍しいオープンフィンガーグローブを着用していて感動したのを覚えております!!年代で言うと『燃えよドラゴン』のブルース・リーのオープンフィンガーグローブのちょい後だったと思います。

ちなみに火曜日の舞台挨拶では
「過去はあんまり見たくないんだよ。恥ずかしいし、見ないのが一番の幸せだね」
「10万円!?ふざけるんじゃねーよ!俺には一銭も入りませんよ」
などコメントしていたらしい。。

※結局このDVDBOXはバラ売りもされ、この異種格闘技戦のDVDだけセールで1000円で購入できましたよ。。