パペットからCGへ:エピソード2のデジタル・キャラクターの作品情報・感想・評価

「パペットからCGへ:エピソード2のデジタル・キャラクター」に投稿された感想・評価

MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.1
2002年に発売された『クローンの攻撃』のDVD、Disc2に収録されているドキュメンタリー(1本目)です。

エピソード2からヨーダが完全CG化されたのは有名な話ですが、それに伴いエピソード1もBlu-ray化に際してCGのヨーダに変わってしまいました。

タイトルに反してパペットとCG化の話はほぼヨーダのみなのですが、CGの技術の高さにはそれ以外の点において驚かされました。

例えば、ドゥークー伯爵VSヨーダのシーンがありますが、まずドゥークーの立ち回りを撮ってから、ヨーダを合成するというところまでは想像できましたが、まさか立ち回り役がスタントマンとは思いもよりませんでした。顔だけ後ですり替えたそうです。

まあ、それにしても相手が目の前にいないのに擬闘だなんて難易度高過ぎですよね。合成前の映像だけ観たら滑稽かもしれません。

ちなみに惑星カミーノでオビ=ワンがデッキでワイヤーにしがみつくシーンでは全身CGのものを使ったらしいです。