英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「アナスタシア」の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「アナスタシア」の映画情報・感想・評価

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「アナスタシア」2017年製作の映画)

上映日:2017年01月13日

製作国:

上映時間:185分

3.7

あらすじ

ロマノフ朝14代皇帝ニコライ2世の娘、若き皇女アナスタシアは、家族とともにロシア革命の嵐に巻き込まれ、その特権的な生活に終止符が打たれる。そして家族全員が殺された後、死んだはずのアナスタシアだと名乗るアナ・アンダーソンという女性が現れる。 記憶なのか妄想なのか、定かでないアナの回想。悪夢に悩まされながらも、自分がアナスタシアだという彼女の信念は揺るがなかった。 アナは本当のアナスタシアなのか…

ロマノフ朝14代皇帝ニコライ2世の娘、若き皇女アナスタシアは、家族とともにロシア革命の嵐に巻き込まれ、その特権的な生活に終止符が打たれる。そして家族全員が殺された後、死んだはずのアナスタシアだと名乗るアナ・アンダーソンという女性が現れる。 記憶なのか妄想なのか、定かでないアナの回想。悪夢に悩まされながらも、自分がアナスタシアだという彼女の信念は揺るがなかった。 アナは本当のアナスタシアなのか、それとも-。

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「アナスタシア」」に投稿された感想・評価

マクミランらしい心理描写に長けたバレエ作品だった。アナスタシアのオシポワが圧巻!以前ならコジョカル主演だっただろうなと考えたが、今のロイヤルバレエメンバーならオシポワ抜きでは上演できないのでは?と思わせるくらいはまっていた。
今まで何を踊っても私には響かなかったティアゴのラスプーチンもはまり役。2幕最初は背後で佇んでいるだけなのに不穏で良いし、難しいリフトも安定感あったし、本当に良かった!
しかし男性ダンサーは結構見せ場あるけど、女性ダンサーは主役以外の見せ場が乏しい気がした。クシシェンスカヤくらい?