deenity

彼女がその名を知らない鳥たちのdeenityのレビュー・感想・評価

3.5
愛について触れた作品はいくつかありますが、またこの作品は振り切った作品ですね。働きもせず家でゴロゴロして生活費は稼いでもらい、その養ってもらってる男に対しては超ドぎつい性格。その上昔の男を忘れられない蒼井優演じる十和子。それを支えるのが十和子を愛して愛して愛し尽くすのだが、ガサツで不潔で貧相な陣治演じる阿部サダヲ。
蒼井優は大好きな女優さんです。今作でも存分に演技力を発揮しています。実質同棲しているのは陣治であるにも関わらず、その陣治にはひどい罵詈雑言。物は投げるは男に浮つくはでムカつく女を演じます。濡れ場もすごいですね。最近『ナラタージュ』で有村架純のそれを見たばかりですが、感情の伝わり具合が比にならないレベルです。素晴らしい演技力だったと思います。
ただその陣治の方もなかなかの不潔さで、髭面でボサボサ頭に焼けてんのかくすんでんのかよくわかんない顔の阿部サダヲは確かに不快感がないではないんですよね。冒頭の食事のワンシーンで下品な感じが満載でくちゃくちゃペチャクチャ靴下脱いだり足のゴミを取ったりと、まあ汚いです。たったワンシーンでそれを見事に表現するのは上手いですが、同時に十和子が言うのも無理はないかとも思えてしまうのが痛いところ。

でも不思議なもので、どんどん陣治に好感を抱いてしまうんですよね。真っ直ぐに十和子を思い、どんな罵声を浴びせられても笑顔を絶やさない。
「俺はお前が笑顔でおってくれたらええんや。」
この口癖のように出てくる自然な一言がこの作品の全てを物語っているわけです。

そんな十和子は陣治がいるのを差し置いて男にフラつきます。過去の男・竹野内豊とイケメンの松坂桃李。まあイケメンなのはわかるけど、クズだよね(笑)
しかし、過去の男・黒崎は数年前から失踪していることがわかり、少しずつサスペンスの匂いも醸し出しながら混沌としてきます。

ただ、ここでは多くを語れませんが、あくまでこれは二人の愛の物語。究極の愛とは何か、それがテーマです。どんなにひどい扱いを受けても、浮気されても、それでも直向きに十和子を思い続ける陣治の姿。「うん、確かに愛だ」とも思えたし最後にグッとさせる展開に持ち込んだのは上手かったけど、好みの作品とは言えないのが惜しいところ。