彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価・動画配信

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

この気色の悪い1㎜も共感できない話をラスト10分で浄化してしまう、そこへ繋げてゆく俳優陣の演技力に脱帽。
特にこれまで今ひとつよさがわからなかった阿部サダヲの演技を初めてうまいと思った。
松坂桃李も「新聞記者」でみせた似非インテリの苦悩より本作のような繊細な仮面を被ったクソ男のほうに役者としての本領というか、他の人には出せない味があるのではないだろうか。
関西弁のセリフも実に効果的で、ザラザラとした物語の質感を巧みに捉えている。
味玉

味玉の感想・評価

3.8
もう一度見たいかと言えば見たくはない。が、嫌いな映画かと言えば、そうではない。良くも悪くも後味が残る映画でした。
純粋な愛は澄んでいればいるほど屈折し易く歪んでいくのかもと怖くなる。
そう思えるのは演者さんたちの素晴らしい演技のおかげだと思うし、この俳優人の映画をもっと観たいと思いました。
蒼井優って堕落したりどこか抜けてる役うまいなぁ。。なんか目が離せない感じ。
あぁ山里亮太が羨ましい 笑
ものすごく歪んでるけどものすごく愛だった、、
切なすぎるけどここまで愛せるってすごいなあ
深夜に見んかったら良かった…
まじでクズ男はどこまでもクズやし、陣治の愛もやばい。十和子にはちょっと共感できるとこあったけど、やばいやつに変わりはない。
rika

rikaの感想・評価

3.8
狂っとるけど最後の数分で切なくなる。包帯ぐるぐるでも蒼井優は可愛い。
MoNaSHi

MoNaSHiの感想・評価

3.5
““共感度ゼロ””というフレーズに100共感!🕊
陣治の、十和子への執着と異常な程に思える優しさは終始気持ち悪かったけど、ラスト、ちょっと歪んだ角度から陣治の本当の人間像が見えた時、これは間違いなく純愛だったのだと気づいた…
伏線回収👍
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりにいい邦画みた。愛は一方的だとお互い辛いんだ。陣治は美しく死ぬことを選んだけど、そんなの嫌だよ、死ぬなよ!生きて十和子を愛し続けなきゃ、十和子はどうすればいいの…

冒頭、クレームつける様子に不快感が募るばかりだった。絶対レビュー1つけてやる、とか思ってたのに、話が進むにつれ仕方ないとしか思えなくなる。昔知人と話した、「ダースベーダーでも訳を知れば許してしまう」みたいな話を思い出した。

悲しみが募ったとき、美しく散ることができたら、と思う。そんな気持ちをそのまま表現したものがこれなんだろう。しかも、二人分の悲しみを背負って飛ぶんだから、翼にかかる重みは計り知れないだろう。

おいでやす小田さんでてるやん。
rm

rmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


人物像がリアルで入っていきやすかったし、なんせ俳優陣が素晴らしかった..

悪い男性がああいう女性を見つける嗅覚ってすごいんだな

代理の時計を渡しにきて迫るくだりは、なんじゃそりゃと思ったけど、松坂桃李の目の落とし方で受け入れてしまった..

暴力シーンも、足を刺されて痛がるシーンも演技がうまくて見るのが辛くなった

竹内豊しかり、2枚目俳優の演じる悪い男性は深みがあってすてき。どんどんやってほしい
アヤノ

アヤノの感想・評価

3.6
決しておすすめできる内容、ではないかもしれないけど、胸に残る、後味ある映画でした。
>|