彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

eiganoTOKO

eiganoTOKOの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

早い段階で女が殺したのわかってしまったので、ドキドキはしなかったけど、阿部サダヲいいやつじゃん。好みではないが。
でも自殺したら、犯人探しが始まったとき、蒼井優が逮捕だね。

俳優陣がみんな上手いから面白いのだけど、「女」は、こじらせか、おもちゃか、ミューズか、母性、蒼井優が「女」のいやらしい、卑しい側面を、共感度を得ない撮り方をしていて、結果的に女を貶める見え方になるのが不満です。

本気で好きだった男に性行為を撮られたビデオが象徴的で、幸せな時間を思い出せる映像の役割と、リベンジポルノ(というか最初から仕組まれていたと思うが)として身体を他人に売らせる脅しの映像の役割、そして性被害にあったといえる記憶を幸せな記憶にすり替える装置が、殺した男とのセックス映像というのがなんか納得した。
蒼井優は純粋に愛を貪った被害者の側面が強い。
竹野内豊は、華奢な女をぶん殴り、奥さんとは子どもを作ってて、借金を返すために蒼井優を騙してた。端的に言えば人身売買詐欺&婦女暴行。まあ、現実はともかくフィクションの中では殺されて当然でしょうな笑
そのてん松坂桃李は脇が甘すぎて、足を刺される程度の罪なのね、うん頷ける。
松坂桃李の恥ずかしすぎる本の文章丸パクリとか、海辺でキスじゃなくてフェラ要求とか、高校時代にいたこうゆうやつ…。そして子供のまま社会に出ちゃったサラリーマンにいそう。
演技がうまくてイライラした。
よく居る最低なのになぜか逃げ切れるタイプの男、みなさんも気をつけましょう。
てん

てんの感想・評価

3.7
期待通りの内容だった

「共感度ゼロ」的なキャッチコピーがあった気がするけど、案外そんな事もないかもしれない。程度はどうであれよくないとことかまっすぐなとことか、みんなあるはずなんじゃないかなーとおもう。
それを煮詰めた感じのキャラクター達。
阿部サダヲの汚さも、蒼井優のメンヘラも、松坂桃李の軽薄さも、竹野内豊のクズさも、とてもよい。
飽きなかった。

あと、予告編が妙にいい。何回も見てる。
naokazaki

naokazakiの感想・評価

3.7
感情があるから人は怖い
感情なんかなくなれ
度を超えた愛情は凶器
最後のはこれが無償の愛なのかと思うと怖すぎる
人間の本質をえぐる、みたいな切り口の邦画ってゲスいテーマを後味悪く終わらせて勝手に何か考えてください、みたいなものが多いので最近避けていたのだけど、そんな疑いをいい意味で裏切ってくれた。
観るタイミングによっては男女の愛に対する考え方が変わってしまいそうな話だった。

残された十和子は幸せなのだろうか。
ある意味これ以上ない陣治の復讐ともとれそうな…。うーん。

蒼井優は苦手なのだけど、この蒼井優はめちゃくちゃよかった。
というか、この人福岡の人なのに関西弁死ぬほど上手。
大げさ抜きで、ネイティブスピーカーじゃない俳優でこんなに完璧に関西弁を話したランキングNo1だと思う。
阿部サダヲはちょっと汚さが演出入りまくってたけど、必死に訴えかけてくる姿が印象的。最高に優しい男じゃないか。
ネタバレのところは胸にグサっと刺さるものがあった。

竹野内豊は鳥肌レベルの嫌なヤツ。
「孤独がひとりで歩いてる~」って車内で言うシーン、気持ち悪すぎて4回くらいリピート再生した。
それくらいの好演。

原作の沼田まほかるってイヤミス(後味の悪いミステリー)の女王の一角として名を馳せているそうだけど、全然イヤじゃないです。『ユリゴコロ』も心温まったし、この人の描く愛の形は大好きだ。
愛は、凶器。
その痛みをどう感じるか。

阿部サダヲ、とんでもない。
最後あたりの伏線回収に驚愕した
阿部サダヲは最初こいつヤバイってなってたけど無償の愛を見せられた
蒼井優の演技はやっぱりすごかったけどベットシーン多すぎてちょっとげんなり
松坂桃李はこんな役多くなったなー笑
同性だけど十和子(蒼井優)には全く共感できる部分がなくて、ただひたすら陣治(阿部サダヲ)が可哀想で仕方がなかった。
あと、この映画を観て松坂桃李がちょっと嫌いになった。。笑
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

4.0
この男アホやんって思ってたけど
上限振り切って究極の愛やわ…。
無償の見返りのない本間の愛やわ。
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.9
怖くて友達と観た映画笑

ベッドシーンの多さに序盤は
げんなりします。。。
しかも観ていて綺麗と思える
ベッドシーンでもない笑

ここまでメンヘラだと観てる方も
呆れますが、
色々と張られた伏線を回収するのが
面白かったです。

主演2人の演技も
ここまでキラキラしない蒼井優さんと
阿部サダヲさんを観るのは初めてで
なかなか面白かったです。

十和子の不安定さや身勝手さは
共感できることではありませんが
彼女の一要素みたいな物は
私にも存在するものなので全て
否定することもできません。

色々書きたいけど、
上手く言葉にできません。
複数で観て楽しい映画では
ありませんが、観終わった後に
語れる映画でしたわ。。。
MmiioO

MmiioOの感想・評価

4.0
最初からずっとジンジ汚いわー、男最低だわーって思ってたけれど、
最後「ジンジの愛、伝わったよ」って心から思いました。
展開もどんどんあってドキドキしたし、とても面白かった!
>|