彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

ものーーすごくスッと感情移入することなくただただ客観的に見てた。
まめこ

まめこの感想・評価

3.8
序盤から「登場人物みんなクズ」という
予告の文言通りだなぁ、
と少し嫌悪感もありながら、誰にも感情移入出来ないまま中盤まで…

思い描いていたストーリー展開と
着地点が急に変わった瞬間から全く違う映画になった。
不思議な感覚。
どんでん返しと言うべきか、
こんなに陣治に対して抱いていた感情が変わるのかと…
蒼井優は相変わらずだが、
阿部サダヲの演技に驚かされた。
彩鐸

彩鐸の感想・評価

4.0
蒼井優さんがクズなんだけど、愛おしい。
とても楽しめました❗️
最初は正直辛いな、と思いながら十和子(蒼井優)と陣治(阿部サダヲ)のお互いに従属的な関係を眺めていた。

白石監督の過去の作品「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」は悪を体現する男たちの緻密な描写に圧倒された。悪には、生半可な正義よりもよっぽど魅力があって、ある種の解放感を感じられる。

それでは本作で、白石監督はどんな悪を描いたのか。黒崎(竹野内豊)も水島(松坂桃李)も悪と呼ぶにはあまりに軽薄な男たちだが、愛に囚われた十和子にとっては、もっとも弱いところにつけ込む酷薄な悪人たちに違いない。

十和子を弄ぶ男たちと対置するように陣治が十和子のそばにいるのだが、陣治は果たして十和子を守ることができたのか。陣治も愛に囚われた男として描かれている。

愛を弄ぶ者たちと、愛に囚われた者たちが交われば、暴力でしか解決できない軋轢が生まれる。

「彼女がその名を知らない鳥たち」

愛情は尊いものだが、同じくらい愚かなものだ。そんな風に感じるのは、私自身もその名を知らない鳥たちを匿っているからかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

監督自身は善悪を明確に決めつけないというか、人間の両面性みたいなものを意識してる人なんだろうけど、私に関しては女であるという個人的経験が影響したのかやっぱり蒼井優が悪いように見えたし、結局ああいうラストを迎えてしまったことで、蒼井優の個人的な物語にしか見えなくなってしまった。途中までは普遍性を持った傑作だと思ってたんですが、やっぱり締めが良くなかった。いい加減映画において包丁で人を殺すのは禁止にしませんか。
あとカメラがアップ多用してるせいで説明不足になっているシーンがいくつか見られたり、ピントが合ってないカットが多すぎる(あそこまで来たら演出かもしれないけど何も面白くないのでやめるべき)など、いろいろと思うところはあるんですが、クライマックス手前までのダレなさ、善悪やら男女やらという二元構造が時間を経るごとに破壊されていく快感は、眼を見張るものがありました。
人間のアンビバレンスさを的確な筆致で描いた脚本は現代版井手俊郎のようで、日本映画にこの精神性ってまだ残ってたんだと少し安心もしました。
ともあれ白石和彌がここまで実力のある映画作家だとは知らなかったのでただただ驚かされたし、今後も確実に伸びていく人だと思うので非常に期待してます。
怪作には違いないので、是非映画館で観て欲しいです。
不快度100パーセントって聞いてたけど、
ホントその通りで、ストーリー云々でなくベットシーンでの声が一番不快だった。(笑)
汚いなぁ〜〜


落ち着いてもっかいみたい。

主婦達が見にきてて
ずーーーっと喋っとったからそっから話もあんま入ってこやんし、
気づいたら
ミズシマと関係持ってるし
持ち方も不自然やし

????!!?ん??

ぁあって感じ

ベッドシーンだけやけに
会場静かになって
誰か一人は氷まみれのドリンク手に取る
あの変な空間

笑う

映画館じゃなくて良かったかな
maru

maruの感想・評価

3.8
最後のフラッシュバックがくどい感じしたけど面白かった。
松坂桃李のベッドシーン気持ち悪くてイイ
焼肉

焼肉の感想・評価

4.5
蒼井優、阿部サダヲ、竹野内豊、松坂桃李の安定の演技力。シュールなシーンが何回かある。

このレビューはネタバレを含みます

見終わってから知ったけど、ユリゴコロと同じ作者(°▽°)
だからグロテスクだった(笑)
ユリゴコロよりはマシだった(笑)

桃李くんにはこーゆー役してほしくないな〜〜(;_;)
爽やか桃李くんが好きやわ

結末が衝撃的だった(°_°)
ジンジ、絶対生まれ変わりそう…
けど生きてたままの方がよかったんちゃうかなーと思った
>|