彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

関根

関根の感想・評価

3.9
蒼井優と松坂桃李の濡れ場がこれでもか。と。途中で正直飽きてしまった。そんな中で、阿部サダヲの本気を観た。阿部サダヲなのに阿部サダヲがそこにはいない。箸の持ち方だとか、食べ方だとか、笑い方だとか、咀嚼音だとか、走り方だとか、喋り方だとか、そこには佐野陣治がいる。こんなにも凄い俳優だったんだなあ。好きになった。どうしようもなく。阿部サダヲに満点を。

「究極の愛」そんなキャッチコピー。結局愛ってなんなんだ。元々そんなもの分かっていないのに、この映画の所為で更に分からなくなってしまった。どうしてくれるんだ。
qoqo

qoqoの感想・評価

4.5
久々、涙がでた。
人が感動する場面は様々。
男女の愛情の奥深さ。
男女の愛情の表現の奥深さ。
明日の朝の私の瞼は今日の涙で腫れています。
やられました。正直それほど期待をしていなかったのに最後は期待を裏切る面白さ。鑑賞後唸ってしまいました。
映画の前、中盤はすべての登場人物のクズっぷりに不快感で一杯、しかし、最後の10分間で映画の印象が覆りました。

阿部サダヲ、蒼井優の二人が映画の途中でたまに見せる狂気に満ちた視線。この二人狂ってるってやがる…と思わせてしまう目の演技すごかったです。
阿部さんが演じた陣治、役とはいえ清潔感ゼロ、ストーカー行為を繰り返す、ダメな人過ぎて観てて痛かった。
蒼井さんの演じた十和子、色々な店にクレームをつけて、もうそれだけで私には耐えられない人のレベル。更に嫌悪感を感じたのが、一生懸命に尽くす陣治をあからさまに見下した態度。私の職場にもこんな人いるわ〜と思ってしまった。電話に出る声色を陣治と浮気相手とは変える細かい演技には苦笑してしまった。
松坂桃李さんが演じる水島、見事に薄っぺらい男でした。口先だけで中身が無い、自己保身と性欲にまっすぐな人物。松坂さんこういう役が似合う。でも、女性の多くは見た目がかっこよく、口が上手い水島の様な人に惚れちゃうのが悲しい現実。
竹野内豊さんの黒崎も水島と同様。

全ての人がクズばかり。最初にも書きましたが、当初は誰にも共感は無く不快感ばかり。でも最後になると映画は意外な結末に向かいます。そして陣治の愛の深さを知る事となります。その一途な愛に今までの異常とも思える行動が納得です。(陣治と十和子の出会いから現在に至るフラッシュバックは、それまでのグズグズな経緯があるから見事)
そして、十和子は陣治を失う事で、初めて陣治の愛を知る事となったのです。気付くのが遅いって声を大にしてツッコミたい。

書き殴りの様になってなりすみません。上手に考えがまとまらなかったのですが、それだけ面白かったです。
映画のキャッチコピーは「あなたはこれを愛と呼べるか」とあるけど、私は呼べます!
感情の起伏が激しくなる映画だった笑笑
やるせなくて切ないけど
究極の愛なのかもしれない。
でも誰も報われない。
蒼井優関西弁似合ってた。
クズ役もいい味出してた
阿部サダヲ、すごく好き。この映画の彼はとてもこ汚く、掴みどころがないように思えたけど、見終わる頃には愛すべき人になっている。 こんな風に素直にだれかを愛せる人を演じる阿部サダヲはほんま素敵や✨。 そう、思わせるほどの蒼井優のクズっぷり。
「北原さん、メダカ買うてきたで。好きかなー思って」
たしかに愛だ。正しいか正しくないかはわからないけれど。
tk

tkの感想・評価

3.4
なるほど、紛れもなく愛だね

主演のお二人がとてもよかった
阿部さんてこういう演技をするんね
Yumi

Yumiの感想・評価

4.5
辛すぎて涙が首をつたって着てたTシャツが濡れるくらい泣いた。この映画で絶対に蒼井優はアカデミーをとると思った。ストーリーは、特殊そうに見えて実はよくありそうな男女の話。最後のシーンで陣二が十和子にしたお願いが印象的だった。恋人に飽きてきた、嫌気がさした、浮気してやろうかとか考えてる人は一度観て欲しい。
ayn

aynの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

話は珍しくないんだけど、話の見せ方(進め方)がとても好き。
あれ?これ何の話??ってならない。

安定の蒼井優。ほんと綺麗。
阿部サダヲ、愛情の中の奇妙さが絶妙。
松坂桃李、いい俳優さんになったね。
竹野内豊のまさかの配役。
イケメンのクズって最高だな〜。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最初から退屈なく入り込めて面白かった。
サダヲが変態ストーカーでは無かったと分かった瞬間泣いた。
>|