keeper7

レザーフェイス―悪魔のいけにえのkeeper7のレビュー・感想・評価

1.2
他のレビューがよろしくないので少し躊躇いながら鑑賞。
御存知「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスがどの様に誕生したかを浅く描いたプリクウェル作品。
もうリメイクやリブートされ過ぎてどのバージョンのプリクウェルか調べる気もなく。

感想としてはロードムービーホラー。ゴア描写などほぼ無く、殺害事後の犠牲者を見せないのでホラーファンからしたら大変消化不良である描き方。それ以外でも主演女優さんやJKなど良い素材を出しておきながらホラーファンを喜ばすいじり方は一切せず退場させるのは全くもって分かっていない。監督さんは女性に対して愛がないもよう。
あとキャスティングが紛らわしく、どう見てもこいつがレザーフェイスだろうというキャラがそうじゃないのが一番納得いかなかった。ストーリーも特筆するような部分は特に無く。
シリーズが好きでどうしょうもなく時間があったら観てもよいのではないだろうか。

後で知ったがこの作品、自身が一目置く映画である「屋敷女」の監督作品であった。
なおらさ残念な出来でならない。