レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.3
これが日本でR18なのはなんでだろ?西洋なら分かるけど。
ちょっとしたどんでん返しも見せてくれるけど、結局レザーフェイスになる決定打を見せてもらえないので消化不良。
ロブ・ゾンビ版のハロウィンとも違う、殺人鬼の少年時代のお話でした。
4343

4343の感想・評価

3.1
ホラーというよりスプラッターありの逃亡劇。

登場人物がだいたいキチガイ。ろくなやついない。。
レザーフェイスに追われるいつものスリル的な要素を期待してたが、ちょっと違った。

誕生秘話的な感じだけど、いまいち決定的要素も無いなぁと感じてしまった。

まぁ、時間短いしそれなりに派手なのでサクッと見ることはできた。
まぁ、こんなもんかな。そんな感じの映画でしたー!
結果。
けっこう好きです♪



少年の名前はジェド。後のレザーフェイス
ソーヤー家から誕生日にプレゼントされたのは将来の武器とも言えるチェーンソー!
目の前にいる男を殺れ~っ
と促される…

その後、ハートマン保安官(スティーブン・ドーフ)の娘を納屋に誘い出し兄弟とともに殺害
ジェドは未成年であったことから刑務所ではなく精神科病院へ

そして10年後…。




なんやかんやあってイカれたカップルと病院から脱走
人質としてナースも。彼女がヒロインとして殺戮ロードムービーがスタートする

ナースの彼女が黒髪が似合うクレア・デインズ似の美人さん( 〃▽〃)

イカれたカップルの暴れっぷりがなかなかどうしてっ
無銭飲食してはダイナーで一暴れ!
トレーラーハウスで寝泊まりしては遺体と3Pするはで(笑)


そして青年になったジェドはというと…
ここがミソ!
実は病院では全員の患者に違う名前が付けられ呼ばれている為に誰がジェドだか分からない設定に

思い込みでこいつがジェドなんだろうなと思ってると…
後半やられますw
お前か~い!と自分は簡単に騙されましたww

そんな作品です


彼等を追うハートマン保安官もなかなかのイカれ具合
娘を殺された復讐心からか手段を選ばぬ捜査で追い詰める!
演じるスティーブン・ドーフ老けたな~
『ブレイド』でイケメンヴァンパイアやってた頃が懐かしい( ´∀`)


グロはまあまあ。
CGに頼らずちゃんと造ってたのは好感もてる☆
チェーンソーで身体を引き裂いたりするシーンは良く出来てたと思いますよぉ( ̄▽ ̄)b



でもラストがな~
君が将来あのレザーフェイスになるの?
違和感はある。
やよい

やよいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Nice to meat you.

まんまとバズに騙された。

エリザベスはなんで一緒にトレーラーハウス?から逃げちゃったんだろう...。
1番頭がオカシイのはお母さんじゃない?
るり

るりの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

DBDカニバルことレザーフェイス誕生の話
最初らへんは誰が誰かよくわかんなかったけど途中くらいから理解して誰がレザーフェイスなのかをわからなくしていたんだなって思った
特に怖くもなく捻りもなくなるほどーという感じだった
ちょっとグロいのはあった
精神病院も逃亡劇もつまらない。
5歳の誕生日にチェーンソープレゼントなんてかなり素敵なのにそれを生かせず。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.4
案外幼少期シーン少ない
青年になってるとこからが主だった
精神病棟は好きなんだけど少し地味
病院パートからしばらくテンポ悪く感じた
けど誘導にうまくのせられちゃった^ ^
marz

marzの感想・評価

3.2
2019-003

1、2作目は当たり前のように別格としても以降の作品はなんかもう、続編だなんだ言うよりは今回はこんな解釈で作ってみましたよ、どうでしょう?て感じですなあ…

レザーフェイス出して、ちょっと振り切れちゃったキャラも出しちゃって、ブルータルなカット入れましたらば、ほら!ほらほら!テキサスデンノコ大虐殺!

そうじゃないんだよなあ。

それぞれ好きなの、そうでないのはありますが、トビー・フーパーが監督してない作品はやっぱりなんか違う。

悪魔のいけにえっ!て構えて観るんじゃなくて、肩の力を抜いて、あー、悪魔のいけにえねーはいはいってな感じで観るのがいいですね。

なかなかなヒネリとか、あっ、そんなんなの?な展開は嫌いではないです。

それにしてもスティーブン・ドーフ…
もうフロストには戻れないねえ…
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

2.0
「悪魔のいけにえ」の新作が出る事は喜ばしい事だが、格好良かったり綺麗だったりするレザーフェイスはレザーフェイスでは無い。
マイケル・ベイ製や、飛び出す〜のレザーフェイスはまだ良かった。
クアラ

クアラの感想・評価

3.5
『悪魔のいけにえ』の前日譚。

誰がレザーフェイスになるのか分からないように上手くミスリードしている展開は面白かったです。初期作へのオマージュを感じるシーンもあって、ファンの方なら思わずニヤリとしてしまうかと。

思っていたよりはマイルドなグロでしたが、蛇足の多い中でのシリーズ物の一作としては良く出来ていた映画だと思います。
>|