レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.3
レザーフェイスがなぜ誕生したかの話。おもしろかったけど、この誕生したかの話はぶっちゃけいらんかった。笑
宮崎キネマ館のイベント「SEVEN/SENSES」で鑑賞。本家「悪魔のいけにえ」と2本連続で観ました。
前日譚として見たかったものではなかったが色んなサイコ野郎やゴアシーンが見れて満足。
ソーヤ一家万歳!
Hook

Hookの感想・評価

3.0
監督が「屋敷女」の監督コンビということで、ある種期待してた部分は期待以上だった、痛い。悪魔のいけにえ感はやや薄いような気がする。どうしても第一作の感じは越えていけないんだろうな。闇を逃げるシーンなどではオマージュ感もあり、なかなか良い映画だとは思うけど。
D

Dの感想・評価

-
偉大なるシリーズの前日譚。新たに逃避行・追跡劇の傑作が誕生し、絶妙に善悪の境界バランスの逆転を繰り返し、伝説の真実に心を奪われた。多くを語りたくないのは、この映画のパンフレットに、高橋ヨシキさんの素晴らし過ぎるレビューに全てが記されているからだ。全いけにえファン必携。
あるこ

あるこの感想・評価

2.7
期待もしてなかったけど予想を裏切らないつまらなさだった
構成も下手だしビジュアルもパッとしなくて悲鳴がうるさいだけだった
ReN

ReNの感想・評価

2.8
U-NEXTで先行配信だったのでBlu-ray発売前に鑑賞…。

悪魔のいけにえの前日譚として描かれた本作は当時の設定を大幅に無視されてると言っても過言ではないほどツッコミどころはあるが、むしろシリーズに問わられず楽しめる作品になっているとも言える。

ただレザーフェイスに焦点を当てるのではなく、レザーフェイス一家と娘を殺されたハートマン保安官の攻防が見どころだ。
スティーヴンドーフ主演でタフな保安官は見ていてスカッとするが、終盤の有様は頂けなかったり…。

レザーフェイス誕生の物語なので結末はどうあがいてもこういう結果にしか持っていけないのでそこは目を瞑ならければ…。
かもなく不可もなくファンとして純粋に楽しめ!
デコ助

デコ助の感想・評価

2.0
悪魔のいけにえ、テキサスチェーンソーシリーズは鑑賞済みです。
勘違いする人もいるかと思いますが今作は悪魔のいけにえの前日譚です。テキサスチェーンソーとは別物です。あくまでもテキサスチェーンソーはリメイクverです。(テキサス〜では名前はトーマス、悪魔の〜ではジェドですね)
個人的にスプラッター好きなので悪魔の〜シリーズよりテキサス〜シリーズが好みです。
悪魔の〜シリーズは全然グロくないので笑
しかし近年のスプラッター描写の向上もあり結構期待して鑑賞しました。

結果はタイトル通りガッカリです。
不満点大量です。
(1)ジェドを途中までデブと思わせる演出いります?ジェドはあんなヒョロヒョロでいいんですか?
(2)警官の復讐劇マジでいらない。やるなら娘殺されてるとかいらないからただの狂った警官を演じて欲しかったです。主人公女でも殺してジェドが怒りに目覚めましたの方が絶対いいです。
(3)レザーフェイスかと思わせたデブもよくわからない。なぜいきなりジャンキー男を殺したのかが謎。用無しと言われたから?笑
(4)そもそもジャンキーカップルはどうして人質をフリーの状態で誘拐しているのか。手くらい縛れよと。
(5)ジェドがレザーフェイスになる動機が薄すすぎる。顔撃たれたからだと映画的にショボいです。病院で虐待された描写もないし、途中まで好青年なのに…。(確かに撃たれたらムカつくんでしょうが笑)
(6)そもそもレザーフェイスって知的障害っぽいイメージのはずが今作は途中まで本当に普通の青年。絶対おかしい。あのデブでいいじゃん。そこに奇をてらう必要ないです。
(7)ジェドとデブの友情がよくわからない。
描写がなさすぎ。
(8)冒頭の警官の娘は馬鹿すぎる。
(9)主人公の女がさらに馬鹿すぎる。これが一番ストレスです。なぜ逃げない?逆になぜ牛の死体に入ってまで警官から逃げる?その後突然目が覚めたように警官に助けを求めた?初めからそうしろ。その後馬鹿みたいジェドから逃げ回っているのは失笑もの。
唯一逃げようとしたところをデブに捕まったのにデブの怪我の心配をしているところも訳がわからないです。
ホラーにありがちですが総じて女が馬鹿っぽい。
(10)スプラッター描写が弱い。物語も雰囲気もダメならそこは頑張れよと。
他のレビューでは相当凄いと書かれていたので期待してましたが、てんでダメ。
所長の窓アタック、バーでの強盗、警官へのチェーンソーくらいしか描写がないです。少なすぎるし、普通すぎる。
テキサス〜シリーズの方が全然いいです。
慣れてない人からしたらグロいらしいですが…。

この他にも細かい不満がかなり多く、とてもじゃないが楽しめませんでした。
たとえハチャメチャスプラッターでも最低限の脚本は用意してほしいです。
もう悪魔の〜シリーズは終わりにしてテキサス〜シリーズでいいのではないでしょうか。こういうお馬鹿映画にはマイケルベイが必要なのだと痛感した作品でした。
"屋敷女"の監督コンビによる"悪魔のいけにえ"の前日譚。

オープニングで5歳の誕生日を迎えたレザーフェイスことジェド・ソーヤー。いきなり「チェーンソーで人を殺せ」と家族に言われ、警察により施設送りになるも健全な青年へと成長したにも関わらず、不幸な出来事が重なり結局は頭のおかしい家族の元へと戻ってしまう。

レザーフェイスにはレザーフェイスなりの理由があってそうなってしまったと思うと少し悲しい。全ての元凶は主人公の軽率な行動によるもの。一般人からすれば当然の行動なんだけど、ジェドが大切にしていた唯一のものを奪われればキレてしまうのも仕方がないから、最後のシーンはあまりかわいそうだとは思わなかった。

レザーフェイスがチェーンソーを持って森の中で追いかけてくる、作品の代表的なシーンも健在。
残虐描写もなかなかのグロさで、スプラッターとしても十分楽しめる。さすがは"屋敷女"の監督コンビなだけはあった。

勘のいい人は分かるんだろうけど、途中で「お前がレザーフェイスだったのか」ってなりました。
ちょっとうまい演出だなぁと思いました。
かが

かがの感想・評価

4.2
若いソーヤー兄弟が新鮮で良かった。原作の設定から少しアレンジ?されている気がしたけど、そういう解釈もいいなあと面白かったです。
残酷描写はあっさりめで観やすかった。
本名明かされるまで誰がジェドか分からなかったけど、シリーズ観てる人には分かるようになってるのかな。

1本目しか知らないけどいまいちジェドに結び付かなかったのでもっと違うキャラ設定の方が良かった気がする。

単体ホラーとしては普通に面白かった。
次は母親の若い頃を映画化してみるとかどう?
>|