レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

リメイク版とは家族構成が若干違うので悪魔のいけにえとしてみてください。

今回はレザーフェイスの出生を描いてるのでそんなにバイオレンスではありません。

ホラー映画というよりそりゃおかしくなるわなっていう映画ですね笑笑

あと見てると多分騙される人が多いと思います。それは見てのお楽しみ
レザーフェイス一家、悪人カップルの演技が下手で見てられない。
一見ストーリーは盛り上がりそう何だけど…主役のナースがガタイが良すぎて悪人男が小柄に見えるいわゆるミスキャスト。
銃も持ってないのに人質は無理がある。

レザーフェイスさんが保護されるきっかけになったハートマンの娘役の人のコスプレ感がハンパジャナイ。
おっぐ

おっぐの感想・評価

4.5
【良かった】
ド定番、王道を丁寧に踏襲していて、始終映像の質が高い

【気になった】
レザーフェイス自身のキャラクター描写が薄く、殺人鬼になるまでの大きな葛藤や決断があると思いきやあっさり終わるので物足りない
お上品な雰囲気でスプラッタは控えめ
サブタイトルの悪魔要素はほぼ無い
apple

appleの感想・評価

2.8
オリジナルは、ニューヨーク近代美術館に永久保存されてる、ハイパークレイジー映画。

だけれども、これは「ザ・普通」です!
というか、展開もキャラクターが急に変わりすぎ。
えっとまずは、これはテキサスチェーンソーシリーズとは別なんですね。
本家本元の、悪魔のいけにえの前日譚ということですね。
テキサスチェーンソーシリーズはビギニング(前日譚)ではレザーフェイスはゴミ箱に捨てられていたところあの家族に拾われるので。
元祖悪魔のいけにえは凄く好きだが、設定など忘れているので、再度見てからこれを見たら良かったな…
個人的には、テキサスチェーンソーとテキサスチェーンソービギニングの流れがとても好きなので、これは微妙でしたな。
結果的には悪魔のいけにえが偉大すぎて、ハードルがどうしても上がってしまって、これはとても陳腐なホラーに成り下がってしまったんだな。
やっぱさ、レザーフェイスは、プロレスラーの様なデカイ奴じゃなきゃダメでしょ!
あんなモヤシみたいな奴がチェーンソー振り回して追いかけ回すの無理あるってば‼︎
sirent13

sirent13の感想・評価

3.0
レザーフェイス誕生が書かれるということで期待してみたが正直期待はずれ。ホラーより誰がジェドなのかというサスペンス要素も強かった気がする。
ゴア描写は力入ってて良かったです。それにしてもこのシリーズはコロコロ名前が変わるけど何か意図があるのだろうか。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.5
‪「レザーフェイス」‬
‪故T.フーパー最後のプロデュース作品と誕生日プレゼントはチェーンソーと言う謳い文句とR-18+指定の事でついつい購入してしまった「レザーフェイス‐悪魔のいけにえ」のBDが届く。しかも監督は屋敷女などのジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロってのはヤバイよね…。‬ ‪新たに再構築され、あの傑作ホラー“悪魔のいけにえ”の過去を描いた本作は復讐とサバイバルを繰り広げ、従来のシリーズと異なる。正直…屋敷女の監督だから結構期待したが普通。グロさや恐怖感はあまり感じずストーリー性に重視した感は否めない…だがこのシリーズのファンとしては観ておきたい。‬
ラテ松

ラテ松の感想・評価

2.4
悪魔のいけにえの前期譚というより、悪魔のいけにえの名を借りた別物だと思った方がいい。
クソつまらんわけではなかったけど、やっぱりレザーフェイスが狂ってしまう理由が弱かったなー
親父が女装趣味持ってたくらいのパンチ欲しかった。
winos

winosの感想・評価

4.0
ゴア描写も程よく、耐えられる範囲だし(良い子は観たらダメ)、更生施設という名の下の精神病棟も素晴らしい世界観。

中盤からは一転してサイコ野郎のロードムービー。
頭ふっ飛ばされて口から煙が出るシーンなんて素敵じゃないですか。
ソーヤー家の面々はもとより、逃亡者、追跡者全てがイカレポンチなのも凄い。

「悪魔のいけにえ」とは別映画と考えて、サスペンス風味の青春ロードムービーとして観れば、もうこれは名作ではないのか。

難をあげるとすれば、レザーフェイスが狂気に走った理由が何とも弱い。
しかしラストの森のシーンでは神々ささえ感じましたよ。

結末ありきで、ここまでのものを見せられるとは。すんばらしい!!

でもグロいもんはやっぱグロいよ。
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.3
レザーフェイスがなぜ誕生したかの話。おもしろかったけど、この誕生したかの話はぶっちゃけいらんかった。笑
>|