109mania

アラジンの109maniaのレビュー・感想・評価

アラジン(2019年製作の映画)
3.5
ディズニーの実写版は古典落語のよう。アニメでおなじみのあのシーンをどのように見せてくれるのだろうと、否が応でもハードルはあがる。
やはり、見どころの一つはジーニの登場の場面。アニメ映画で面白すぎるシーンだが負けないぐらい笑わせてくれる。甲乙つけがたい。Whole New Worldのシーンも見せ所だったが、画的にはもうひとつ、アニメに軍配があがる。
アリ王子が街にやってくるシーンやインド映画風のエンディングシーンは、実写版の良さがキラリと光っていた。
それにしても3つ目の願い事のシーンは、分かっているのに涙が出てしまう。自分のことよりも相手のことを思う気持ちの美しいこと。自分もそんな生き方ができたらな、としばらくの間自分に言い聞かせる。これだから映画はやめられない。

今回は時間の都合で吹き替え版を見たが、ミュージカル映画ではどっちにしようかいつも悩む。