Ren

グリーンブックのRenのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.5
素晴らしかったです。劇場で観ていなかったのが悔やまれるほど、久しぶりに、とにかく良い映画観た!って感覚になれました。ありがとうNetflix。

まず「分かりやすく面白かった」というのが第一印象です。頭フル回転で楽しむ映画ももちろん素晴らしいけど、直球で真正面から受け止めて面白い映画はやっぱり良いなぁ。
“個性の全く違う凸凹なパートナー“ と “ロードムービー“ の相性がいいのは言わずもがなで、何か事件が起こる度に2人のピースがハマっていく感覚がすごく気持ちいい作品でした。トニーはドクを理不尽な人種差別から守り、ドクはトニーに品性と教養を与える。ピアノという楽器自体が、黒鍵と白鍵を駆使して旋律を奏でる楽器......っていうのもまたメタファーになっていて良いじゃないですか。キャッチコピーの「行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。」、これが全てです。
興味深かったのは、単に人種で分断されているだけではなくて、「黒人同士」でも身分によって差別的視線を受ける描写があること。言い方を選びますが、“立場的に優位にある白人が黒人を守る話“ だけになっておらず、“教養もあり育ちもいいが社会的に差別されている黒人“ というドクの立場が生む懊悩と葛藤も描かれていて、これはこの映画を観なかったらなかなか獲得できなかった視点だと感じました。
お話のキーアイテムは『グリーンブック』...というよりも、手紙でしょう。ドクがトニーの手紙褒めるところ大好き。2人の繋がりを、手紙を通してトニーの妻という第三者視点に持っていくのベタだけど綺麗でした。ラストはこのカットで終わりか、ってちょっとびっくりしたけど、そのまま優しいエピローグに突入することで綺麗にまとめられていて良かったです。
あとこれは私の好みですが、トルコ石のような青緑色が凄く好きなので、目にも嬉しい映画でした。2人の車の色とかお守りの石とか、タイトルのグリーンに掛けてるのかな?

作品賞と助演男優賞のW受賞を3年間で2回経験したマハーシャラ・アリすごい。トニーを演じたヴィゴ・モーテンセンの、お腹の出た粗野な人柄の役作りも、本当にこんな人なんじゃないかっていう説得力がありました。