ショウコ

モータルコンバットのショウコのレビュー・感想・評価

モータルコンバット(2021年製作の映画)
3.4
3作ぐらいしかプレイしてませんが新作が出るたびに究極神拳だけは絶対にチェックしている残虐格闘ゲーム。背骨ぶっこ抜きのパイオニアとしてプレデターと双璧をなすその一画、愛しのサブゼロ様が前面に押し出された映画とあれば観るしかあんめぇ

モータルコンバット=「地球の支配権を賭けて魔界や人間界が入り乱れる異種族混合トーナメントの名前」であり、本作ではその大会の前に人間界に闇討ちを仕掛けてくる輩との闘い&仲間集めを描く。5分に1回は格闘シーンが入ってくる脳筋アクションって認識で良いと思います💪

ファンの欲しがるものは大体見せてくれたんじゃないでしょうか。
「test your might!」「finish him!」の掛け声、衣装などに滲み出るカン違いアジアンな世界観はそれだけでニヤニヤもの。心臓むしり取り、人体ナマス泣き別れ、胸部大穴などグロもそこそこ。アッパーや足払い、クソダサ垂直ジャンプのモーションが完璧に再現されており「get over here!」シーンの激アツBGMには懐かしくて感涙しちゃう事ウケアイ

「サブゼロとスコーピオンには何やら確執があるらしいぞ」ぐらいしか掴めていなかった(興味が無かった)ストーリーも今更ながら知れて良かったです。私の中ではサブゼロ=シャンツンを暗殺しようとする「敵の敵≒味方」だと思ってたんですが思いっきりシャンツンの駒だったんですね🤔加納さんも日本人じゃなかったのか…

ただ、私の最も見たかったサブゼロ様の究極神拳が出て来なかったのが残念で仕方ない。ソニア嬢がリングビーム(こんな技あったっけ?)で相手の背骨を露出させてたのがせめてもの救い




映像は当たり前の様に美しく、サブゼロの能力である氷のCG表現を眺めてるだけで楽しいです。でも話運びは非常にお粗末でシーンの繋ぎが恐ろしく強引。「君はトーナメントの参加資格を持っている!」と言われてアッサリその気になっちゃう主人公の脳死ムーブには苦笑するしか無い

このゲームに興味の無い人が楽しむにはちょっとばかし素質と努力が要りそうです

脊椎ポイント+0.1