フィアレス スーパー・ベイビーズに立ち向かえ!の作品情報・感想・評価・動画配信

「フィアレス スーパー・ベイビーズに立ち向かえ!」に投稿された感想・評価

Norisuke

Norisukeの感想・評価

3.2
ゲームの中では無敵のフィアレスことリードは高校3年生。提出するべき課題そっちのけでゲームに没頭していると、操作キャラのライトスピードの赤ちゃんが現実世界にやってきて…な話。
キッズ向けアニメ映画としては及第点だけど、ピクサーやドリームワークスなどの大手と比較するとやや小粒感が否めない映画。この、家で観たら楽しめる感はさすが、Netflixといった感じ。
設定の練り込みがやや足らず、ゲームの世界のベイビーズや悪党がリアルに出てきたのか、別次元とゲームによって繋がってしまったのかがわかりにくくてモヤッとするところが気になった。
また、ヒロインの接し方やリードの自虐的な物言いから、ゲーマーに対して風当たりがキツいな、と感じてしまうのも微妙な感じ。リアルだいじに。というテーマもキッズには大切だとは思うけど、それにしても「バーチャル=悪」の図式が全面に出すぎているのが気になった。最終的にはゲームの知識で勝ってしまうのもモヤモヤポイント。
でも、3人の赤ちゃんが繰り出す超能力アクションは面白いし、ゲームらしさが出ていてそこは良かったと思う。
nock

nockの感想・評価

2.9
Netflix作品らしい作品。
細かい所は省かれている、あれ?というシーンが多々ある。

ゲームのキャラクター(ヒーローの赤ん坊たちだけど)が飛び出してくるというのは夢があるけど、なぜ?という肝心なところが「ワームホール」で片付けられているのが残念。
三つ子たちは、可愛い。声が赤ちゃん赤ちゃんしていてキュンとなる。

主人公リードは、超能力を持っていないので、赤ちゃんズを連れて逃げ回るのがやっと。
赤ちゃんズには能力があるので、この子たちの方が主人公っぽい。

悪役アルカニスの「ヌンゲン」(人間)発言や軍の大将の軍人あるあるサングラスやアルカニスの手下フリーチのおとぼけぶりは楽しい。

いっときでもリードにもスーパーパワーが備われば、堂々と「主人公」と呼んであげられるのだけど…。
想像以上!

結構絵が好き。

ちょっといろんな作品を
真似てる感は否めないが◎
ポチ

ポチの感想・評価

3.3
ゲームばかりに夢中の少年𓂃◌𓈒𓐍
勉強よりも、将来の事よりも、目先のゲームばかり(´Д`)💦
そんな彼のゲームの世界が突然目の前に!!

ゲームの中に居たはずの、3人の赤ちゃんが無邪気に暴れるっ!!
はじめは迷惑でしか無かったのに、段々と愛情が芽生え♥️子供達との協力で、迫り来る敵に立ち向かうっ!!

何とも可愛い戦いと、ゲームばかりの彼の成長は普通に面白かったと思う🎶
あんなスーパー赤ちゃんが突然現れたら…
困るだろうなぁ~とは思うけど、可愛いから良いか🎶笑
強くてかわいい赤ちゃんたちに手を焼きながらも成長していくリードがよかった。

個人的には1回観れば満足。

あなたにおすすめの記事