kekq

ブラック・スネーク・モーンのkekqのレビュー・感想・評価

3.5
生きてるだけでズタボロのセックス依存症の女が、妻に捨てられたばかりの初老の黒人男性に鎖で繋がれて監禁されるお話。
骨太のブルースになぞらえた時代錯誤な黒く乾いた世界観がかっこいい。相川七瀬みたいなクリスティーナ・リッチもかっこいい。

最初の印象が二転三転し、キリスト教的な赦しと救済の話がメインに展開されますが、コントラストの効いた重厚な演出が主演二人の力強過ぎる演技をしっかりと受け止めており、どのシーンも芯に響く迫力があります。
あらゆる音に対するこだわりも尋常ではなく、サミュエル・L・ジャクソンの爪弾くエレキギターと雷雨のセッションは、映画でしか聴くことのできない強烈な音楽でした。

B級お色気映画感溢れるジャケとはうらはらに、出会いの妙と人間の多面性が上手に構成された良作。不完全な人間たちによる、みじめでやさしい物語でした。