キモサベさんの映画レビュー・感想・評価

キモサベ

キモサベ

どこまで出来るかわかりませんが、観た映画全てにレビュー出来ればと思っていますです、はい
ひまつぶしに読んでね
マークには観た(観たい)映画を、クリップにはその中からレビューを書いたた作品を載せてみたんですけど…
【更新】ベストテンとありますが、作品ではなく『好きなジャケット』から選んでみました
・・・そこは"誇張と美”の世界
どでしょ?
順不同で~す

映画(2410)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

未知への飛行(1964年製作の映画)

3.5

旧作に属する割には、タイトルに
センスが感じられません
わくわくのSF映画?ノンノン、これだけ”救い“のない(っていうか、もはや”絶望“です)映画・・・ベストテンものです
さて、シドニー・ルメット監督
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

3.0

注目は、新人シアーシャ・ローナン
少女の動揺と嫉妬・・・そんな感情さえ理解できない年頃の彼女を誰が責められましょう
タイトルまんまの痛く、切ないラブストーリー

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974年製作の映画)

4.5

参りましたの一言です
何の予備知識もなく、偶然ワゴンセールの中から購入
こんな作品があったのか・・・です
二人の女性の”夢と現“の交錯映画
3時間の長尺には、さすがに腰が引けましたが、後半の畳み掛ける
>>続きを読む

トキワ荘の青春(1996年製作の映画)

3.0

昔が懐かしいです
椎名町トキワ荘
虫プロ練馬区富士見台
わかんなくていいです

マルタのやさしい刺繍(2006年製作の映画)

3.0

最初から脱線です
”マルタの・・・“ときて、”鷹“と叫んだ人、握手しましょう

なんだ、婆さんが刺繍する話かいっ‼
そう、でもこの婆さんには、夢があり、信念があり、そして何より行動力がありましたとさ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.0

大作・・・のはずなのにラストが思い出せません
自分の頭には、原発の上で最新鋭の大型ヘリがホバリングしたまんまなんです

このもどかしさ、モヤモヤ感は、自分のせい?それとも映画のせい?
誰か助けて

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.1

主人公から二つの面が浮かびました
女性の側から・・・女の結婚願望につけ込んだ“女の敵“野郎の許せない物語
男性の側から・・・そこまでして、女を
騙さなきゃならない、男の悲哀、っていうか、もはや苦労話だ

路上のソリスト(2009年製作の映画)

3.3

ホームレスの男は、かつての天才チェロリストだった
彼への取材をきっかけに、コラムニストとの交流が育まれます
作中の音楽が心に浸みます
【注意】
他人への善意(あるいは施し)は、その人にとっては時に迷惑
>>続きを読む

ガール(2011年製作の映画)

3.0

トホホ・・・OLはつらいよ
みたいなの描きたかったのでしょうか?
だったら失敗です
だってそうでしょ、四人が四人ともキラキラ輝く女優さんなので、逆に『こっちが頑張れよ!』って励まされるみたいな・・・

続・荒野の七人(1966年製作の映画)

3.0

ユル・ブリンナー以外は総取っ替え
格落ちは否めません
荒野の七人が、『一人とその他六人』になっちゃいました

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.0

借金を背負った”負け組“たちの命を賭けたサバイバルゲーム
【教訓】
借金はほどほどに
ご返済は計画的に

裸のジャングル(1966年製作の映画)

3.0

いやだなぁ、これは中々覚めてくれない悪い夢『逃げても、逃げても・・・』

アフリカ、象牙狩りに来た白人一行
原住民に囚われます
一人逃がされる男・・・ノンノン、それは”人間狩り“
ゲームの始まりでした

銀座カンカン娘(1949年製作の映画)

3.1

1949年ですかぁ
検索すると「青い山脈」もこの年
明るいお嬢さんは、戦後日本の復興の象徴でもあったようです
本作など、『今は厳しいけど、明日がある、歌がある』みたいなおおらかさ

【貴重】
古今亭志
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

ワルガキグループの宝探し
冒険活劇とはこのこと
そして背後には・・・やっぱりスピルバーグが

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.0

主人公のダメダメ男子が不純な動機から飛び込んだ・・・そこは林業の世界
いいキャスティングに、いい監督さん・・・そしてヘンテコなタイトル

マネートレイン(1995年製作の映画)

3.0

鉄道警察官の兄弟
あ~あ、そんなことしちゃダメじゃん

ハートブルー(1991年製作の映画)

3.0

連続銀行強盗のサーファー集団🆚FBI捜査官
対決?友情?
面白かったですが、製作にJ・キャメロンの名を見つけてしまったので、点数厳しくなっちゃいました

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.0

組織の秘密を握る少女を守れっ‼
J・ステイサム、ノンストップアクション

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.5

タイトルの”緩さ“に騙されるな!
朝鮮戦争で行き別れとなった家族の壮大な戦後史
【追伸】
自分にとって、映画は歴史の先生です

海にかかる霧(2014年製作の映画)

3.3

密航者の輸送に手を染めてしまった船長

悪には悪の正当化?
悪の顛末は?

韓国映画は”痛み“の宝庫でもあります

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.3

ありゃりゃ、これってアカデミー作品賞獲ってたんですね

やはり、“ジャーナリスト”は、イコール“正義“であり、ラストは”勝利”で終わって欲しいもの・・・

本作は王道を貫いてくれました

【追伸】
7
>>続きを読む

タイトロープ(1984年製作の映画)

3.0

ダーティ・ハリーとはまた別の刑事物をお楽しみ下さい

秘めたる情事(1958年製作の映画)

3.0

主人公(G・クーパー)の“秘められた情事”の相手は娘の友人だった
・・・それだけのお話が、古き良き時代のスクリーンにかかると佳作に化けます

怒り(2016年製作の映画)

3.0

一年前の未解決殺人事件
それぞれの過去を背負って生きる三人の男

個人的に・・・
その映画に“救い”があるかないか?
自分の中では重要なバロメーターです
そこがはっきり描かれている作品は、好きなのかな
>>続きを読む

ファイヤーフォックス(1982年製作の映画)

3.0

ソ連の最新戦闘機の強奪を命じられた米軍パイロット
C・イーストウッド
彼だからここまで面白く出来たのか?
彼ならもっと面白く出来たのか?

ヒットマン(2007年製作の映画)

3.0

作り上げられた殺し屋
罠にかけられ、組織と対決
人間か?兵器か?

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.0

双子のギャング
トム・ハーディ、一人二役・・・こういうのギャラも2倍なの?
すみません

イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2003年製作の映画)

3.5

ヘンテコなタイトルは、迷わず食い付きます
モモ少年とイブラヒムおしさん
年の差だったり、人種だったり、宗教だったり、友情にそんなもの関係なしっ‼
そう、トトとアルフレードみたいに・・・

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.7

アハハ・・・“うまいっ!”のひと言

地下鉄に乗れた?乗り遅れた?
人間の運命なんて、こんなことで決まってしまうもの

大いなる陰謀(2007年製作の映画)

3.0

アフガニスタンで実施される新たな対テロ作戦
議員・ジャーナリスト・志願兵・大学教授・・・様々な視点から社会をえぐる
俳優でもある監督のロバート・レッドフォード
巨匠の域に近づきつつあります
厳しさの中
>>続きを読む

スリ(掏摸)(1960年製作の映画)

3.7

一人の青年の“スリ”人生
淡々と・・・これはもう、ドキュメンタリーだっ‼

>|