キモサベさんの映画レビュー・感想・評価

キモサベ

キモサベ

どこまで出来るかわかりませんが、観た映画全てにレビュー出来ればと思っていますです、はい
ひまつぶしに読んでね
マークには観た(観たい)映画を、クリップにはその中からレビューを書いた作品を載せてみたんですけど…
【更新】ベストテンとありますが、作品ではなく『好きなジャケット』から選んでみました
・・・そこは"誇張と美”の世界
どでしょ?
順不同で~す

映画(2485)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.6

着かず離れずの主人公カップル
どこか影を引きずる男と女
この映画が放つ独特の“暗さ”から、ははぁ~ん、この恋は成就しないな・・・が見て取れました

台北ストーリー・・・とあるように、“物語”からは今と
>>続きを読む

ネバダの決闘(1959年製作の映画)

3.0

脱走犯が逃げのびた町・・・ふとしたきっかけで若き保安官を助けることに
この妙な取り合わせに保安官の姉との恋もからんで
盗っ人にも五分の魂・・・どころか、いい人だ

ジェームズ・コバーン見ぃ~つけ

グランド・キャニオンの対決(1959年製作の映画)

3.1

初見です
広大なグランドキャニオン
のっけからただならぬ気配
事件の予感が・・・当たり前、映画ですから

ドン・シーゲル監督の足跡を辿るには有難い一作です
ラスト、圧巻でした

フレフレ少女(2008年製作の映画)

3.0

応援とは?・・・それは“滅私”

母校のため、生徒のため

頑張れ、櫻木高校応援団‼
負けるな、ガッキー団長‼
・・・って、こっちが“応援”したくなっちゃう

BALLAD 名もなき恋のうた(2009年製作の映画)

3.0

小学生の真一が戦国の世にタイムスリップ
真一っ、逃げるなっ、立ち向かえっ‼
春日の国、そして廉姫を守れ

草彅又兵衛の武士(もののふ)も立派でしたぞ

マギー(2015年製作の映画)

3.0

新種のウイルスが蔓延するアメリカ・・・感染するとゾンビに
娘が・・・その時父は

珍しっ‼あのシュワチャンが”静かに“訴えます

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

ははぁ~ん、なるほど
一言、これは”ヤドカリ“(宿借り)ホラーですね

それにしても、黒人を散々崇拝しておいて”ドスン“と落っことす・・・みたいな
ある意味コメディに通じますよね

ちなみに”落っこと
>>続きを読む

恋空(2007年製作の映画)

3.0

高校生にして”金狼“、お前は”上田馬之助“かっ‼・・・って、全然わかんなくっていいです

いたいけな結衣ちゃんに、背負わせるには苛酷すぎ?
これでもかこれでもか・・・試練の数々

ニライカナイからの手紙(2005年製作の映画)

3.2

竹富島、どんな島か知らないけれど・・・

包み込む優しさ・・・
そっと見守る優しさ・・・離れ離れの母と娘
本当の優しさって何なのでしょう?

【追伸】
島での束縛をとるか、東京での自由をとるか・・・少
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.7

タクシードライバー、素敵な女性客とのオープニングが、おっとこうきたかぁ
ただの犯罪映画?
ノンノン、これはたった一晩の、殺し屋とタクシードライバーの人生観のぶつかり合いのドラマでもありました
それにし
>>続きを読む

戦場にかける橋(1957年製作の映画)

4.0

100回(ウソです)も観ていて、今気付きました
タイトルの「戦場にかける橋」の“かける”とは、クワイ川に橋を架けるの“かける”と、軍人としての誇りを賭けるの“かける”だったのだと・・・
いゃあ~、映画
>>続きを読む

アーノルド・シュワルツェネッガー/ゴリラ(1986年製作の映画)

3.0

都落ちした元FBI捜査官
復帰を条件に組織へ潜入、大暴れ
もう一つのシュワちゃんヒーロー・・・それが“ゴリラ”です

ガフールの伝説(2010年製作の映画)

3.0

すみません、いきなり大脱線です

東京・上野のアメ横かどこかで、呼び込みのおネェさんが腕に乗せてましたっけ・・・“フクロウ喫茶”(なんてお店かわかりませんが)

思い出しちゃったんだから仕方ありません
>>続きを読む

赤ずきん(2011年製作の映画)

3.0

暗っ‼ 以上

【アマンダ・セイフライド】
誰かと思ったら
10年「ジュリェットからの手紙」
08年「マンマ・ミーア!」
でお目にかかっていました
色々な役を経験して更なる飛躍を
・・・頑張れ

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

3.5

ここにとんでもないSF映画を発見しました
ナチの残党による“第4帝国”建国の計画
ヒトラーのクローンを再生しようとする科学者とそれを阻止すべく奔走するユダヤ人の老教授

パラグアイ、オーストリア、ドイ
>>続きを読む

追跡者(1998年製作の映画)

3.2

トミー・リー・ジョーンズの「追跡者」ですって?

なぁ~る、“逃亡者”の逆バージョンだったのですね
だからトミーが主役で、彼が追うのはワケアリ男
逃げるも必死、追うも必死だっ
よく出来ました

南から来た用心棒(1966年製作の映画)

-

マカロニウエスタン
かの淀川長治先生が名付け親だとか?
イタリア版西部劇のこと
クリント・イーストウッド、ジュリアーノ・ジェンマによりジャンルが確立されました

残念ながらジェンマの方は、以降の現代劇
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

3.0

ははぁ~ん、これは
大人になれない母親
子どもでいられない娘
・・・二人の母娘の平行線の物語でした

“ふてくされ”少女が心を開くとき

気付かせてくれたのは、“族”のハルヤマ・・・なぁ~んだ、いい青
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.5

町のどら焼き屋さん
おばあちゃんの手作りアンコのおかげで大繁盛‼ めでたしめでたし・・・なぁ~んて、勝手に想像してました(反省)
いやいやどうして、重い重い社会派ドラマ、人間再生の“気付き”のドラマで
>>続きを読む

大いなる決闘(1976年製作の映画)

3.0

1900年初頭、アリゾナ
凶悪な殺害犯が仲間とともに脱走
自分を逮捕した保安官のもとに復讐に舞い戻る
ヘストン🆚コバーン 二大スターの決闘の行方やいかに?

なぁ~る、力が拮抗しているからこそ“決闘”
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

3.0

これだけのアクション、さすがベッソン・・・なのに
何か物足りない 何だろ
って思いません?
何で自分で監督もやらないのでしょ?

【ぶっ飛び】
それよりです
テレビ放送(2018年10月16日)見終わ
>>続きを読む

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

3.3

懐かしの思い出が帰ってきた‼
知りませんでした、劇場版があったとは・・・しかも前・後編とは気合いが入っているんですね
いや、今でもそれだけ根強い人気がある証拠?
憎めないキャラたち
うまく言えませんが
>>続きを読む

マックス・ペイン(2008年製作の映画)

3.0

妻子を何者かに殺害された刑事
失意の中にも一人、犯人を追い続けています

ははぁ~ん、犯罪、アクションものにオカルトの要素を散りばめ、ドラマに幅を持たせたかったようです

寒々とした、冬のNYがよいで
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.0

元警官、今は探偵
ある男から誘拐事件で殺された妻の復讐を依頼されます
ははぁ~ん、ハードボイルドの名を借りた、一人の男の再生の物語でもあったのですね・・・合格

ストレンジャー・コール(2006年製作の映画)

3.0

人里離れた豪邸のベビーシッターにやってきた女子高生
謎の電話に脅かされます
そして犯人はすぐそこに・・・

感想ですか?
あっ、そっ・・・みたいな

沈黙の要塞(1994年製作の映画)

3.0

S・セガール記念すべき製作・監督・主演作品・・・以降“沈黙”が永遠に続きます

そっかぁ、網走番外地だと思えばいいですね
健さん、ならぬ“セガ兄ぃ”が環境を破壊する巨大石油会社に『死んでもらいます』
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.0

未知なる敵に攻撃され、世界中の都市が崩壊していきます
そんな中、取り残された民間人の救出に向かう10人の海兵隊員の決死のドラマ
・・・と、書けば陳腐な中身ですが、さにあらず“大作”です

摩天楼ブルース(1979年製作の映画)

3.0

青年船乗り、立ち寄ったNY 
ストリートギャングの横暴を見かねた彼は、やがて立ち向かっていきます

ジャン=マイケル・ヴィンセントですかぁ
当時のスター度は“どんだけ~”かわかりませんが、そこから漂う
>>続きを読む

組織(1973年製作の映画)

3.5

こんな作品を今時レビューする・・・わかる人にはわかりますよね
そうなんです、自分にとってツ●ヤの発掘良品コーナーは、“棚ごと”借りてしまいたいぐらいです

【追伸】
女優カレン・ブラック
今、出演作品
>>続きを読む

ディセント2(2009年製作の映画)

3.0

洞窟探険から一人生還する女性・・・しかも“血まみれ”
中では一体何が?
だから、行くんじゃないっつ~の

エントラップメント(1999年製作の映画)

3.0

敵か味方か?
美術品泥棒と保険会社調査員

ルパン三世を思わせる?
気にしない、気にしない

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

3.0

人と異なる能力を持ったばっかりに・・・
ダコタ・ファニングちゃん・・・ちょっと見ないうちに、もう“ちゃん付け”で呼ぶような子役ではなくなっていました
ここからは、女優さんとして本当の勝負が始まります
>>続きを読む

スペシャリスト(1994年製作の映画)

3.0

元CIA工作員の主人公は爆破のプロ
ある日、女性から復讐の依頼を受けます
せっかくスタローンとシャロン・ストーンを使ったのなら・・・う~ん、消化不良です

身代金(1996年製作の映画)

3.0

意外です
いえね、レビュー書くのに改めて調べて思ったんです
“身代金”なんて平々凡々、おんなじタイトルの作品など捨てるほどあるんだろうと検索したら・・・ありませんでした

やり手航空会社の社長(メル・
>>続きを読む

>|