ヒデオウさんの映画レビュー・感想・評価

ヒデオウ

ヒデオウ

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

3.3

今の所、東京コミコンにも来る
カレン・ギラン主演って事で鑑賞
当たり前やけど目鼻がネビュラなんよ

女性殺し屋アクション
組織に反して追われて返り討ち
というシンプルな内容
アクションで銃を使わない時
>>続きを読む

黄龍の村(2021年製作の映画)

3.3

アマプラレンタル鑑賞
阪元祐吾監督作品
アクションを楽しむ作品
ですが個人的に思うところは
もう少しだけ動作一つ一つに
体重が乗った重みが欲しいかなぁ
殺陣に痛みが乗ってこないので
やられ具合があっさ
>>続きを読む

映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ(2022年製作の映画)

3.3

これはTVアニメ版観てないとダメーッ
内容は総集編ですが
13話把握した上での編集の仕方
各登場キャラにインタビュー形式で
話しを追っていくスタイル
映画版で初見なら
ちょっとついていけないかなぁ…
>>続きを読む

トロール・ハンター(2010年製作の映画)

3.5

やっぱ好っきゃねん!
モキュメンタリー
トロールの生態がわかる映画
種類は山トロール 森トロール
もちろんネギトロールってのはいません
寿命は1000才から1200才
知能は低めの哺乳類
キリスト教徒
>>続きを読む

ノー・シャーク(2022年製作の映画)

3.5

タイトルから興味が湧き
アマプラレンタルで鑑賞
クセ強すぎサメ映画
12章のビーチの題名で章仕立て構成

よくある映画での冒頭での自分語り
それが全編フルで進みます
主人公チェイスの望みは
サメに食べ
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.9

ソープ それ石鹸
ホープ それ希望
コープ それ生協
ノープ それジョーダン・ピール最新作
を鑑賞しました〜

良くも悪くも鑑賞後に余韻が残ります
怖さの表現については良です!
過去でのお猿のエピソー
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.7

昨日グリーンバレット出演の伊能さんが
舞台挨拶の質疑応答時に
マッドマックスわかりました?
との一点を確認したいが為に鑑賞

中盤のカーチェイスで仲間の妊婦が
車から放り出されそうになって
ギリセーフ
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.8

国岡さんに会えた〜
伊能さん、大坂さん
舞台挨拶での劇場鑑賞に大満足

最強殺し屋の国岡が
殺し屋育成合宿の教官という今回の舞台
シンプルに国岡(伊能昌幸)さんの
声のトーンや関西弁が心地良く好き
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

パーフェクト・ケアを観て
そしてキュリー夫人主演など
ロザムンド・パイクが気になり鑑賞

ニック(ベン・アフレック)と
エイミー(ロザムンド・パイク)の夫婦
結婚5周年の朝、妻が失踪
前半は失踪から捜
>>続きを読む

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

4.0

ロッキーⅣを映画館で観れた!
当然思い出補正あります!
ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の
カッコ良さに惹かれて何十回と観たⅣ

今の感性で見ると
ドラゴよりぃ
普通にぃ
アポロ(カール・ウェザース)が好
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.6

題材としては面白いのだけど…
マーラ(ロザムンド・パイク)に
共感できなかったので
あまり好きではない感じ

マーラは法廷後見人
高齢者をケアして守る立場の仕事
裏の顔は高齢者を老人ホームに送り込み
>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

3.4

雰囲気が良さげ映画
酒場で次の旅行を計画する男五人組
帰り道吞み直しで
酒屋に入るルークとロバート
そこで強盗と鉢合わせ
ロバートは殺されてしまいます

6ヶ月後ロバートを偲び
ロバートの提案であった
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 完全版(2021年製作の映画)

3.9

モキュメンタリーという事で
食指が動きアマプラレンタルで鑑賞
殺し屋国岡の密着取材
情熱大陸テイスト

モキュメンタリーコメディかな
モキュメンタリーホラーなら
リアリティが必要なのですが
コメディと
>>続きを読む

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

3.9

ちょっと変わった時間モノと
フォロワーさんのレビューから
興味を抱き
最近のmyツボ刺激ポイントである
台湾映画って事で鑑賞

好きなポイントが点在してました!
シャオチーは郵便局で働く
何をするにも
>>続きを読む

プレデター:ザ・プレイ(2022年製作の映画)

3.6

まずシュワVSプレデターの時でも
かなりな戦力比だったのに
今回はVS部族という事で
どうやって戦うのか?
これが最大の興味でした

1700年台という事で
プレデターも少しオールド装備
逆にデザイン
>>続きを読む

君のためのタイムリープ(2017年製作の映画)

3.6

題名のタイムリープに食いつき鑑賞
最近何かと台湾映画に興味津々中
好物タイムリープ物に出会いました

タイムリープ要素としては
物足りないです
タイムリープの面白さとして
過去戻る→過去アクションする
>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち(2019年製作の映画)

3.0

ある少年少女兵士隊モノスの話
説明が無く淡々と進むものだから
背景が分かりにくい

人質である女博士の監視が
モノスの役割
モノス内で起こる
訓練 恋愛 戦闘 脱走 裏切り
が進んでいきます
話として
>>続きを読む

ゴーストバスターズ/アフターライフ(2021年製作の映画)

3.7

過去一作目復習しとくべきだった〜
一作目のエッセンスを
うまーく取り入れてるので
思い出補正で挑むより
復習ガッツリした方がより楽しめた筈
逆に今作からGB初体験なら
パンチは弱めに感じてしまうのかも
>>続きを読む

私を殺さないで(2021年製作の映画)

3.4

題名にそそられて鑑賞
静かーーーーなゾンビ映画
変化球で嫌いじゃないけど
惜しいというか
ヒロインゾンビ役の
アリーチェ・パガーニで
もった様な感じでもあるかな

ミルタとロビンは恋人同士
薬物過剰摂
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.0

邦題に興味そそられたのと
キャストの豪華さで鑑賞したのですが
自分的にはイマイチでした

弁護士が麻薬カルテルとの取引に
一枚かんで儲けようとしますが
転落していく様を描きます

豪華キャストの割には
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

4.0

エクソシストモキュメンタリー映画
モキュメンタリー好きなんです
祈祷師ニムにインタビューで
始まる序盤に好物展開キターっ!!
ニムに密着するスタイルで物語が進み
ミン(姪)の原因不明の体調不良に遭遇し
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

3.5

知らなかった
ガストン胸毛
モジャモジャやないかーい!
けっこう胸開いてるシャツ時には
ツルツル胸板なのに
ガストンミュージカルパートで
謎の胸毛自慢!
しかもその一瞬だけっ
胸元開いたらジャングル胸
>>続きを読む

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

3.7

サイコ・ゴアマン
PSYCHO GOREMAM
略してPG!!

封印されていた悪夢の公爵が
兄妹によって封印が解かれ
ミミ(妹)が手にした宝石によって
従えさせれる状況に

ミミとルーク(兄)の力関
>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

3.6

B級ニコ無双映画!
圧倒的じゃないか、ニコケイは
ちょっとした掛け声はありましたが
台詞はいっさい無しで
ニコケイの強さを楽しむ映画
ニコケイ愛を持っての鑑賞必須

車がパンクし車の修理代のカタに
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.5

動か静のどちらかと言ったら
静のゾンビ映画
非感染者 感染者 回復者の三つ巴
ゾンビスタイルは凶暴性増加タイプ
凶暴性と言っても「哭悲」観た後じゃ
マイルドに感じてしまいます…

治療法が発見され感染
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.8

ヒーロー×ファミリー×ピクサー
良いに決まってるヤン

かつてのヒーロー活躍時代から
力を隠して生活するインクレディブル(父)
インクレディブルがヒーローを取り戻す物語

何が良いってヒーロー家族の設
>>続きを読む

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

3.9

中々タイミングがあわず
コレを観ないと次に進めないって事で
やっと観に行けました!

噂に違わずの血飛沫と不快な描写
コレはヤバイ映画です
フィクションなので途中で
グロ描写も慣れてきます…
(耐性に
>>続きを読む

ライダーズ・オブ・ジャスティス(2020年製作の映画)

3.4

マッツファン集合〜
ラストシーンの
坊主頭+髭マッツで
クリスマス柄セーター着用
これを見るだけでも価値があります

軍人マッツと妻と娘
ある日、娘の自転車が盗まれ
それによって学校へ車で行く事に
>>続きを読む

ココディ・ココダ(2019年製作の映画)

3.4

題名がカラフルで印象的
クリップ済みの猫ジャケ写
ネトフリで遭遇したので鑑賞
デスループ考察作品
解釈はあなたの中にある!

トビアス(父)
エリン(母)
マヤ(娘)の三人家族
マヤの誕生日にオルゴー
>>続きを読む

呪われの橋(2020年製作の映画)

3.6

「哭悲」が話題の台湾ホラーって事で
台湾ホラーの今作をチョイス
ギミックありの良作です

大学の心霊スポット女霊橋
そこで肝試しを企画する大学生グループ
動画配信も兼ねて準備していきます
そこで起こる
>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

3.9

金、金、金、金に群がる群像劇
構成がNICE
各章で構成されテンポも良いので
ストーリーに引き込まれていきます

大金の入ったバック
これを巡っての争奪戦
風呂屋のロッカーに放置されたバック
それを見
>>続きを読む

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

3.6

ジャケ写の富豪感からは想像出来ない
後半にかけて増えて行くゴア描写
そういう点で予想外の展開

ル・ドマス家に嫁ぐ
グレース(サマラ・ウーヴィング)
その夜ル・ドマス家の儀式を乗り越えて
家族になると
>>続きを読む

スパイダーヘッド(2022年製作の映画)

3.1

クリヘム目当てにチョイスしたら
マイルズ・テラーもおるではないか
ルースター役で注目度上がってます
トップガン マーベリックの
ジョセフ・コシンスキー監督作品
トップガンの余波で鑑賞

スパイダーヘッ
>>続きを読む

感染家族(2018年製作の映画)

3.7

ゾンラブコメディサバイバル映画
コメディベースから
一転するゾンビ蔓延が中々の緊張感
そこに恋愛要素も混じってハートフル
しっかりとまとまったオチも申し分無い
一味違ったゾンビ映画でした

チョンビ(
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.7

トップガンマーベリック鑑賞の興奮も
冷めやらず次の鑑賞作品は
銃社会の闇を叩きつけられる今作
現実でも最近銃乱射事件発生してます
そこで今作をチョイス

日常をしっかりと映し出してから
突然くる凶行に
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.1

トム・ホランド、ヒドルストン、
ハーディ、ハンクス、
ベレンジャー、ペティ、ジョーンズ、
とジェリー、ブラウン
あまたのトム・ホニャララを抑えて
トムと言ったらクルーズ!
今作観たらそう言わざるえない
>>続きを読む

>|