サワムラーさんの映画レビュー・感想・評価

サワムラー

サワムラー

ヒューマンドラマとかサスペンスが好き

映画(775)
ドラマ(14)
  • List view
  • Grid view

キャリー(2013年製作の映画)

3.2

キャリーがオリジナルよりも明るそう、健康そうなのがなあ。どうしても比べてしまう。
母ちゃんの毒々しさは◎。
いじめを嬉々としてやる、動画に収める精神はクソだよね。
なんにせよ救いのない話で、ホラーな存
>>続きを読む

アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線(2016年製作の映画)

2.0

内容に反して映像が微笑ましい。
あとレトロ。
謎の対戦カウンターとか、突っ込みどころが多いパーティー仕様のB級作品って感じ。

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

2.8

ミュージカルというほどミュージカルをしていないのと、主人公が勤め先を探して老舗の靴屋の工場に行き着いたのに最終的にあんまり関係ないっていうのが予想外。
反逆者のおばさまたちのパワーに負けてしまった感じ
>>続きを読む

ブレンダンとケルズの秘密(2009年製作の映画)

4.0

とにかくもう美しく、自由な表現が素晴らしかった。
バイキングの脅威の中で生きる時代に、本を書き上げようとする。
それだけのことがどんなに大変か。そんな時代がどこの国にもあって、やりとげた人たちがいたか
>>続きを読む

Mr.&Miss. ポリス(2014年製作の映画)

2.0

少佐めっちゃなで肩。

映像が妙にダサくてみててクスクスしちゃう。

アラサー女子の恋愛事情(2014年製作の映画)

3.8

学生時代からの恋人、友人たちの押し付けがましい関係に違和感を覚えていたところに大好きなパパの浮気を目撃。
色々いやんなったところで、高校生の女の子と出会い、付き合ううちに「今の本当の自分」を認めて受け
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.0

オープニングがなかなかいい感じの理不尽系ホラー。
名前を聞いたら逃れられない不条理な存在に大学生たちががんばるけれど……

最後、こら、お前!!ってなる。
悪くはないけど、目新しさもないかな。
短いの
>>続きを読む

ヒットマン:インポッシブル(2016年製作の映画)

4.0

大当たりのハンガリー映画。
障害者を障害者が演じているリアリティーが刺さる。体の動きなんかはやはり、演技じゃカバーできないよなあ。

病や障害があるからこそ、普通以上に憧れてしまう。
彼らの描くコミッ
>>続きを読む

フリーダ(2002年製作の映画)

3.8

命のエネルギーが満ちている人の波乱万丈人生。
あの眉毛も中盤から見慣れて、素敵に思えた。

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.1

悟空の質感がゴジラなのが気になって気になって……。
ラストのスペース裁きは良かったね。
エンディングテーマだけは譲れなかったのか、チャウ・シンチー。
1の方が味わい深くて好みだったかも。

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

2.9

世界ランカーのド変態の用意したお城でデハーンががんばる話。
病か否かの話はちょっとだけそうねえ、なんて思うが、それ以外は理不尽かつウナギで占められていて人に薦めるのは難しそう。
よくぞここまで悪趣味に
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.3

どんな方向であれ、振り切った存在は特別なものに見えるし、憧れるのも理解できる。
とはいえ、それが人の皮をかぶったけだものだったら……?

圧倒的な強さと、未熟な若さが存分に描かれていて息苦しい映画。最
>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

2.9

世界の成り立ちに絶望したくなる話。
日本でもあるもんな、こんな話。
頑張って腐らずに生きていこう……などと考える。そんな一本。

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(2016年製作の映画)

3.2

スペインの映画は闇の色が濃い。
刑事ものから後半は少し違うジャンルに路線が変わる感じ。

老女を狙う犯行のおぞましさもすごいし、警察内部のいざこざが物悲しい。
細かい部分はなんとなくそれっぽいムードで
>>続きを読む

ルームメイト(1992年製作の映画)

3.4

本当にクレイジーな人間に出会ってしまった時に、的確な対応なんてできないだろうなあと思う。
人のものを盗んだり、平気で傷つけてくるなんて思わないだろうから。
理由はどうあれ、アリーのもとへやって来たルー
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.9

麻薬中毒で路上暮らしの若者がなんとか更正させたいと家を与えられて、そこで出会った怪我をした猫を助けたことから運命が開けていく話。実話ベースでした。
とにかくボブが可愛い。
ボブが可愛くていいことがいろ
>>続きを読む

アンフォゲッタブル(2017年製作の映画)

3.0

結婚しようと決めた男性のところで暮らし始めたら、相手の娘の母親だからという名目で元妻がガンガン干渉してきていやだなー、と思っていたら、どんどん事態がエスカレートしていき……
という感じの恐ろしい話。
>>続きを読む

ザ・インターセクションズ(2016年製作の映画)

3.5

義父が憎い、殺してやりたい……と洩らしたらたまたま殺しを厭わない男に聞かれ、昨日ぶっ殺すって言ってたよなあ、今さらなしとか言わせねえよ?
みたいな感じで絡まれ捲き込まれたのだが……
というお話。予想外
>>続きを読む

インビジブル(2000年製作の映画)

3.2

ハメコミ合成のパソコン画面が微笑ましい。
悪そうな奴は透明にしたらいけない。

フォロイング(2017年製作の映画)

2.5

なぜか日本の霊がスパークするホラー。
基本に忠実な感じの作り。

ああいう霊はなぜ、うがー うがー と目の前に出てくるだけで相手を襲わなくなる時間があるのだろうか……と思うかもしれない。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

ちょっとうざいお父さんだけど、優しいしユーモアがあって、なによりも娘思い。
一生懸命生きていると、親の優しさなんて邪魔くさく感じてしまう時期もあるんだよね。
それでも思うのが親で、いざというときにはあ
>>続きを読む

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

2.2

たまたま放送していたのでみてしまった。
全体的に「ふーん」気分で終わってしまうのは、起きている物事のスケールの小ささのせいかな、と思いました。
普段あの絵文字を使っていればもう少し愛着みたいなものの効
>>続きを読む

逆殺館(2016年製作の映画)

2.3

誘拐して一攫千金!
と思ったのに、誘拐してきたお嬢さんがオカルト的な意味でヤバかったというホラー。
よくできたお化け屋敷みたいな映画。
面白いかと言われるとちょっと困る感じ。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

第一章かーって感じ。
ホラーというよりは子供たちの成長寄りで、なんか不思議。あと、想像以上に怖くなかった。
ちょいちょい伊藤潤二感がある。

バーチャル・レボリューション(2015年製作の映画)

2.6

あと30年でこんな世界になるだろうか……という気持ちで観賞。
背景なんかはいいんだけどな。
もうひとつ物足りない感じ。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

すごくわかりやすい邦画のコメディ。
話の流れは王道、キャストは豪華、卓球の選手の皆さんも出てくるよ!

軽くて楽しく見やすいいいコメディだけど、試合のシーンはやや軽すぎるかな。
でもみんな可愛いのでよ
>>続きを読む

地球が静止する日(2008年製作の映画)

2.5

キアヌの無国籍感が存分にいかされている映画。
リメイクするならもうちょい頑張れば良かったね、くらいのスカスカさが気になる。
大好きなキャシー・ベイツも出てたのは良かった。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

シーザー爆誕からここまで、長い戦いでした……。
エイプもそれぞれの立ち位置があって、映像もホントに見事。
マーク・ウォルバーグに見えて仕方なかった。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

こんな世界があったらかっこいいな、を実写で作ってみた感じの殺し屋ワールド。
キアヌの孤独なオーラが役によく似合っていて、いちいち「必殺」していく様に痺れる。
ただただそれだけのシンプルな映画なので、お
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

ものすごく分かりやすく、すっきりとした楽しい映画。キャストも豪華で軽い気持ちで楽しめる。
ダフネも可愛い。
予想外とかまさか、の類はなし。定番コースのジェットコースターみたいな映画。定番すぎるくらいの
>>続きを読む

レッド・ハンター(2018年製作の映画)

1.9

ジーナ・カラーノみたさで観賞。

大気汚染のひどい未来で西部劇的な復讐アクションですが、すべての要素が小粒。
駄目じゃないけど、良くもない。この中途半端さは寂しい。

フェリシーと夢のトウシューズ(2016年製作の映画)

3.0

夢みる少女のサクセスバレエストーリー。かなりテンプレな展開でわかりやすい。とはいえ、フェリシーのやらかしには引く。

バレエは人間の限界への挑戦みたいなものだと思うので、アニメで見るのは少し違うかもと
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.9

面白かった。
原作を上手に現代に移行させていると思う。
彼らが宇宙人か宇宙人じゃないかはどちらでもよくて、全く違う視点で地球を見つめる物語。
人間なんてちっぽけなものです。けど……ね。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.8

ポケモンの映画の中で一番良かったかも。
伝説や幻のポケモンを出すためだけではないストーリーで、ポケモンのいる世界ならではの流れがとても良い感じ。
とにかくウソッキーが可愛く、ネイティオが気になって仕方
>>続きを読む

>|