サワムラーさんの映画レビュー・感想・評価

サワムラー

サワムラー

ヒューマンドラマとかサスペンスが好き

映画(749)
ドラマ(14)
  • List view
  • Grid view

地球が静止する日(2008年製作の映画)

2.5

キアヌの無国籍感が存分にいかされている映画。
リメイクするならもうちょい頑張れば良かったね、くらいのスカスカさが気になる。
大好きなキャシー・ベイツも出てたのは良かった。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

シーザー爆誕からここまで、長い戦いでした……。
エイプもそれぞれの立ち位置があって、映像もホントに見事。
マーク・ウォルバーグに見えて仕方なかった。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

こんな世界があったらかっこいいな、を実写で作ってみた感じの殺し屋ワールド。
キアヌの孤独なオーラが役によく似合っていて、いちいち「必殺」していく様に痺れる。
ただただそれだけのシンプルな映画なので、お
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

ものすごく分かりやすく、すっきりとした楽しい映画。キャストも豪華で軽い気持ちで楽しめる。
ダフネも可愛い。
予想外とかまさか、の類はなし。定番コースのジェットコースターみたいな映画。定番すぎるくらいの
>>続きを読む

レッド・ハンター(2018年製作の映画)

1.9

ジーナ・カラーノみたさで観賞。

大気汚染のひどい未来で西部劇的な復讐アクションですが、すべての要素が小粒。
駄目じゃないけど、良くもない。この中途半端さは寂しい。

フェリシーと夢のトウシューズ(2016年製作の映画)

3.0

夢みる少女のサクセスバレエストーリー。かなりテンプレな展開でわかりやすい。とはいえ、フェリシーのやらかしには引く。

バレエは人間の限界への挑戦みたいなものだと思うので、アニメで見るのは少し違うかもと
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.9

面白かった。
原作を上手に現代に移行させていると思う。
彼らが宇宙人か宇宙人じゃないかはどちらでもよくて、全く違う視点で地球を見つめる物語。
人間なんてちっぽけなものです。けど……ね。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.9

ポケモンの映画の中で一番良かったかも。
伝説や幻のポケモンを出すためだけではないストーリーで、ポケモンのいる世界ならではの流れがとても良い感じ。
とにかくウソッキーが可愛く、ネイティオが気になって仕方
>>続きを読む

フィスト・ファイト(2017年製作の映画)

3.4

気弱で長いものには巻かれてきた国語のキャンベル先生が主人公。
勤めている学校、年度の最後の日という事で生徒たちが大暴れ。
あまりにも民度の低い酷すぎるイタズラにおっかないアイス・キューブ先生が怒り出し
>>続きを読む

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.5

悲劇的SF風味ホラー映画グロ注意、って感じかな。

最初に、ちょっとトイレに行った隙に子供がいなくなって、そして……の部分。映像がいい感じ。あと、主人公の奥様がすごくきれい。
あとはまあ、なんだろう。
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.9

うっかり虎と漂流した話かと思いきや、テーマは全然そんなんじゃなくて予想外。

映像は迫力があって見応えばっちり。

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.3

ゾンビじゃないよ、ハングリーズだよ、って感じのゾンビ映画。
なぜか感染しても知性を失わない者がいるという設定はたまにあったけど、その先をメインに描いている感じで、定番からは外れている。

不死というか
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

すごい勢いで移り変わっていった時代を生きたみなさんの話。

幼なじみが窓から入ってきてくれるの、いいよね。

しみじみいい映画でした。

キル/オフ(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

難しい。

なんとなくだけど、死者の国から勝手に生き返ろうとしている主人公に(自分の罪を忘れている)罰が与えられたとかそんな内容なのかな……とか思いました。

現実世界の話とは思えないけど、でも答え合
>>続きを読む

超人X.(2014年製作の映画)

2.9

特撮のVシネマみたいなヒーロー作品。

主人公はお母ちゃんが博打をやめられないばかりにうっかり変な薬を使われてヒーローになっちゃったゲイの若者。
セレブもヒーローも常にパパラッチに追われる下世話ワール
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.5

スパイダーマンは悩み深い人生を歩んでいる、ってのはいいんだけど、ハードモードすぎてなんとも物悲しい。

しかしデイン・デハーンは不幸な役が似合いますな。

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

3.2

悲しい話。なにせ救いがない。

若いピュアな子って染まりやすいんだよね。
時代もちょうど悪かったし、本当に極端な不幸な例だと思いました。
血の繋がりなんてあてにならないものなのかもね。

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.3

がつがつしない愛もあっていいじゃない。
そんな映画。
余計なことはなにも語らない。
そんな映画があってもいいじゃないとか、そんな感じ。

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.8

愛の究極の形のひとつ、ってことかな。
少年のこころに芽生えた目覚めのようなものは誰にもあるとは思うけど、そのまま大人になる人は珍しい。そのまま大人になったとしても、大抵の人は隠しておくだろうと思う。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

生まれつき異常を抱えて生きてきたオギーと家族、そして10歳から通い始めた学校で出会った人たちのお話。
病気や障害はいろいろありますが、オギーが抱える一番大きな問題は顔。
なのでオギーを見た人たちはいろ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.6

大成功するためには、才能だけじゃダメなのよね……としみじみ感じられる話。

いろいろ思うところはあるけど、ひとつの才能が爆発的に開花して、世界を動かしたのは間違いない。
マクドナルドがマクドナルドのま
>>続きを読む

デス・ライナーズ(2016年製作の映画)

2.4

治験を受けたら未来が断片的に見えるようになる。雪深い僻地に閉じ込められた主人公たちはそこで、同じ薬の過去の治験者と対峙することになるのだが……

みたいな感じかな。
主人公たちにふりかかる不幸は結構理
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

経済的に追い詰められたじいさんたちが華麗に銀行強盗をキメる話。
現実にやられると迷惑極まりない銀行強盗ですが、お話にするとロマンがあるのはどうしてなのかな。

話はできすぎてるくらいキレイに決まってい
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

ちょいと長い。
描写が丁寧すぎて、テンポが良くないかなーと思う。とても壮大なので、神話をみるつもりで構えておくとちょうどいいのかも。
アクションはダイナミックでいいけど、スローモーションの使い方はいま
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

好き放題!

死屍累々だけど超楽しい。
らしさを追究した映画でした。

フェンス(2016年製作の映画)

3.4

満たされない心を抱えたまま生きる辛さかひしひしと伝わる映画。
だって生まれが不幸なんだ、差別されてるんだ、だから才能があってできる男だけど、今、たいしたことのない人生を送らされているんだ、みたいな。
>>続きを読む

皆殺しのレクイエム(2017年製作の映画)

3.0

大事にしたいものがありすぎた男が一生懸命復讐するも……。

復讐は失うものがない人がやることなんだろなと思いました。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.6

原作はずいぶん前、若い頃に読みました。母はクリスチャンだけど、この本は辛くてよめないなんて言ってた。
読むと実際本当に辛い話で、信仰とは、宗教とは一体なんなのかなと。

どんな教えにも良い面があり、良
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.8

わけあり人生を歩みつつも普通だった高校生がスパイダーマンになったら、みたいなリアリティーのあるスパイダーマンってなイメージ。
他の2シリーズのそれぞれの突き抜けポイントのような強さがないような気はする
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

いろいろ為になるし、日本の文化や歴史を見直すいい機会になりました。
40~50代の俳優勢揃い感もあっていい感じ。
ただ、思っていたよりもずっしり重たい。そして長い。時間と心に余裕のある時にみるべき。

>|