TRBさんの映画レビュー・感想・評価

TRB

TRB

主に昔見た映画の見直し記録がメインです。
新しい映画や、ストーリーにめぐり合わせて頂けるように活用させていただこうとおもいます。

映画(606)
ドラマ(13)

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.2

胡散臭い活動家の集まりには御用心

実際にどっかで宣教師食べられてたな〜

台所事情はお宅によってかなりの差異があります

テンポよく飛行機墜落
食人族の住処へいらっしゃい

アナログな生活なのに、吹
>>続きを読む

スペイン一家監禁事件(2010年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

娘が喚き過ぎでイライラする

唐突に訪れる暴力

押し込み強盗のリーダーがリアルで怖い

カメラワークと徐々にタガが外れ、濃くなっていく暴力描写は、全体的に良く出来ている

けど

娘が騒ぐだけ騒ぎ、
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.5

インド発で初のゾンビ映画

近年のゾンビでよく見る設定

バカンス
無人島
レイブパーティー

コメディ色がかなり強い
ゾンビコメディが流行っているのか?

ボンクラ3人にかなりインチキくさいロシアン
>>続きを読む

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

4.9

戦争を哲学的に捉えた名作

派手な戦争アクションを期待すると間延びして退屈に感じるかもしれない

ただ見た目の派手さでは語れない味が本作にはある

オープニングからの原始的な生命の営み、魂に響く音楽、
>>続きを読む

ニセものバズがやって来た(2011年製作の映画)

3.6

ファストフードのオマケバズと入れ替わっちゃうw

本作とは違うファニーさが満載

もはやバズは出入り自由

色んな所でおもちゃは考えてます

クスッと笑え
ちょっぴり考えさせる

サイズは小さくてもし
>>続きを読む

戦争の犬たち(1980年製作の映画)

3.3

クリストファー・ウォーケンのエクスペンダブルズ

騒乱となったら解き放つ戦争の犬たちよ

戦闘に行くまでの戦略や武器の調達、現地での諜報活動など、細かく追っていきスリルが味わえる

実際のクーデターに
>>続きを読む

マーダー・パーティー(2007年製作の映画)

1.3

このレビューはネタバレを含みます

その招待状で行くw

ワイルドなダンボール鎧に身を纏い呼ばれもせんハロウィンパーティーへ

そこはとんでもないボンクラの集まり

ホラーと思って見始めたけど
気づいたら笑い転げてた!

そんなアホな〜
>>続きを読む

ひろしま(1953年製作の映画)

-

どの国も受けたことのない屈辱

なんでここまでされたのに頭下げなきゃならんのですか

悔しくってたまらない

色んな戦争犯罪があれど非戦闘員を日本国民をこんなに虐殺されて

悔しい

戦争にはルールが
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

4.5

日本国民として忘れられない
忘れてはいけない日

当時の軍部を前に政治的な判断が如何に難しいことなのか

正に激動

本当は8月15日は靖国に行きたい

天皇陛下が玉音放送に至るまでの経緯とその重要性
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

3.5

痛いイタイいたい!

前半はすごく楽しそう

大自然のアクティビティを満喫
美人と一緒に天然プールへIN
最高に気持ち良さそう

岩に片腕挟まれて一人ぼっち

考えただけで死にそう

衰弱していく様子
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.2

死が追いかけてくる

予知夢のように事故を回避
そこからはどう兆しを見つけ
死を回避するか
それが問題だ。

死神?役をやってるのがキャンディマン
この手の役はお手の物

死のお迎えの仕方がバリエーシ
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

2.3

他の作品とちょっと毛色が違った作品

鉄男好きなんかな?

エロいイメージビデオとグロテスクとバイオレンスの融合体

フルチン乱闘は面白い

ヘドロになった老婆でヘドローバ
ネーミングセンス笑

試し
>>続きを読む

絶海9000m(2017年製作の映画)

2.1

バカが海に入って終始喧嘩

オープンウォーター系と言われるけど、似て非なるもの

もうバカ過ぎて憐れになってくる

赤ちゃん可愛そう
何がってバカに囲まれてるのが

サメは出ない
事故もない
でも海は
>>続きを読む

THAT/ザット(2016年製作の映画)

2.0

THAT!

ITじゃなくてTHAT!

ソレじゃなくてアレが来るの!

タイトルだけでツッコミどころ満載

しかも

クソしょーもない

ちょこちょこ脅かすだけで全然殺さない

と思ったら肝心なとこ
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオ(1988年製作の映画)

3.8

懐かしい
とても懐かしい

フルオーケストラと特撮を駆使しドラゴンクエストの冒険を映像化

これで映画撮ってくれ〜

緑が綺麗
空が青い

スライムがめちゃくちゃ気持ち悪い
ひのきの棒じゃ倒せない
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971年製作の映画)

4.5

もう号泣

リンドウと旅の一座、そして親族の死

旅をする側それを見る側、視点の相違が寅さんの胸を締め付ける

リンドウは悲しみをイメージさせる青
悲しんでいるあなたを愛する

今回も男はつらいよ
>>続きを読む

マスク・オブ・ゾロ(1998年製作の映画)

3.9

日本で夏男といえば蝶野正洋

世界で一番夏の陽射しが似合うのは

アントニオ・バンデラスしかいないでしょう!

弱きを助け悪を挫く
ヒーロー怪傑ゾロをバンデラスが色気たっぷりに熱演

セクシーとは彼の
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

4.2

子供時代のトラウマ的衝撃作品

小さい時の記憶が鮮烈で、なかなかもう一度観ようと言う気になれなかった

30年越しぐらいの再鑑賞はかなりイメージが違ってみえた

ホラーポップ?
ファンタジーホラー?
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.7

空間を限定する事で、人間の焦りや狂気を見事に演出

低予算
なのに面白い

シンプルなストーリーとルービックキューブを思わせる空間

トラップの数々や、部屋の色を変えリフレインする事で、あたかもその先
>>続きを読む

友達の家(2013年製作の映画)

1.5

短っ!

え?なに?

怖っ!

予想の範疇

でも

怖っ!

暗っ!

顔怖っ!

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

4.6

ジョン・ウーの名作

サングラス
はためくロングコート
そして2丁拳銃!

ジョン・ウーの美学が詰め込まれた作品

男たちの挽歌か今作が真っ先に浮かぶ

善と悪、対照的な男がカッコよくこんなに魅力を引
>>続きを読む

SLAM DUNK(1994年製作の映画)

2.8

短っ!

これからか思たら終わったw

ミッチー推しなもんで、
やっぱりまだ盛り上がる手前ですな

小田くんはそこはかとなくダサい

鍵掛けて投げちゃう
湘南の海がそうさせるのか
答えは分からない
>>続きを読む

怖譚 -コワタン-(2013年製作の映画)

1.0

何も怖くない

顔だけで選んだ演技がダイコンなやつらなので何も怖くない

ちょこちょこ、はぁ?ってなる

ティーンが好きそうな浅知恵の怪綺談なので大したことない

でも一個だけ怖かった事

見終わった
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.5

ワンショット・ワンキル!

トム・ベレンジャーの目力に撃ち抜かれる

スナイパーが主役なので地味に見えがちだけど、非常に熱い心理戦や待ちの攻防に神経をすり減らして行く様子が堪らなくいい!

海兵隊とい
>>続きを読む

地獄先生ぬ〜べ〜 午前0時ぬ〜べ〜死す!(1997年製作の映画)

2.8

鏡に写るピエロに話しかけた時点で友達はできん!

何がそこまでピエロに掻き立てる

結果的にみんな仲良く遊べよって事

心の闇が何より怖い

ぬ〜べ〜は死なない

鬼の手は最強だから

『バリバリ最強
>>続きを読む

かくも長き不在(1960年製作の映画)

4.5

やっと観れた!
観たくてたまらなかった作品!
とても良かった!

戦争が生んだ悲しい物語

カフェを営むテレーズ、突如目の前に現れた16年前ゲシュタポに連行された夫にそっくりな男
その浮浪者は記憶を無
>>続きを読む

学校の怪談2(1996年製作の映画)

3.2

夏が来〜れば思い出す〜🎵

夏と言えばやっぱり怪談

空が高くなり、蝉の声が聞こえると不思議と観たくなってしまうのは何故?

1作目の方が好み

学校の怪談なのになぜか春の肝試し

小学生ならではの女
>>続きを読む

シティーハンター(1993年製作の映画)

3.4

久しぶりに観たけど
何処がシティーハンターやねんw

ただ、懐かしい

モッコリがなければXYZもない、
パイソンは持たない
何処が冴羽獠やねんw

原作に寄せる気もほとんど無しw
それを成立させたジ
>>続きを読む

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ(2014年製作の映画)

2.1

色々と頭に?と出てくる

森に入るの怖がるわりに根拠が薄い

ボーイスカウトのリーダー達がボンクラ過ぎて笑う

主人公とカイの関係性が本当にハテナ?
なんかシンパシー感じていたのじゃないのですか?
>>続きを読む

フューリアス 双剣の戦士(2017年製作の映画)

2.6

看板ほど壮大なアクションでもない

しょっぱいブレイブハートみたい

モンゴル勢と闘うロシア戦士の話しだけど、ロシアっぽさがなければモンゴルは騎馬民族と言うより妖術集団みたい

中世系の作品でCG多様
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

お犬版トイストーリーみたい

見てない時にあんな事してるのかと考えると面白い

犬飼ってないけど

仲悪くなるかもしれんからエサやりには気をつけた方がいい

犬飼ってないけど

ウサギなのにギャングの
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.2

少し憂いを帯びた眼差しがイカすマックス・チャン

やっぱりしっかりしたアクションをやってくれます

ウーピンチームは安定しとります

驚きは豪華出演陣!
トニー・ジャー出てる!
ミッシェル・ヨーも出て
>>続きを読む

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)

3.2

ブルース・リーのドラゴン危機一髪とは関係がない

第2のブルース・リーとして売り出したいプロデュース側のイタズラ的ネーミング

自社の初監督作品という事で、中々に手荒いストーリー

過去と現在を行った
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2013年製作の映画)

3.0

韓国のに比べて凄く観やすい

けど物足りない

オリジナルにあった怒りや焦燥、霧のように纏われた暗く不穏な空気感はほとんど感じられない

普通のミステリーに収まってしまった感じがどうしても否めない
>>続きを読む

マッドストーン(1974年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

オーストラリア発の荒くれバイク野郎映画

マッドマックスの原型らしい
マッドマックスよりは現代的で大人しい
一部キャスト被っているらしい
スゲ〜

暗殺事件に巻き込まれる暴走族と警察官のお話

kaw
>>続きを読む

インサニティ(2016年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

数年前にあった脱法ドラッグのバスソルトみたいな話し

マイアミゾンビ事件を思い出した

途中まではハッピーなバカンス
MTVのようなミュージックビデオ見せられてる気分

中盤からはありきたりな展開でマ
>>続きを読む

>|