山前暁さんの映画レビュー・感想・評価

山前暁

山前暁

映画(105)
ドラマ(4)

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

1.0

興味深いことにこの映画は「正解」だ。

失敗に対して「気づき」と「学び」と「自己批判」を徹底してヤルこと。

死ぬほど退屈だった。

自分自身や自分たちの世代に対してこんなにも自己批判する必要などある
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます




"俺がヒッチコックだ!"ってかーい



なんだろう? 曲がり角を曲がったら変態がいた みたいなこの気持ち悪さは。あ それはDavid Lynchの『Mulholland Drive』(2001
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年製作の映画)

1.5

子どもの頃に読んだ鳥山明の『DRAGON BALL』は、フリーザとの死闘をもって漫画の世界観の(「圧倒的な遥かに高い」)到達点を迎えるーーなんて10〜11歳の男の子にドヤ顔で語られても、勿論クソガキだ>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

5.0

古今東西の批評家に絶賛され続ける新古典。

Sergio LeoneによってClint Eastwoodは作られた。

誰もが過ちを犯していて、意思でもって懸命に生きる訳でもなく、常に誰かを嘲笑い、そ
>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

4.0

★真実を観るために1人になっても斗う

①タイトルが出るまで溜めて ドーンっ て最高だぜ!園子温監督の『愛のむきだし』(2009)以来やな😆。

❷惜しむらくはこれ、藤井道人監督『新聞記者』(2019
>>続きを読む

HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品(2019年製作の映画)

5.0

【Beyoncéの『Black Is King』(2020)を"誰もが"乗り越えるための予習⑥】(これで終わり)ーーー

{100云十年前の伝説のシンガー、ビヨンセって誰だろう?ーー脳内チップでINT
>>続きを読む

ブラック・イズ・キング(2020年製作の映画)

5.0

どんな視点から語られているかは書き尽くしました。

あとは楽しむだけです。


>>> https://www.vulture.com/2020/08/beyonce-black-is-king-di
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

5.0

★KING is…👩🏿‍🦱🧑🏻‍🦱👩🏾‍🦱🧑🏼‍🦱👩🏽‍🦱🧑🏽‍🦱👩🏼‍🦱🧑🏾‍🦱👩🏻‍🦱🧑🏿❓‍🦱(←何この絵文字??笑)

Stanley Kubrick監督の『2001: A Space Ody
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

5.0

【前々日譚】>>>
1つ前に書いたThe Wachowskisの『The Matrix』(1999)のレビューが、いよいよ訳の分からない文章になってきたな、ヤバいな、と。

先ず、これまで自分が最も優
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

5.0

ネオ 私を信じて

なぜ?

知ってしまったからよ
あの道の先に何が待っているか



この映画は

夢が現実で 現実が夢だった というお話。

凄すぎ!です。


先日観た夢の話。

町山智浩さんの
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

5.0

Big Fish!!!!! すげー!話!!

1人だけじゃ「インチキ」と罵られるが、4人だったら世界の方が変わる❓❓❓❓

Big Fishes, Fab 4 aka The Beatlesの黄金期『
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0

【Beyoncéの『Black Is King』(2020)を"誰もが"乗り越えるための予習③】ーーー

その作家の表現をいくつか「経験」した後で、再度以前の作品に触れると、かつて観たものと違った景色
>>続きを読む

わんわん物語(1955年製作の映画)

5.0

これまでわたしはディズニーにとってよきファンではありませんでした。でもLady and the Tramp(1955)はとてもおもしろかったです。さべつびょうしゃもおおかったけど、あんいなステレオタイ>>続きを読む

百万弗の人魚(1952年製作の映画)

5.0

【Beyoncéの『Black Is King』(2020)を"誰もが"乗り越えるための予習②】ーーー

絶対ぜったい絶対ゼッタイ
絶対絶対絶対絶対絶対絶対に観て下さい❣️❣️

私の人生は、私が決め
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

5.0

{ミッチ・ライダーがいない世の中では…}

前回のレビューで予告した通り、今回はMartin Scorsese監督『The Irishman』(2019)(Netflix)と、特にMitch Ryde
>>続きを読む

Black Girl(英題)(1966年製作の映画)

5.0

【Beyoncéの『Black Is King』(2020)を"誰もが"乗り越えるための予習①】ーーー

時系列から説明すると、私はBeyoncéが好き(?)なのでDisney+で先程配信されたMus
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

5.0

文句無し、最高傑作‼️‼️

映画の神Alfred Hitchcockから2作のオマージュ
『Rear Window』(1954)、『Vertigo』(1958)。
他には、Robert Altman
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

5.0

Andrew Haigh監督のロマンティックな映画『45 Years』のレビューで、私のFilmarksを最初の区切りとします❤️

映画の話とは関係ないけれど、「気候変動/climate chang
>>続きを読む

さらば、愛の言葉よ(2014年製作の映画)

1.0

はぁぁぁーーーーーーーーーー😵☀️ー暑かったねぇ!

雨がドバッと降って、やっと晴れた?と思ったら、これだもん。ド暑い日が急にやって来る。

「自然は人類にとって脅威」だとか古くからヒトは言ってきたけ
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

5.0

銃社会の現実と恐怖。
自由を謳い、銃を持った貴方たち。
銃を悪さのために使う少数の者たちと、市民を守るために「悪」を包囲する大勢の警察官たち。
数こそ違えど危険性は等しい/均しい。1人の子どもの生死の
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

5.0

自分は

映画の始まり、〈20th Century Fox〉だか、〈Paramount Pictures〉だか、映画会社のオープニング・ロゴが終わって、その映画のために用意されたモノ、グラフィックがス
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

5.0

🐶🧼🧹🏥🧟‍♂️👁🍄🌈🍩🐝

2000年代、最高の映画である『Slumdog Millionaire』(2008)についてのレビュー。🚨相変わらずパラノイアご注意。全力で書きます。

その前に確認なん
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

2019年の最高の映画なのは間違いないけれど、こんなにも語り甲斐のある映画もなかなか無い!!だから🚨思い出話しまーす!!


ご多分に漏れず筆者の中にもJOKERがいた頃があった。17〜18歳にかけて
>>続きを読む

男性・女性(1965年製作の映画)

5.0

女性に体当たりしたり(暴行の疑いで先日捕まった)、女性をレイプしたり(不起訴続き)、女性の社会的地位が低かったり(企業のトップの男女比)、「男性である」という当事者意識もあってさすがに呆れ果てる🤦🏻‍>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

4.6

緊急レビュー🚨Frank Oceanなど素晴らしい音楽家たちの楽曲が彩る『Waves』(2019)が遂に公開された!観たい!

梅雨、COVID-19、映画。映画、COVID-19、梅雨。天秤にかけた
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

Tyler Durden💀
映画を観てあるThe Blue Heartsの楽曲群を思い出す。


🎶「少年の詩」

パパ、ママ お早うございます
今日は何から始めよう



そしてナイフを持って立っ
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.5

卓越した犯罪映画の誕生!それは実は新たな「自分を大切にする」の本当の意味についても考えさせる!

まずは1997年当時のRoger Ebert大先生の批評っぷりが最高なので、ご紹介致します。


>>
>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

5.0

今朝から色々考えている。自分の言葉のことや、社会のことや、あれこれ。悪い癖で、だんだんパラノイアな晴れた午前を過ごした。カーテンを閉め切っていても身体で感じるものでしょう。こんな気持ちのいい日曜日には>>続きを読む

ハミルトン(2020年製作の映画)

2.5

するしかないでしょう!!
ラップ・ソングの歌詞のWikipediaと言われるGeniusで全曲調べてみました。

DeepL翻訳の翻訳上の違和感については引用・参照内に注釈を書き込む際の〔〕のカッコで
>>続きを読む

キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗(1926年製作の映画)

5.0



凄過ぎて思わずため息が出る映画史に燦然と輝くグレイテスト・ムービー📽🎞💰


左から右へ、右から左へ、何度も立ち止まりバックし、また進み、それを繰り返しながら、再び左から右へ進む🎥🎥🎥


どうか
>>続きを読む

サリヴァンの旅(1941年製作の映画)

5.0

現実を追求していった結果、社会の「暗やみ」に足を踏み入れてしまって、映画監督としてどうするのかと悩んだ末に、「リアルな社会派」映画ではなく「コメディ」映画を撮ることにする、までの話。

この書き方だと
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

5.0

幸せになれる空間がある。

僕は人間の発達に関しては相互作用説を取るし、合気道や柔道や相撲や、アイヌ民族や、チェジュ島(済州島)の人々、琉球民族などの暮らしにかつて非常に関心を持っていた。某大学の某教
>>続きを読む

グラン・プリ(1966年製作の映画)

5.0

映画開始15分間で、2度おぉっ! と思わず前のめりになり、3度目に膝を叩いて立ち上がってしまった。一時停止。まだ開始15分。

観返してみる。1度目の「前のめり」の前にも3分割画面の左から1台のマシン
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

2回目を観ていたのに、同居人に「昨日観たでしょ」と制止されたのでレビュー🥰。

最高だなぁ、この映画🥰。
ま、コメディ・ムービーは「映画」ではない、という(悪しき)持論を持つ人間なので、どれだけ最高で
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

5.0

・・・・・愛の切れ目が縁の切れ目 ~Beatnik宣言~

変な書き出しですが。「愛」を「i」と解釈すると、愛を捧げるというのは自分自身を捧げるということです。自分自身を捧げられなくなる時が縁* (共
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

5.0

ぶっちぎりの2020年度ベスト・ムービー!!

さっき観たばかりのAri Aster監督の『Midsommar: director’s cut』についての走り書き。1回しか観ていないので、正確に書くこ
>>続きを読む

>|