ミチさんの映画レビュー・感想・評価

ミチ

ミチ

静かで綺麗で重い映画が好き。
同じ嗜好の人と繋がれたらうれしいです。

2017年観た映画はDVD33本、CS・VOD19本、劇場6本。

プロフ画像はその中のBEST10です。

今年はせめて月1で映画館行きたい。

レビュー溜め込み癖もなおしたい。

映画(225)
ドラマ(0)

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

3.8

黄金を求めて雪山へと向かう男たちのお話。


チャップリンの代表作のひとつであり、非常に人気の高い作品。

真っ白な雪山にタキシード姿のチャップリンというコントラストでもう素敵。

ドタバタわちゃわち
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.5

4年間ひとりだった、男と女と少年のお話。


赤いキャップに黒いスーツ。

何かに追われるように、何かを追いかけるように、歩き続けるひとりの男。

何も語らないのに、何も語らないから、彼がたくさんのも
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.7

Filmarks試写会にて。


舞台はイスラエル。

息子の戦死を両親が知るところから物語は始まる。

卒倒する母と、平静を装うとする父。

どこで泣けばいいのかわからない。
そんな鬱血したような感
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.2

心臓外科医とその家族、そしてそこに侵食していくある少年の物語。


「籠の中の乙女」「ロブスター」を観てすっかりファンになってしまったヨルゴス・ランティモス。

今回は「アウリスのイピゲネイア」という
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.3

成功者として地元に戻ってきた男とその妻、そして、夫婦にギフトを贈り続けるかつてのクラスメイトの物語。


ジョエル・エドガートンが、製作・監督・脚本・出演を務めた意欲作。

最初は監督に専念するつもり
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.3

1967年、デトロイトで起きた大規模な暴動。

混沌としたその世界の片隅で起きた、ある事件の物語。


先日、キング牧師を描いた「グローリー」を観て、同時期の話だったので興味を持ち鑑賞。

公民権法成
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.5

身勝手な愛を求める父と母の間で、こぼれ落ちてしまう小さな命の物語。


原宿クエストホールの試写会にて鑑賞。


本当に、本当につらい127分間だった。

こんなにずっとつらかったのは初めてかもしれな
>>続きを読む

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

3.3

1965年。南部の町セルマで起きた「血の日曜日事件」を題材に、非暴力による黒人解放運動を指導し続けたキング牧師を描いた作品。


キング牧師を描いた映画が、これまで無かったというのは驚いた。

そこに
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.7

題名のとおり、ヒトラーの最期の日々を映し出した作品。


鑑賞前は2時間半という長さに少し躊躇したが、全く長さを感じない作品だった。

映画は、ヒトラーの秘書をしていたトラウドゥル・ユンゲ氏本人のイン
>>続きを読む

かぞくのくに(2012年製作の映画)

4.4

病気治療のため北朝鮮から日本に戻った在日朝鮮人ソンホと、その家族の物語。


1950年代から80年代にかけて、北朝鮮は在日朝鮮人を集団で帰国させる大規模なプロジェクトを行った。

戦争から急速な復興
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.3

人間のお肉が好物の男性が、ベジタリアンの女性に恋をするお話。


myFFF2018短編6作目。


あらすじはまるでスプラッター。

しかし世界観はカラフルでポップ。

特にグロい部分がいちばん可愛
>>続きを読む

サマーフィルム(2016年製作の映画)

3.2

少年と父親と父親の友人。3人が過ごす夏の3日間の物語。


myFFF2018短編5作目。


ホームビデオのような質感で描かれるのは、主に少年と父親の友人との交流。

といっても何か劇的な出来事があ
>>続きを読む

ノー・ドロウニング(2016年製作の映画)

3.7

生活のすべてをお金に支配されている世界で出会う、ちょっとズレた男女の物語。


myFFF2018短編4作目。


無機質なようで綻びだらけの世界観が面白い。

エレベーターに乗るのもストリップの続
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.6

戦乱の続くシリアから逃れてきた青年と、フィンランドで彼と出会う人々の物語。


2012年に劇場で観た『ル・アーヴルの靴みがき』は、今も様々な場面を鮮明に思い出せるほど印象深い作品だった。

そこから
>>続きを読む

ラザール(2016年製作の映画)

3.8

オクテ男子ラザール(影武者つき)とネットで知り合った女の子のお話。


myFFF2018短編3作目。


これめちゃめちゃ好き。


ゆるーい空気感とセンス抜群の世界観の中で、二転三転していく様子が
>>続きを読む

サマードレス(1996年製作の映画)

3.2

ある夏の休日。男と男と女の物語。


myFFF2018短編2作目。


美しい。

長編でも観ていられるなーと思ったらオゾン監督だった。

なるほど。

愛を描いているようで、実はアイデンティティの
>>続きを読む

死と父と息子(2017年製作の映画)

3.0

死神の父と、天使になりたい息子の物語。


myFFF2018短編1作目。


ストーリーは教科書的だが、見せ方が上手い。

キャラクターの愛らしさとダークな演出に惹き付けられる。

14分間にきっち
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.9

愛する人を突然失った主人公マリーナ。

しかし彼女には、悲しみに暮れる時間も、愛する人にお別れを言う時間も与えられなかった。

それは彼女がトランスジェンダーだったから。


マリーナを演じたのは、自
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.3

ホドロフスキーが人生の全てを放出する物語、第2章。


こんなのまともにレビューなんて書けないや。


ホドロフスキーの作品は、私の目に映った瞬間に、私の中に入り込む。

そして次の瞬間には、私の血と
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.5

鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーが描く、自身のアイデンティティの物語。


続編である『エンドレス・ポエトリー』が地元の映画館で上映されることになったので、その前に観ておこうとVODで鑑賞。

あー映
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0

配偶者を見つけることが出来なければ、動物に変えられてしまう世界。

妻に捨てられたデヴィッドが連行されたホテルは、パートナーを見つけるための施設だった。


冒頭、ワイパーの演出に惹きつけられていたら
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.5

東西冷戦下のイギリス。

英国諜報部『サーカス』に紛れこんだ二重スパイを見つけ出すため、引退した老スパイが立ち上がる。


原作は、Ml6に所属していた経歴を持つ作家、ジョン・ル・カレによるスパイ小説
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.4

パターソンに住むパターソンの1週間の物語。


ジム・ジャームッシュ作品を初めて観たのは10代の頃。

当時から好きだった永瀬正敏の作品を追いかけてたどり着いた『ミステリートレイン』だった。

当時の
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

一流レストランの料理長だった主人公が、SNSの炎上で職を失い、再起をかけてフードトラックを始めるという物語。


『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督が監督・脚本・製作・主演を務めたという、かなり
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.6

婚約者を戦争で亡くした女のもとに現れた、友人を名乗る謎の男。

男がやってきた目的は。そして彼の正体は。


冒頭から美しい映像と音楽、そしてパウラ・ベーアの魅力に心を奪われた。

説明的にならない代
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

ボストンの地方新聞「ボストン・グローブ」において、長期取材を行い特集記事を書く精鋭部隊「スポットライト」。

新しく就任した局長が彼らに命じた取材は、長年に渡り隠蔽され続ける教会の性的虐待事件だった。
>>続きを読む

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

3.2

他人の記憶に入り込む能力を持つ「記憶探偵」のジョンが、依頼を受けて入り込んだある少女の記憶。

簡単に終わるはずだったその仕事は、やがてジョンの運命を大きく狂わせていく。


物語の鍵となるのは、人の
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.0

5年生存率50%の癌を患った27歳のアダムと、彼をとりまく人々の物語。


酒もタバコもしない真面目な青年アダムは、ある日腰に痛みを感じて病院へ行く。

そこで告げられたのは「癌」という言葉。

そし
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

4.8

小学4年生の少女たちの、夏休みから新学期までを描いた作品。


冒頭のドッジボールシーンが本当に秀悦。

特にドッジボールが始まってからの主人公ソンを追う絵が素晴らしい。

もうこれだけで、作品の背景
>>続きを読む

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.4

人間の実験により高度な知能を持った猿・シーザー。彼らと人間は、共存できるのか。


オリジナルシリーズは「猿の惑星・征服」まで鑑賞済み(中途半端)。

オリジナルも素晴らしいが、全く新しい「猿の惑星」
>>続きを読む

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.4

自分が起こしたひき逃げ事件を隠蔽しようとしたことから、とんでもない大事に巻き込まれていく刑事の物語。


たまたまCSでやっていたので鑑賞。

シリアスなものを想像していたら、以外にもドタバタコメディ
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.5

一人の男が夜の高速に車を走らせる。その86分間が、彼の人生を大きく狂わせて行く。


たまたまCSをつけたらやっていて、何気なく観ていたら面白くてそのまま最後まで観てしまった。

題名のとおり、高速道
>>続きを読む

11'09''01/セプテンバー11(2002年製作の映画)

4.2

11人の映画監督が11分9秒01の中で描く、それぞれの9.11。


ダニス・タノヴィッチが参加していることもあり、観たかった作品。

息子が中古で買ってきてくれたので鑑賞することができた。


この
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

国際指名手配中の天才ハッカー・ベンヤミンが、ある日突然警察に出頭する。

彼が語り出す事件の真相。果たしてそれは真実なのか。


以前から邦題が気になっていた作品。たまたまCSでやっていたので鑑賞。
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

八王子で起きた残忍な殺人事件の1年後、東京・千葉・沖縄に現れた3人の男。

今目の前にいるのは、殺人犯なのか。


原作未読で鑑賞。

俳優たちの熱量が凄い。隅から隅まで凄い。

おそらくそれは原作の
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

男子高校生2人の放課後の不毛な会話集。


菅田将暉と池松壮亮という旬な俳優2人が、壁ドンもせず不治の病にかかることもなく、ただ喋る。ただただ喋る。

ほとんどの出来事は河原の周辺で始まり、河原の周辺
>>続きを読む

>|