Matsuzohさんの映画レビュー・感想・評価

Matsuzoh

Matsuzoh

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

5.0

楽しかったし、グッと来た。最高やん!

ボーイ・ミーツ・爺さんたち

邦題は少年推しだけど、原題は「Secondhand Lions」中古のライオンたち、爺さん達メインの映画でした

ハーレイ・ジョエ
>>続きを読む

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

3.0

終盤で明かされるネタバレを知ってしまってたんですが、それを知ったからこそ心惹かれて、知らなければ多分見なかった作品

超仕事人間が度を越して窮地に陥った男=キアヌリーブスに、突飛な行動をする女=シャー
>>続きを読む

アルフィー(1966年製作の映画)

1.3

マイケル・ケイン、現在84歳
この前観た「サイダーハウスルール」が’99年の作品で、すでに60代のおじいちゃん

おじいちゃんじゃないとこ見てみたい!ってことでさかのぼって’66年、33歳ごろのマイケ
>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

1.4

たまにある序盤からついていけなくなる映画でした

妻と乳飲み子と3人暮らしの刑事

話の方向性が見えないまま序盤に来る大きな山場

ここで父親たる刑事の行動についていけなくなってしまいました

突然の
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

4.3

「サイダーハウスルール」からのラッセ・ハルストレム監督スウェーデン時代の作品

「テレビが家に来た!」で大騒ぎな時代
1958-59の話なのですね

いかにも子どもな失敗が多くて幼く見える少年イングマ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.5

1に続いて、音楽的には楽しい~

けどストーリーは粗いし、ライバルチームに勝ててる?とは思えなかった演出もちと首をひねる
コメディとしては雰囲気は楽しいけど1同様下品な笑いであんまり笑えなかった・・・
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

3.7

「マッドマックス怒りのデスロード」のシャーリーズセロンがタフでカッコよかったけど、過去に観た「スタンドアップ」もタフだったので、そうじゃない役を観ようと鑑賞

可愛らしいシャーリーズが観れました。そり
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.7

音楽的には楽しくて好きな作品でしたが、いろいろ粗も気になったな

開始数分で大笑いしたんだけど、実に下品な笑いで・・・
リアルに表現すると笑えないからあえて大げさにやってるのは分かって、確かに笑えるん
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.3

作り込まれた世界観とかアクションとか、すごいとは思うんですが、どちらかというとストーリー展開でグッと心つかまれるものがほしいので、そこは残念ながらグッときませんでした

高く評価する人は多いし、それも
>>続きを読む

暗殺の森(1970年製作の映画)

3.5

1937年、ムッソリーニのファシスト政権下のイタリアでのある男の物語

原題「Il conformista」もてっきり「暗殺者」みたいな意味かと思いきや、「順応主義者」という意味だそうで
見終わってか
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.5

ヒトラーがらみの映画多いよなあ・・・とスルーしてしまいそうなタイトルでしたが、これはまた全然違う切り口で見ごたえありました
ヒトラー本人は出てきませんし

「忘れもの」とは地雷のこと

ヒトラー亡き後
>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

3.0

騒動前まで佐村河内氏のことは全然知らなかったし、騒動の頃にはもうTVのない生活をしてたので、ネットで一通りの情報は追ってたものの、TVの喧騒は知らないし、もうだいぶ時間が経ってるから騒動の細かいことは>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

覚悟はしてましたが、ヘビーな映画でしたね

キリスト教への迫害強まる江戸時代初期、恩師である宣教師が日本で棄教したという情報に衝撃を受け日本へ乗り込んできた若きポルトガル人2人

ポルトガル人が「私た
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.6

地獄ファンタジー

地獄のロックバンドを中心とした話、何やそれ?という音楽コメディなので、ほぼ全編悪ふざけ(笑)

全体的に雰囲気は楽しめたけど、もっと笑えるかと思った

ストーリー展開は独自の地獄観
>>続きを読む

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所(2014年製作の映画)

4.3


あらすじからして、仕事を探して奮闘?みたいな話かと思いきや、家族の心のつながりについて、そして日常の中の「ヒーロー」みたいな話でした

コミカルな味付けもありながら、家族の死と生き方をめぐる話は時折
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.5

最初は字幕版で鑑賞

しかし、どうもうまいこと引き込まれることなく、醒めた感じで見てしまったな・・・

歌はいいと思うけど映像でそれがよりよく感じられなかったような・・・
どうも若干リアル寄りの動物た
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.9

原作漫画読んでからだいぶ経って、いい感じに忘れてるところで鑑賞

前半はヒリヒリとチクチクと心痛む

後半もそれを引きずりながら、行きつ戻りつ、浮きつ沈みつ、いろいろと胸に迫るところもあり・・・

>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.7

いやこれは良かった。楽しかった

村長になることを宿命づけられた娘が、村長である父に「島から出るな」と禁じられた掟を破って、島の危機を救うために海へ出る・・・

そんな導入がこの前観た「ワンダーウーマ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.3

自閉症スペクトラムの少年が数学オリンピックに挑む話

コミュニケーションが苦手で独自の世界にこもりがちな少年と、それを受け止めて関係を築く父親と、受け止めきれない母親
いろいろな出会いもありながら、母
>>続きを読む

エレニの帰郷(2008年製作の映画)

1.1

テオ・アンゲロプロス作は、学生の頃に観た「霧の中の風景」が象徴的な表現がいっぱいで、印象に残ってるシーンがいくつもあります
もう1回見たいなあ・・・
けどそれ以外の作品は観れないまま、ふと探してみたら
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.4


90歳の認知症おじいちゃんのサスペンス
意外な展開でかなり驚かされた作品でした

最近妻に先立たれたが、寝て目覚めるたびに記憶を失くし、妻を探してしまう
同じ施設の友人に、「誓ったことを覚えているか
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.6

トムハンクス主演でハリウッドリメーク決まったとか

冒頭から、曲がったことが大嫌い・・・が度を越してる頑固じじいがさく裂…70歳くらいに見えたけど、59歳

・・・その年齢にしては度を越して頑固だし、
>>続きを読む

あなたを抱きしめる日まで(2013年製作の映画)

5.0

いやあ、これは生涯ベスト級によかった!

「未来を花束にして」の邦題どうなのよ?ってページを見てたら、こちらの映画についても合わせて触れられてたので、もともとあった興味ががぜん高まる

近所のTSUT
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.0

原題”Suffragette”(〔急進的〕女性参政権論者)

原題通りのお話ですが、このゆるふわな邦題、どうしてこうなった!という嘆きの声は、僕が思う前に邦題決定時にいろいろあったようです こちら⇒ 
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

3.0

予告編から伝わってきたシーモアさんの人柄に癒されそうな気がして観てみたんですが、言葉が多くて、今の僕にはちょっとフィットしなかった感じ・・・

ピアノ教わるならシーモアさんに教わりたい、とは思う

>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.2

ちょっと前に観た「みかんの丘」と同時上映されてたという、ジョージア(旧グルジア)映画

ジョージアからの独立を主張するアブハジアとジョージアの境界の川は、毎年雪解け水が運ぶ肥沃な土で中州ができる

>>続きを読む

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

4.4

「ワンダーウーマン」のガル・ガドット出演作ということで、そのうち見ようかどうしようか・・・くらいのつもりだったんですが、TSUTAYAでかなりの本数仕入れられてるのに在庫ゼロばかり
ん?そんなに人気あ
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.0

カズオ・イシグロさんブームに乗っかって見る

原作小説は未読。ご本人もエグゼクティブプロデューサーに名を連ねてるのね

日本でドラマ化(未見)されるときに設定がバラされてるのは漏れ伝わってきてしまって
>>続きを読む

シュガーマン 奇跡に愛された男(2012年製作の映画)

4.9

70年代にアメリカで2枚のアルバムを出したものの鳴かず飛ばずだった歌手ロドリゲス
しかしアパルトヘイト時代の国際的に孤立した南アフリカで彼の歌は支持されるが、彼に関する情報はあまりに少なく謎のまま
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.9

いやあ、良かった~
今年ここまででベスト3くらいに入る感じ

逆境にめげずに圧倒的な個性を発揮して乗り越えていく・・・この前観た「ワンダーウーマン」と重なるところもあり、そういう話は好きですが、逆境ぶ
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.4

いろいろ出てきますね「がん余命もの」

身近ゆえに、いろいろ見ますけど、これは異色。ゆえに個人的には参考になるところもあったけど、映画の評価としては微妙・・・

「残された時間の中で、何を遺すのか?」
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.9

先日別のDVDを見る際に予告編を見たところ、主人公が明らかに自閉症スペクトラムで数学の天才、なのにアクション映画、何これ?と思ったらこの作品でした

しかも予告の最後に出た原題は”The Accoun
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.2

「レインマン」見て、そういえばトムクルーズの代表作のこれ、見てないなあ・・・と、今さらながら鑑賞

フランスのエロティックな映画にやたら出てるイメージのエマニュエル・ベアールがヒロインというのは結構意
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

1.6

「ローマの休日」見た流れでオードリーの有名作押さえとこ、って思ったんですが・・・

のっけからその役を好きになれず、むしろドン引き・・・

どこかでその評価をひっくり返されるのかな?・・・と期待しつつ
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.7

最近「自閉症の世界」という本を読んで、大変面白かったんですが、その中の1章が「レインマン効果」で、ある自閉症者の母親をして「この映画が、私たち全員が25年かけて取り組んできた以上の成果をもたらしてくれ>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.2

最近観た「ワンダーウーマン」が結構影響を受けていて、合わせてみるのがおススメという情報を受けて、2度目の鑑賞。
1度目は20年くらい前?いい感じに断片的にしか覚えてなかった

なるほど。異国から来た王
>>続きを読む

>|