あべさんの映画レビュー・感想・評価

あべ

あべ

最近、感想をかきはじめました

映画(536)
ドラマ(0)

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

-

表紙の人形っぽさ惹かれて。
無音の中進む物語は理解できず。
最後の叫びはなんだったのか、考えろってことなのだろうけど…

Black&White/ブラック&ホワイト(2012年製作の映画)

-

CIAの力を駆使した作戦方法はくだらなくて笑えるし、ラストシーンで喜びあう二人はガキんちょっぽいけどそこがめちゃくちゃかわいいしほっこり!

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

-

こんなにいい話だとは思ってなかった
最後のスピーチは感情移入せずにはいられなかったし、スッキリ!!なハッピーエンド。
泣いて笑えて、サイモンがかわいくて、テンポが最高

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

-

透明人間は、なんかいろいろと考えさせられます
カニのはなしは、じんわりくるものがあって、卵はかわいかったしなにより声がよかった

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

-

ベラとアルフィーの関係性が素敵
お庭を通してふたりの強ばった表情がどんどん柔らかくなって、友情以上の関係が心をあったかくさせてくれます
ゆっくり、のんびり観たい映画

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

-

花のシーンから涙が止まらず(鼻水も)、愛に溢れてるお話でした
超仕事人間のときの表情とか仕草とかが徐々になくなって、柔らかい表情になっていくのがわかる。
自分の幸せとかそういう云々ではないんだなぁ~、
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

-

若きキアヌリーブスてこんなに爽やかイケメンだったの!?とびっくり
車をなぎ倒しぶっ続けで走りまくるシーンは笑っちゃうぐらい爽快感しかないです
デニスホッパーの体力よ…!

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

-

マギーの成長とか、姉妹愛とか、最後の詩を朗読するシーンは泣けたなぁ
あんな風な元気なおじいちゃんおばあちゃんハウスに住みたいなって心から思うぐらい、すてきでかわいくてユニークな人生の先輩たちでした

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

ピエロとともに叫ぶ自分…恐怖…
唯一の癒しはメガネボーイの足らず口と、でぶちん。
こわすぎ。

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

-

ヒュージャックマンのかっこよさがはんぱでない。どうしてこんな真摯的な演技ができるのか!飛び降りれるぐらい、いつのまに愛してたのってかんじだけど、ハッピーエンドだから良し

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

-

とっても爽やかな友情物語
自然のなかで自由気まま、でもみんなそれぞれなんとなく一皮向けた感じ
また夏にみよう

カラスの親指(2012年製作の映画)

-

最後にスッキリ回収されました
カラスと、親指。あったかいお話

TAXi ダイヤモンド・ミッション(2018年製作の映画)

-

こんなコメディーでしたっけ!?てぐらいコメディー。主人公の見た目といい、姉といい、音楽が被ってたのもあって、ワイスピ感がひしひしと…ちょいちょいクスクス笑えます

アクアマン(2018年製作の映画)

-

すっごい期待してたからかわからないけど、なんか長く感じてしまった!なんだかあっけなかったような…
でも、映像はとってもキレイ。アーサーの肉体美もすてき。

スクランブル(2017年製作の映画)

-

ワイスピの脚本家なだけあって、ワイスピ感満載
裏の裏をかいていって最後はスッキリします!
旧車がかっちょいい

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

アリーへ送った歌は、愛しさに溢れてて思わず涙がこぼれました。
ジャックの繊細さゆえの、みるみるうちに崩れていくさまは流石の演技力と思いながら、苦しさが伝わってきます

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

-

どっちがギャングなのかわからなくなるぐらい、無謀な警察たちの作戦
すこしピリッと笑えたりするけど、基本的に殺しかたがひどい…
でも、みんな渋くてクールでした。
百発百中のおじいちゃんかっこよすぎたなぁ

12人のパパ(2003年製作の映画)

-

こりゃ大変!な家族だけど、最高すぎる両親でほっこりあたたまるお話。
双子ちゃんがメイキングですらかわいすぎて。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

フェーズのラストにふさわしい集大成なストーリー。前作のラストが、愕然としたものだったから、今作のオープニングからもどんよりとした雰囲気だったけど、クライマックスは映画館で立ち上がって叫びたくなるぐらい>>続きを読む

ふたりにクギづけ(2003年製作の映画)

-

なんとかわいらしい兄弟!
お互いを思いやる上での選択、愛が溢れてました

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

-

ほぼ犯罪なのではと思う、はちゃめちゃな警察2人。グロテスクでもシリアスなシーンでも流れるポップな選曲と、口の悪さがエンドレス

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年製作の映画)

-

ミュウツー無敵すぎん!?て思った
しかもポケモンたちの涙につられて泣けるという。最高にミュウツーかっこよくて、けっこう深く考えさせられるストーリー
evolutionが上映されるとは…!みなければ…!

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

-

めちゃくちゃなみんなでだけど最後はきれいに収集ついた?からいいのかな??
また見たいとは思わないけど、クリスマスの街並みも食卓もツリーもキラキラできれい🎄

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

-

ウォレスとシャントリーの会話のテンポの良さ。根っからのイイ人だな~~
ハリーポッターのときも思ったけど、ダニエルの背の低さがいとおしくなりました

ダイバージェントNEO(2015年製作の映画)

-

メイズランナー感だけど、ショートヘアにしたとたん強さみなぎる女性になって、かっこよかった。

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

-

もう笑えてしまう最高な先生です!
もはや暴力で訴えられないのかって思うシーンもありましたがもはや何でもあり

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

-

チャーリー坊やがんばれ!!と応援したくなります。
決心を決めて頑張り始めるみんなはかっこいいし、愛らしくてたまらない。
ローラがほんっとに美しかった!

旅するジーンズと19歳の旅立ち(2008年製作の映画)

-

やはり心温まるぅ~~
ギリシャカップルが今回もかわいいです。イアンがヒースレジャーにしか見えなかったけど調べたら全然別人だったのが驚き。自分の居場所は…とか考える年齢になった四人の絆が見所。
前作もそ
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

-

雰囲気がハンガーゲーム。
あれ、この兄妹…!とついつい思ってしまった
ただただフォーがかっこいい。どうなってしまうのか…

29歳からの恋とセックス(2012年製作の映画)

-

新しくなれないヒールをはいて、新しくお花も買って、あたらしい自分だけど転んじゃう辺り最高。何でも話しちゃう両親との関係が素敵!
やけくそシーン大好き

旅するジーンズと16歳の夏(2005年製作の映画)

-

こんなに号泣するとは予想外!それぞれの思春期があって、友情とか家族愛とか、ほろりとしました。ブレイクのかわいさと色気は既にあります!!ギリシャの二人がきゅんとして好き

ラスト5イヤーズ(2014年製作の映画)

-

ほとんどしゃべらずミュージカル!
何があっても愛して励まし続けるジェレミーの根性がすごい。結局はすれ違ってしまうわけだけど、よくぞ歌でこんなにも感情を込められるなってくらい、歌がお上手

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

-

この時期のぼさぼさ頭+丸ぶち眼鏡のヒューグラントはほんとにかわいい。こういう一縄でいかない女性が魅力的なのかもしれないけど、ただキープしているようにしか見えず。あまり好きになれなかった映画です…でも、>>続きを読む

>|