おんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

おんちゃん

おんちゃん

洋画と邦画両方見ますが
洋画の方が見る機会が多いかもです。笑
色んな体験が出来るので映画が大好きです!!
シリーズ物にハマりやすい傾向
4.0を越えたら時間を気にせず楽しめた
作品の基準かなと思います!

映画(151)
ドラマ(3)

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.6

1946年、小説家である“太宰治”(小栗旬)は
新たな作品を書き上げる為に
太宰に手紙を送ってきた“太田静子”(沢尻エリカ)と不倫関係に発展し、その彼女の日記を参考に
太宰と静子の関係を書き上げた「斜
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

5.0

大手ソフトウェア会社のプログラマーとして
働く一方、天才ハッカーとして暗躍している
“トーマス・アンダーソン”(キアヌ・リーブス)。
裏の名前はネオとして活動している。
そんな彼に謎のメッセージが届く
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.4

“堅書直実”(北村匠海)は物事を決断するのが
苦手で、そのせいか友達もほとんどいない。
唯一、本だけが自分の拠り所であった。
ある日、図書館で本を借りて帰る際に
空が赤いオーロラで包まれ、そこから
>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

3.5

ギリシア軍を率いていたアテネの将軍
“テミストクレス”(サリバン・ステイプルトン)は
ペルシア国の敵将ダレイオスを射抜く。
しかし、そのことでダレイオスの息子である
“クセルクセス”(ロドリゴ・サント
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.6

スパルタの男達は産まれてすぐに
戦士として有能か否か見定められ、
選ばれた子供のみ生かされ鍛え上げられる
戦士の国であり、その中の王である
“レオニダス”(ジェラルド・バトラー)は、
大国であるペルシ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.9

学校帰りの放課後、いつも決まった川べりで
高校生の“内海想”(池松壮亮)と
“瀬戸小吉”(菅田将暉)は、毎日たわいもない
話をしながら過ごしています。
性格も境遇も全く違う2人だが、どこか
信頼関係を
>>続きを読む

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

4.0

大学生の“瀬川誠人”(玉木宏)は腹部の病気で
長年、塗り薬を患部に塗っており、
その薬が臭いと考えている誠人は
人と付き合うことを避けて生きてきました。
大学の入学式当日、誠人は大学の近くの
信号の無
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.6

子供の頃、歌うことが大好きでバレエを
習っていたこともありダンスも得意であった
“鈴木静香”(三吉彩花)は小学校恒例の
ミュージカルの主役を務める。
しかし、本番に緊張の余りステージ上で
嘔吐をしてし
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.6

全てのポケモンの「はじまり」と呼ばれる
幻のポケモン“ミュウ”(山寺宏一)。
ある時、1人の研究者がミュウの化石を発見し
それを元にその研究者達はこの世で最強の
ポケモンを作ろうと試みる。
その結果、
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

“フォレスト・ガンプ”(トム・ハンクス)は
他の子供達より知能が低く、
背骨の形の関係で足が思うように動かず
その為、学校ではいじめの標的でした。
その度に母親の“ミセス・ガンプ”
(サリー・フィール
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

ウイルス兵器の取引現場にM16のエージェント
“ハッティ・ショウ”(ヴァネッサ・カービー)が
所属する部隊と共に世界の半分を滅ぼせる
ウイルスを回収する作戦を実行した。
作戦は成功したかに見えたが、そ
>>続きを読む

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009年製作の映画)

3.7

話のあらすじは、ハリウッド版の
ドラゴンタトゥーの女と一緒なので今回は
あらすじは省きます。
しかし、こちらの映画の方が上映時間が
長いのもあるのか説明が分かりやすかった!
登場人物を紹介する時にしっ
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.8

雑誌記者の“ミカエル・ブルムクヴィスト”
(ダニエル・クレイグ)は汚職事件を告発する
記事を書き、それを名誉毀損で訴えられ
その裁判に敗訴。巨額の賠償金を払うことに。
会社にも多大なダメージを与えてし
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.3

日本と欧米諸国の戦争が激化しだし
日本政府は新たな軍備拡大を検討していた。
海軍では新型戦艦建造計画会議が行われ、
時代の変化を感じ取っていた海軍少将
“山本五十六”(舘ひろし)はこれからの戦争は
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

主人公、“ローレン・ブロートン”
(シャーリーズ・セロン)は諜報部M16に
所属する各分野においてもトップレベルの
スキルを持っている有能なスパイであり、
ローレンは冷戦末期のベルリンにおいて、
同じ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

田舎に住む高校1年生の“森嶋帆高”(醍醐虎汰朗)は、自分の住んでる環境だったり、
人間関係に嫌気をさして1人突発的に
東京に家出をしてくる。
そこで行くあてのない帆高は東京に来る際に
出会った“須賀圭
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

ワーカーホリックであり、凄腕のロビイストの
“エリザベス・スローン”(ジェシカ・チェステイン)は、自分が務めている会社が銃規制法案反対派の要請を受け、その担当としてエリザベスが
任命されたのだが、その
>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

3.5

“フランク・マーティン”(ジェイソン・ステイサム)は、元々プロの運び屋として数々の
依頼をこなしてきた。
その運び屋から足を洗う為、連邦麻薬対策
委員長の“ジェファーソン・ビリングス”の
息子の通学の
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

レティとドミニクはキューバにおいて
2人で幸せに暮らしていた。
しかし、そこに“サイファー”(シャリーズ・セロン)がドミニクに対しファミリーを裏切り
自分に味方をするようにと携帯を見せながら
依頼する
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.0

第二次世界大戦後、アメリカでは
原爆投下後に出現するようになった謎の生物の
調査や研究をする「モナーク計画」を進める。
1999年、フィリピンで巨大な卵が見つかり、
2つのうち1つは孵化していた。
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.2

前作、ドミニク達の敵として現れた
“ボス・オーウェン”の兄である
“デッカード・ショウ”(ジェイソン・ステイサム)が意識不明の弟の復讐を決意する。
そこからハンやホブス捜査官が襲われる。
その後ドミニ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

5.0

前作の「エンドゲーム」でのサノスとの
全世界規模の戦争に勝利したが
その代償としてアイアンマンである
“トニースターク”が亡くなってしまう。
その後、アベンジャーズの1人であり
スパイダーマンの名でヒ
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.4

主人公の“オオバカナコ”(玉城ティナ)は
ある日出来心で怪しいバイトに応募する。
そこから生活は一変。
殺し屋専門のダイナーにウェイトレスとして
店のオーナーである“ボンベロ”(藤原竜也)に
売られ、
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.3

前作のアポカリプスとの一戦もあり、
これまで以上にミュータントの社会的地位は
高まり前までの時間軸と違い、
迫害されるミュータントはいなくなった。
そんなある日、宇宙飛行士を乗せた宇宙船が
トラブルに
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.9

2024年、元々驚異的な治癒能力を持つ
ローガンは日々治癒能力を失っていた。
友人でもあるプロフェッサーXも
アルツハイマーを患い記憶を失ってきており
自分の能力を制御出来ずにいた。
その為、人目から
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.7

最初のミュータントとして誕生した
“アポカリプス”(オスカー・アイザック)は
強大な力を持ち人々から崇拝され、
古代エジプトを支配する立場にあった。
しかし、彼に反感を持っている者達により
ピラミッド
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.8

センチネルというミュータントを標的とした
ロボットが多くのミュータントを虐殺してる
近未来から話は始まり、生き残りは
僅かの状況にまで追い込まれていた…
そこで“プロフェッサーX”がリーダーである
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.5

1945年、長崎に原爆が投下された。
その際、多くの日本人兵が切腹していく中
その場に居合わせたローガンは、
“矢志田市朗”(山村憲之介)という1人の兵を救う。
そして現代に戻り、ローガンはまだジーン
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.7

1944年、“シュミット”(ケビン・ベーコン)は
エリックという少年の中に大きな力が
宿っていることを見つけ、エリックの母親を
目の前で殺すことで能力を完全に開花させる。
同時期、テレパシー能力を持つ
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.4

19世紀半ば、当時子供であった“ローガン”は、
目の前で父親を殺され、そのショックで
ミュータントの力を覚醒させる。
そして父親を殺した犯人を手から生えた
骨の鉤爪によって刺し殺す。
しかし、その犯人
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.1

小学生の頃、お互い転校生として
同じ学校に転校してきて、自然とどこか
惹かれていった貴樹(水橋研二)と明里(篠原好美)
そんな2人であったが小学校卒業と同時に
東京と栃木と別々に別れてしまう。
中学に
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.6

1人の少年がある日、自分の背中に羽が生え
それを刃物で取ろうと泣きながら
もがいている姿を大富豪である彼の父親が
目の当たりにする。
場面は変わり、学園では“ジーン”を失った
“サイクロプス”(ジェー
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.6

ある日、アメリカ大統領官邸である
ホワイトハウスにミュータントである
“ナイトクローラー”(アラン・カミング)が
襲撃する事件が発生する。
それを知ったプロフェッサーXは、仲間の
“ジーン”(ファムケ
>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.5

人類が突然変異を起こし、
それぞれ特殊能力を持つミュータントという
存在が人類の中に誕生した。
ミュータントは差別の対象として
人間社会から迫害された存在になっている。
その社会情勢の中、人類とミュー
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

標的を6秒以内に仕留めると闇社会で
伝説の殺し屋として有名な
“ファブル”(岡田准一)は、ある日相棒の
“佐藤ヨウコ”(木村文乃)と一緒に
1年間、殺し屋として休業して一般人として
普通の生活をしろと
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.4

闇金会社であるカウカウファイナンスの
社長である“丑嶋馨”(山田孝之)。
この会社は10日で5割という法外的に
高い金利で闇金業を営んでいる。
その中の1人である母親の借金の利息を払う
“鈴木未來”(
>>続きを読む