rollinさんの映画レビュー・感想・評価

rollin

rollin

映画(436)
ドラマ(31)

透明人間(1933年製作の映画)

4.2

〝透明化が人をアカンようにするのではなく、その人が元々アカン人だということを透明化が暴く🕶〟

という訳で透明人間映画のルーツ&レジェンド作品でござります。
冒頭、雪深い村の宿屋に現れるタイラントの如
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

1.1

少年野球の試合でセンターを守ってる時に、あまりにボールが飛んで来なさすぎて禅のマインドに触れたのが僕の幽体離脱初体験なんだけど、あの時と同じくらいの飛距離出たんちゃうか。測定不能。

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.5

少年野球の試合でセンターを守ってる時に、あまりにボールが飛んで来なさすぎて禅のマインドに触れたのが僕の幽体離脱初体験なんだけど、あの時と同じくらいの飛距離出たんちゃうか。測定不能。

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.4

フリッツ・ホンカは静かに暮らせない

同じシリアル・キラー科に属しながら、吉良吉影とは真逆の暮らしをしている世界一無様な殺人鬼フリッツ・ホンカの熟女マニアックプレイ集。

テッド・バンディをはじめ、近
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.6

博士の異常な愛情Ver.3.0

『アップグレード』のリー・ワネル監督による透明人間映画の最新アップグレード版。テクノロジーと悪意の融合がもたらす恐怖という意味では、前作以上に監督の技量を発揮出来る格
>>続きを読む

死霊の盆踊り(1965年製作の映画)

1.1

魔界OPPAI図鑑

世にも奇妙な白タモリa.k.a.アメージング・クリズウェルが映画なのにカンペをチラ見してる冒頭の時点で最高なエド・ウッド脚本作品でございます。

映画とは何なのか?脚本とは何なの
>>続きを読む

劇場版 おいしい給食 Final Battle(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

🥪おいしい給食ほんとすき!🍜

当たり前のこと書きますけど、これはまさに劇場版って感じの力の入り様ですね!一給入魂な市川隼人のテンションも物語のエモーションも超パワーアップしていて、隼人1人でヘヴィ・
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

3.4

♨️放課後ゲロタイム🍛

20XX年——。
あれは今年のまだ肌寒い時期。
他の作品を観るため某シネマートに行ったんですけど、そこで私が目にしたのは、この映画目当てのおいたわしいヒャッハー軍団が、世紀末
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

3.6

【天破活殺】(てんはかっさつ)
北斗神拳の奥義。指先から闘気を放ち、離れた相手の秘孔を触れずして突く。(wikiより)

先週は観ると死ぬ映画を観て、今週は名前を知ると死ぬ映画を観ています!生きてるよ
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

4.2

VINLAND SAGA

バイキングかぶれな白人サイコー団・ヴィンランダーズの男が改心し、タトゥーを除去する物語に感じた既視感の元を辿ってみると、こりゃまんまウォーボーイズの暮らしだった。何て日だ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.1

天翔龍蹴(あまかけるりゅうのドロップキック)

義侠・田中一家としてTVシリーズ化希望!まるでトチ狂ったジュリーをぶっ◯す勢いで『大阪物語』のオカンそのまんまな田中裕子と、ばちくそエモいキャスティング
>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

4.5

凶器に満ちた世界

ダルデンヌ兄弟がナポレオン・ダイナマイトを撮ったらこう。前作の問題意識をさらに突き詰め、ムリスムTHUGライフ真っ只中の全力少年を主人公にチョイスした時点で勝ち確。

とにかくイデ
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.6

ちょっとこの邦題付けたヤツ出て来いよ!ふざけんなよ!( ᵒ̴̶̷᷄ρᵒ̴̶̷᷅╬)
何でこんなバカげたタイトル付けられんだよ!『否定と肯定』に匹敵する愚かな邦題だよ!どっちかというと『白い司法』だろー
>>続きを読む

アントラム 史上最も呪われた映画(2018年製作の映画)

2.9

生きてるよ!
(映画『プロメア』にて、直上射出され火事場に落下したマトイから生存報告をするガロ・ティモスのトーンで)

観た人を絶対に殺す映画VSおれ!
仮に自分がこの映画を観て命を落としたとして、
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.5

THE
HATE
WE
GIVE

至高の短編。
恐ろしいのは、これが2年も前に公開されているにも関わらず、レイシズムがヘビロテしてるアメリカの現状。2003年には既にアメヒスが、2020年にはTHU
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

5.0

泣いて‥ないし!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

あか姉最高。しんの最高。吉沢亮最高。吉岡里帆最高。あいみょん最高。あか姉最高。

最初はものすんごいアクロバチックな設定に感じた“13年前のしんの”の登場も
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.2

エクストリーム・オナニーの求道者によるエクストリーム・オナニー映画。ほぼ『ウインド・リバー』と同じ始まり方。なのに‥

最初の方は「この中に紛れて僕が変な踊りしてても分からんのちゃうかwキャッキャ😄」
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.2

コーヒー味だと思って2時間近く噛んでたガムがウンコだった。目的も聞かされないまま2時間近く掘った穴を埋めろと言われた。

まあ良くも悪くもジャームッシュが撮ったゾンビ映画って感じで、これ以上のエンタメ
>>続きを読む

ぼくらの7日間戦争(2019年製作の映画)

1.5

ぼくらの七日間戦争やってみた

15年近く前に細田守がやった革新的換骨奪胎アプローチを、ほぼ水のカルピスくらい薄い仕上がりでお届けする何匹目かのドジョウ作品。

主要キャラクターは、フリー素材から引っ
>>続きを読む

KIN/キン(2018年製作の映画)

3.3

時は動き出す‥‥

これはもうジョジョですね!
バルト9で広告を見て気になっていた作品が早くもレンタル開始されてました。

冒頭の空撮や格子状に切り取られた工業施設のグラフィカルなカットに胸が踊るもの
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.9

Hail 2 U!(君に幸あれ!)

その墓地に埋めれば、死んだ動物が蘇える‥。ただし、凶暴になって‥。という訳で、これはジョジョですね!

とにかく前作を超越する情け容赦のないゴアグロ描写がマジPS
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

4.5

ヴォーレのばかっ!もう知らない!!
。゚(゚´ω`゚)゚。

『ぼくのエリ』と同じ原作者/脚本家作品ってなワケで期待してたけど、またしてもエクストリーム・ジブリな傑作でした!

主人公ティーナの個性的
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

4.2

地に足をつけては生きられない男。

地表に充満し上昇する有毒ガスから逃れるため、ビルとビルの間を駆け登る ———
そのアイデアだけでも面白い映画なんだけど、本作のさらに優れた点は、主人公ヨンナムを筆頭
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

おっさんず&パンツァー

連邦の白い悪魔が孤軍奮闘する=実質ガンダムなので、早くもこの映画の面白さが証明されてしまいました。さらに本作の斬新な点は、そこから0083、08小隊といったOVA作品群へ転調
>>続きを読む

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

5.0

きみに読むキャプテン・アメリカの物語

もうタイトルの時点で満点なんですけど、内容も大大大好物の個人的傑作でした。B級トンデモ映画という色眼鏡をかける前に、是非裸眼で確かめて欲しい作品。

「ヒトラー
>>続きを読む

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

4.1

RAINBOW SIXであり、GHOST RECON/SNIPER POINTであり、DIVISION '76。

つまり本作にはトム・クランシー系神シューターゲームの旨味が余すところなく凝縮されてい
>>続きを読む

真夜中の虹(1988年製作の映画)

5.0

つまり何が言いたいかというと、この先どんなに映像技術が進歩して凄い映画が生まれようとも、『真夜中の虹』はずっと最高であるということ。

人生のどん底に転がり落ちた男、カスリネンの物語は、ケン・ローチ監
>>続きを読む

コントラクト・キラー(1990年製作の映画)

4.2

絶望のかなた

リストラされ、将来を悲観した主人公アンリは、殺し屋に自分自身の殺害を依頼する。しかしそんな矢先、彼は薔薇売りの女性マーガレットに恋をしてしまうのでした。

口下手なカウリスマキ監督によ
>>続きを読む

ラスト・シューティスト(1976年製作の映画)

4.2

許されざるグラン・トリノ者

ハリウッド製西部劇を象徴する男の偉大なるフィルモグラフィに手向けられた、あまりに幸福でロマンチックな遺作。
ジェームス・ステュアートによって末期ガンを宣告されたジョン・ウ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.6

松岡茉優が2時間かけてブルゾンちえみ完全体へと進化する様子をブルゾンちえみ本体が見守る映画。

もはやNARUTOの中忍選抜試験並みに天才図鑑なピアノコンクールで逆に退屈なんだけど、そこへ更なるチート
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

5.0

ツタヤさんのセルフレジで借りてカギを外し忘れました!\(^o^)/

設定が面白そうで気になります!

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

5.0

ツタヤさんのセルフレジで借りてカギを外し忘れました!\(^o^)/

横浜流星って名前カッコいい!飯豊まりえかわいい!タイトルの意味が気になります!

楽園(2019年製作の映画)

5.0

ツタヤさんのセルフレジで借りてカギを外し忘れました!\(^o^)/

青雲みたいなキャッチコピー、楽園というタイトルが気になります!

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.1

くだらないの中に

ヒャッハー!シリーズのフィリップ・ラショー作品ということで、もはや安心しながら観ていられました。懲りずに漫画実写化を画策している邦画界の妖怪たちは、今作のアティチュードを参考にして
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.2

“I AM YOUR NEPHEW”🧟‍♂️🧟‍♀️

NOウェポン&NOダメージ&NOランニングでバイオハザード最速クリア記録を叩き出した伝説の戦い!

うっかりテイラー・スイフトまで好きになりかけ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.0

アタック・ザ・ブロック
(ジャケ詐欺注意報発令中)

トリコロールの真ん中が白色だったのはいつの日か。
かつてレミゼの舞台として描かれた街は、犯罪対策班BAC、団地トライブ、ムスリム同胞団、さらにはサ
>>続きを読む

>|