Sachikaさんの映画レビュー・感想・評価

Sachika

Sachika

映画(380)
ドラマ(0)
アニメ(0)

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

4.0

結婚は?子供は?仕事は?いま幸せ?
この歳になって聞かれる、意味のない質問の羅列。

30歳って大人?こども?
まだ自分の人生の“主人公”にもなれていないから、わかるわけないのに。

人生は選択の連
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.5

セクシー?プラトニック?
貴女はどんな小説がお好み?
アブナイ冒険も、燃えるような恋も、本の中だけだと思っていたけど、真実は世界中に散らばっている。

島の宝探しに巻き込まれる 小説家の冒険に、恋愛要
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

4.2

走って走って、君に追いつきたい、追い越したい。
君に触れたい、君に言いたい事がある。

「ばかね」

君の隣に並びたい、君がいないと何かが足りない。
例え惨めに見えようとも、この気持ちに気づいてほしい
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

4.0

クルド人のアイデンティティ、日本で育ち日本に生きる少女の葛藤。
日本人は優しい。
そして無意識に、あるいは意識的に、自分達とは違うものを傷つける。

「しょうがないよ/しょうがなくないよ!」
サーリャ
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.4

クラクションを鳴らしたが最後、むちむち・サイコパス・ラッセル・クロウにひたすら追われるスリラー。
理不尽、不幸自慢。
もしも未来が暗いままなら、死んだってかまわない。
(その時は道連れだよ♡)

障害
>>続きを読む

君を想い、バスに乗る(2021年製作の映画)

3.8

小さな鞄に大切なものを詰め込んで。
目指すはスコットランドのてっぺんから、イングランドの最果てまで。
心には亡き妻の想いと、美しく、そして悲しい記憶を。
徐々に明かされる、トムの悲願の旅路の秘密。
>>続きを読む

ある日、ローマの別れ(2021年製作の映画)

3.6

「恋人と別れたい」
作家のトンマーゾが匿名で活動する、恋愛相談コラムに寄せられた相談。
長く連れ添った自身の恋人・ゾエとは大きな喧嘩もなく、ずっと順調な関係を保ってきたはずだったが、その"相談"は 明
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

3.8

ポルノで掴むアメリカンドリームはいかが?
若いうちに、美しく撮ってね。

舞台は1979年テキサス。
ポルノ映画の撮影から始まる、予想通りのホラー映画、かと思いきや、途中、その‟思わせぶり”から外れ、
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

10万円はご褒美、貴方は何に使う?
「そのお金は自分のお葬式に使う人も多いんですよ」
なんて台詞が淡々と出てくるスタートに、鳥肌が立つのを感じる。
75歳で死ぬことを選択し、もらった支度金で最後の一日
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

4.2

僕たちは皆嘘つきだから。
血の繋がりもない・家族でもない、チグハグな関係性の中で、当事者・外から見ている人、色んな角度から親子を知り、家族を知り、成長する。
愛とか絆とか、陳腐な言葉では描ききれない
>>続きを読む

内なる檻(2021年製作の映画)

4.0

閉鎖寸前の刑務所で、各所の刑務所へ移送されることが決まっていた受刑者たち。
刑務官たちも安堵していたのも束の間、移送延期により残る事を余儀なくされる。
長期化していく劣悪な環境に苛立つ受刑者に、監視す
>>続きを読む

ディアボリック(2021年製作の映画)

3.6

目出しの革スーツに身を包み、狙った獲物は逃さない。
暗闇に紛れ今宵も宝を盗む、怪盗ディアボリック。
殺しも厭わない 非道な彼の素顔を知る者は、誰一人としていない…彼女を除いては。

イタリア発、人気コ
>>続きを読む

FLEE フリー(2021年製作の映画)

3.6

幸いな事に私たちは 亡命しなくてはという危機に直面したことも無いし、人生を偽る事もなく、誰かを好きでいることも自由だ。
一方で誰にも迷惑をかけずにただ生きる事が難しい人が、世界にどれだけいるのか。
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

ここは何処だ? ここは地球だよ。
地上に降り立つ彼はスーパーマンではないけれど、伝説のパイロットで、私たちに夢も希望も感動も与えてくれる、最高のヒーローだ。
1シーン毎に画面にくぎ付けになる、映画館で
>>続きを読む

スーパーヒーローズ(2021年製作の映画)

3.9

ふたりはスーパーヒーローズ。
その力は離れる程に強くなる、引力みたいにね。
どんなに未知の“敵”がやってきても、2人でなら乗り越えられる 超人能力を持っている。
マルコとアンナ、2人の人生の糸が紡がれ
>>続きを読む

神々の山嶺(2021年製作の映画)

3.8

登山家マロリーのカメラを追い求めるうちに、交差していく 山に取り憑かれた者と、その男に魅入られた者の思い。
ポスターが「究極の冒険ミステリー」を謳っていたから、ミステリー要素?と思っていたけど、マロリ
>>続きを読む

帰らない日曜日(2021年製作の映画)

4.2

最愛の日々に餞を。
初めて彼に触れられた時、その鈍い痛みは苦痛ではなかった。
最後に彼に触れた時、そこには悦びと寂しさが共存していて、どこか苦しかった。
別れ際にポールが口にする “Goodbye”
>>続きを読む

グッバイ・クルエル・ワールド(2022年製作の映画)

3.8

ヤクザの資金洗浄現場での現金強奪事件から始まる、最高にぶっ飛んでいてバイオレンスなジャパニーズノワール。
渋さもクールさもクレイジーなハイテンションも、全部ひっくるめて銃器で血まみれ。
金に踊り踊らさ
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

4.3

この世は諸行無常だ。
弱き者は報われず、強き者に奪われる。
では語り継がれる為には、何を犠牲にすれば良い?
歌おう、舞おう、紡ごう、声なき者の為に。
声の続く限り、音で喧嘩をしよう、名もなき者達の一生
>>続きを読む

小さなからだ(2021年製作の映画)

4.0

一度も呼吸出来ずに死んだ赤子は、永遠に辺獄を彷徨う。
洗礼を受けられないまま死産した娘の為に、母親アガタは、一瞬だけ死人を蘇らせる事の出来る、奇跡の教会を目指す。
原罪と信仰、愛情と嘆願。
美しいの一
>>続きを読む

シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~(2019年製作の映画)

3.8

軍人の妻は大人しくパートナーの無事を祈るだけ?
彼らが国を守り戦っている間、彼女たちは夫の分まで家族を守り、強い心で励ましあう。
たった一つ怖いのは、悪い事を知らせる突然の着信音だけ。
気丈に笑顔で!
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

4.0

宇宙は広い、そして未知だ。
その広い宇宙の、小さな小さな星・地球。
そこに住む弱くて愚かな人類。
我々にできる事は微力だ。
何かあれば神を崇め祈るし、誰かに頼り縋り付く。
日本だけに現れる禍威獣は、街
>>続きを読む

スワンソング(2021年製作の映画)

4.0

日本公開決定!!!

亡くなった親友の死化粧を施す為、元トップメイクアップアーティストが入居中の老人ホームを抜け出し、再び立ち上がる。
タバコを片手に歩くサンダスキーの街並みには、過去の栄光と失くした
>>続きを読む

名付けようのない踊り(2022年製作の映画)

4.2

ゼロから踊りが産まれる瞬間や、無に還る刹那。
例えば踏み締めた足がふり上がり ぱらりと砂が落ちる一瞬や、空を掴む指の間から見えた 細い太陽の光が揺れたその時。
観ている何もかもを逃すまいと、自分の感覚
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.2

赦しと癒し。
恋愛とも友情とも違う、2人の不思議な関係は、私の眼にはとても神聖で尊く見えた。

「文に死ねと言われたら、死のうと思った」
更紗が口にしたその言葉がずっと頭に残っている。
少女誘拐の”
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(2022年製作の映画)

3.8

忍びの里の危機に巻き込まれたしんちゃんと、突如誘拐されたしんちゃんを救う為、立ち上がる野原一家。
忍術を使えない野原一家が使う、何よりも強い「家族を思うパワー」は、当たり前の物でもあるし、彼らにしか使
>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

4.1

男の子のフリをした気持ちは、決して悪戯心ではない。
ロールの葛藤や心の揺らぎを見る度に、嘘がばれません様にと、ただ見守ることしかできない事が苦しかった。
一つの嘘が願いとなり、刃になり、誰かを守る優し
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.8

愛憎渦巻く船上の惨劇。
「愛は盲目」
強い想いは時に人を狂わせ、そして欲望は取り返しのつかない悲劇を生む。
愛は生きる希望にもなるけど、人を殺す理由にもなる。
何が本当に大切な物なのか、誰が本当に大切
>>続きを読む

林檎とポラロイド(2020年製作の映画)

3.9

無くした記憶と、記憶回復プロジェクト。
記憶は自分で消そうとしても消せなくて、”記憶喪失になる奇病が蔓延する世界”というのは、つらいけど、少し便利だとも思った。
無くしたかった記憶、無くせなかった記憶
>>続きを読む

オートクチュール(2021年製作の映画)

3.7

レース、シルク、刺繍、繊細な生地には、繊細な指先で。
Diorのオートクチュール部門を舞台に、お針子の仕事を通して、歳の離れたエステルとジャドの師弟関係と友情を描く。
一流の作品を作るために、捨ててき
>>続きを読む

ナイトメア・アリー(2021年製作の映画)

3.8

「見せて」 「視せて」 「魅せて」
世にも奇妙な獣人や、アッと驚く読心術。
怪しいのはカーニバルの醍醐味。

成り上がりたいという欲望に向かって、手招きする悪夢。
見にきた観客も、視る事を知った男も
>>続きを読む

親愛なる同志たちへ(2020年製作の映画)

3.7

かつてスターリンを信じたリューダは、政府を信じる事こそが正義で、その正義が日常だった。

「不届き者の策略は阻止せよ」
物語は1962年ノヴォチェルカスク虐殺。
彼女もある意味では日常を壊された被害
>>続きを読む

シラノ(2021年製作の映画)

3.8

思いの丈を全て言葉に。
他人のサインを綴った手紙。
「愛してる」なんて陳腐な言葉は要らないの。
欲しいのはウィットに富んだ台詞と、真実の愛だけ。
好きな人にはいつも笑顔でいて欲しい。
その微笑みが、た
>>続きを読む

ストレイ 犬が見た世界(2020年製作の映画)

3.5

野良動物の殺処分ゼロの国トルコ。
そこで人間に寄り添って生きる、犬たちの目線で描いた物語。
堂々と街を闊歩する犬たち。
彼らが見つめる先にあるのは、自分達を養い、守ってくれる人間だけではない。
弱さも
>>続きを読む

マヤの秘密(2020年製作の映画)

3.5

マヤが街なかで見かけた男は、かつて戦時中に自分を陵辱した ドイツ軍の男なのか。
突拍子もない「自分にはこの男だとわかる」という感覚と、秘密にしてきた過去を紐解く形で進んでいく物語に、マヤが狂っているの
>>続きを読む

アフター・エブリシング(2018年製作の映画)

4.0

ある日エリオットはセックス中に痛みを感じ、病院で検査をするとガンが発覚。
一緒に住む親友と楽しく生き、アプリ製作の夢を持っていた日々から、世界が一変する。
ガン発覚と同じ頃、ナンパで出会ったミアに ひ
>>続きを読む

>|