シミステツさんの映画レビュー・感想・評価

シミステツ

シミステツ

映画(737)
ドラマ(7)
アニメ(0)

はちどり(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

受験戦争。父は兄への期待。兄は親の目を盗んでウニに暴力を振るう。陰鬱な日々を送るウニ。

漢文の先生ヨンジ。
知り合いは何人?心が分かるのは何人?

娘が万引きしても警察に引き渡せと言う父。バラす友人
>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

4.5

台詞感が抜けない。しゃべらされてる感じが。
脚本、とくに会話がベタだったりして違和感。演劇ならいいんじゃないかな。

というのが前半30分くらいまでの感想。

そこからの加速がすごい。

漫画だから成
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

世界チャンピオンに登り詰めたアドニス。
プロポーズに緊張するアドニスかわいい。ビアンカはもう耳も聞こえなくなってきてて。シャワー出たての時の言葉は聞こえてなくて。人生を共に歩みたいと。

かつて父アポ
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

アドニスは自身の生まれる前に世界的に有名なボクシングの世界チャンピオンである父・アポロが亡くなっていたため、何も知らない。

アドニスがYouTubeでアポロ対ロッキー戦を観てシャドウボクシングしてた
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

エイドリアンに先立たれ、息子には煙たがられ、孤独に生き、過去の栄光を語る日々。

「過去に生きるな」

ポーリーの言葉は胸を打つ。

エイドリアンの死や息子に敬遠されていることもあり、リトル・マリーの
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「人生にはA面とB面がある。俺はB面お前はA面。」

ドラごとの死闘後引退を考えるロッキー。財産を溶かされ試合で稼ぐしかないように仕向けられる。

ミッキーとの思い出を振り返るロッキー

「生きる目標
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

科学技術を駆使したソ連のボクサー・ドラゴ。
リングを下りれば忘れられる。エキシビジョンマッチをやりたいというアポロ。アポロはソ連対アメリカの威信をかけて闘うもノックアウトされ、死んでしまう。

アポロ
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ロッキーVSクラバー。
ミッキーがいない不安とともにあえなく破れるロッキー。ミッキーの死に打ちひしがれる中、かつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りを上げる。あの時の虎のような目をもう一度。

「明
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

再戦を望むアポロ。
一方再戦はしない、引退だと言うロッキー。

病院での

「全力を尽くしたか?」
「ああ」

と言う会話よかった。
メディアに向けての発信とは裏腹に誰よりもロッキーを認めている、恐れ
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

しがないボクサーをしながら借金の取り立て屋で生計を立てるロッキー。自分のロッカーも売り出し中の選手に取って替えられる始末。そんな中、世界ヘビー級チャンピオンのアポロの対戦相手グリーンの負傷によって試合>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム戦争の悪夢が消えないランボー。古い友人のマリアと孫娘ガブリエラと共に暮らすもガブリエラがメキシコの人身売買組織に拉致される。
ランボーの取調べが巧みかつ凄みがある。ランボーが組織にボコボコにさ
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.2

地雷仕掛けるところエグい。威力凄まじい。背後にいて首斬ってマシンガンぶっ放して、終盤はもう悪夢。残酷すぎて冷や汗出た。

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

トラウトマン大佐がソ連軍に捕まり救出を試みるランボー。アフガンVSソ連。騎馬に対するはヘリからの爆撃。圧倒的戦力差をもかいくぐりランボーたちは果たして勝つことができるのか?というところが見どころ。とい>>続きを読む

ぜんぶ、ボクのせい(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

児童施設で母の迎えを待ちながら暮らす優太はある日施設を抜け出し母親に会いに行く。ホームレスの坂本や同じ寂しさを抱える詩織との邂逅を通して自分の居場所を見つけ感じる。

男に依存に自堕落に暮らす母は再会
>>続きを読む

僕らの先にある道(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

成功を夢見て北京で暮らしたい。
北京に食らいついて故郷に錦を飾りたい。
夢と現実の葛藤。

上底の靴を履く彼女。家柄や学歴で彼氏を選んだもうまくいかず。彼の家に泊まり込んで、身体の関係もなく、セックス
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

医学の道を断ち、人間の内面、精神の世界へ。その後写真家を志す。恋人アクセルの子どもの話はウンザリ。

「もうすぐ30歳だ。子どもがいてもいい」

ネタを思い付くと机に張り付いて暇になると子どもの話をす
>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

服役中のランボーは釈放と引き換えにベトナム戦争で行方不明になった米兵を捜し出す。写真を撮るだけで交戦は禁止されていた。帰還兵が抱える静かな戦争、自らを消耗品だとして認識している様は訴えかけるものがある>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

仲間の死に絶望の最中、保安官に目をつけられて不当逮捕されるランボー。
めちゃくちゃ追ってくるじゃんっていうのもありつつ、崖からもみの木に落ちるシーン、腕にできた傷口がリアルで痛々しい。ランボーがグリー
>>続きを読む

東京オアシス(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「こんなにレタスの段ボール積んだ人に悪い人はいませんよ」
車の中での会話劇。目的地も分からない、映画の撮影から抜け出してきたとか真偽が一向に的を射ない。学校の食堂できつねうどんを食べる。元バレーボール
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

グリコ・森永事件がモデルの映画。
タイトル出てくるタイミング完璧。
父の遺品の古いカセットテープを聞くと未解決事件の身代金受け渡しに使われていた脅迫テープと同じ自分の声が。
阿久津と曽根それぞれがそれ
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者が集まる若松プロダクション。女性の助監督をやりたいと扉を叩くも助監督はなんでもやる役回り。若松プロも商業と撮りたい映画のジレンマ。何を表現したいのか、何者>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

日本的議会的お作法的決定、総理レクは結論ありき、官僚からのメモを読み上げるだけの閣僚、空気を読み忖度、誰の何の通達かか分からないと動けない、憲法の解釈、どこの所轄で対処できるかの照合、日本の意思決定っ>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

どうしたらいいのかわからない。そんな時ほど、神頼みしてしまうのが人間の常だと思うし、救われた側からしたら自分たちの信念に入り込むなよって話になると思うし。それでも周りから見たら変に思ったり不審に思った>>続きを読む

夏の妹(1972年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

もう50年以上も前の映画なんだね。台詞回しとか「な〜んだ」ってちぇってやる仕草とか演技全般が当時感満載。

沖縄で突然の手紙が届いて、運命を感じるというプロットは甘酸っぱい青春系。しかしもう一段あって
>>続きを読む

ヴァージン(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『くちばっか』3.4

初めてセックスしたのいつ?って親に聞ける子もすごいし答える親もすごい。夢だったけど。こたつで足いちゃつかせるのあるある。時計のプレゼントからキスするところとかじゃんけんで負けた
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

毎朝目覚めると違う自分、違う顔。恋に落ちるのは顔なのか中身なのかという分かりやすいテーマ。設定が完全ファンタジーなのに感情移入できるのも、発覚当時に母が病院ではなく家に連れて帰ってくれたことだったり、>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「チェロってさ、人間の声に一番近いんだって」
恋愛が何なのか分からないし、人を好きになるって感情が湧かない佳純。母親からは結婚のプレッシャー。お見合いで同じ価値観を持った男性とせっかく仲良くなれたと思
>>続きを読む

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(2022年製作の映画)

4.3

“adapt”すること。
その土地の環境や人、しきたりに順応すること。敬意を表すること。
のけ者とされても変だと言われてもその人の輝ける道はある。
海の道は始まりも終わりもない。内も外もない、与え、奪
>>続きを読む

月の満ち欠け(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

生まれ変わっても命は続く。
転生、生まれ変わりの前提で観れば全体的によかったし、終盤の梢のビデオシーンはうるっと来た。

瑠璃(有村架純)の想い出を紡ぐ中で、小山内家の瑠璃の大人びた言動が一つひとつ回
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アベマリアの音楽と息遣い。邸宅を覗くカメラアングルから始まるの面白い。空気感を作るのが本作は巧みで洗練されている印象。

両親が殺害されて丸20年、市長が自宅で殺害される。権力者をターゲットにした連続
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスショップで働くケイトは店の外で空を見上げていた青年トムが気になり、彼の元に行くと鳥のフンを落とされ、それをきっかけに知り合うことに。

お互いにタイプじゃない二人。トムは上を見上げて今まで気
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「ワレメがあるじゃないか」は笑った。
トランスジェンダーのシン・ディが浮気相手を血眼になって探すのすごいし、タクシードライバーのラズミックもゲイで女性の娼婦が来て怒って帰したり。

シン・ディは浮気の
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ウォール街の大富豪ジャックがある日目覚めると13年前に別れた元恋人ケイトと家族の世界線になっていた。2人の子どもと平凡な生活。

「パパじゃないでしょ?本当のパパはどこ?」

ジャックの振る舞いを見て
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「希望は車のキーだ」
すぐ失くすけど見つかるしそばにある。

スーパーマン亡き世界。
ワンダーウーマン、アクアマン、超速のフラッシュ、サイボーグなどが集うのワクワク。そして復活したスーパーマン強すぎる
>>続きを読む

夜、鳥たちが啼く(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

嫉妬深い小説家慎一、バツイチ子持ちの裕子。
慎一は彼女を先輩にとられ、裕子はその先輩の元妻。お互い「捨てられ」た側の人間の一夜の逢瀬。慰めであり紛らわしであり、現実逃避であり。

慎一は嫉妬深いのも自
>>続きを読む

ハッピーニューイヤー(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

韓国版『ラブ・アクチュアリー』って感じの映画。コメディ要素も多く、登場人物それぞれのキャラもよく描かれててニヤニヤしながら応援しながら観れた。

15年間ずっと告白をためらってる関係性でプロポーズが失
>>続きを読む

>|