シミステツさんの映画レビュー・感想・評価

シミステツ

シミステツ

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コロナ禍の鬱屈とした世相をイナズマのように一閃する物語。全体を「プロローグ」「チャプター1・酒」「チャプター2・愛」「チャプター3・カメラ」、「チャプター4・家族」「チャプター5・お金」「チャプター6>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

3.3

19世紀アメリカを舞台にした西部劇。
かつて悪名で名を馳せたものの、静かに隠遁生活を送るガンマン・マーニー。ある日若いガンマンから彼のもとに賞金稼ぎの話が持ちかけられる。

「相棒にならねえか?」
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

膨萩椋美ってめっちゃいい名前。
吸ケツ鬼によっておバカになった風間くんを救うため、謎の怪事件を解明していく。
“33”の謎解き。33代目番長、ろろさん。さまざまな疑わしい人たち。
マサオくんが不良にな
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

3.5

おとなののび太が酷すぎる。頼むぜってなる。
商品設計ミスもご都合的。原作に沿った部分はすべからく素晴らしい。ジャイアンとスネ夫はいい奴。入れ替えロープ、精子みたいって思っちゃって敗北。のび太のスピーチ
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

災害で息子・良とはぐれた美奈子。離ればなれになった息子を捜すもそこは”自分のいない世界”。ほどなくして数少ない”仲間”と出会う美奈子。そこは現世に未練がある人たちが集まる場所。月に一度、新月の夜に死者>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.5

漫談芸人のアルビーとクラブ歌手のアニーの出会いから別れまで。クラブで散々だった帰り道、キスで緊張もほぐれる、消化もよくなるっていうのいいな。嫉妬深く性欲強めのアルビー。乗らないアニー。週3回のセックス>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.5

息子が母の車の運転を心配して黒人の運転手・ホークを雇う。最初は頑なに拒んでいたデイジー。気難しい頑固な老人が次第に心を通わせていくヒューマン系は好きだし元祖的な王道。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.5

スペースシャトルでのミッション中、無重力空間に放り出された宇宙飛行士のストーンとコワルスキーが地球への生還、生存をかけてサバイバルするSF大作。

圧倒的な映像美、これは完全に映画館向きの映画。場面転
>>続きを読む

スリーパーズ(1996年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マンハッタンの仲良し4人組は悪ふざけが大好き。尼僧の拍子木(起立の合図になるもの)を盗んで立ったり座ったりさせるイタズラをしたり、女子の着替えをのぞき見したり、退屈しのぎのように悪ふざけにひたっていた>>続きを読む

少年(1969年製作の映画)

3.8

当たり屋をしながら全国を縦断する家族の物語。
貧困家庭の暮らしに焦点を当て『万引き家族』に通ずるものも感じる。
傷痍軍人の父、後妻の母という家庭の少年はお駄賃の1000円でひとりで旅に出るなど、物怖じ
>>続きを読む

理由なき反抗(1955年製作の映画)

3.5

24歳で早逝したジェームズ・ディーンの名作。
不良集団との決闘。ジュディとの恋。若いってこういうこと。
牛乳瓶で涙拭くシーンよかった。

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

禁酒法時代の1929年シカゴ。棺桶に酒瓶をたんまり詰め込んで輸送するのおもしろい。建前上コーヒーしかないと言ってスコッチコーヒーとカナディアンコーヒーがあると言うグレーさ。「スコッチのデミタス」と頼む>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム戦争下、アメリカ陸軍のウィラード大尉がカンボジア奥地で帝国を築き軍規を無視するカーツ大佐を暗殺する特殊任務を命じられる。

オープニングが勝利すぎる。
「これで終わりだ」の歌とともに燃え上がる
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.7

退廃的で絵画のような美しさ。物語の奥にある水の滴る音など。最後の方の銅像が燃えるシーンの音楽がすごい。

儀式(1971年製作の映画)

3.7

「親戚。結婚式や葬式の時にしか会えない」

満州男という名前。「戦争犯罪人」。
「消毒」、強権的な家父長制、男社会、血縁の入り乱れた親戚社会、兄妹のキス、不気味な冠婚葬祭、変わらない社会への皮肉、戦後
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ゲイの純とBL好きの紗枝。空想と現実。外から見ている景色と、身近に自分ごとになった景色とでは違う。

ゲイだからこそ普通の生活がしたい、結婚して子どもがほしい、というのも分かる。社会に隠れ蓑しなきゃい
>>続きを読む

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.4

ミュンヘン・オリンピックで起きたパレスチナゲリラ。イスラエルの諜報機関モサドはこれに対して報復を仕掛けていく。リーダーのアヴナーはミュンヘン事件に関与した人間を殺す命を受け行動していく。正義と不正義。>>続きを読む

ベルリンのリュミエール(1995年製作の映画)

3.5

映画の前身「シネマトグラフ」が発表される前に「ビオスコープ」なるものがスクラダノウスキー兄弟から発表された。その当時のエピソードを愛娘のナレーションとともにお送りする映画。

ボクシングをするカンガル
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「レモネード飲む?」
自主映画制作で一攫千金を狙う若者たちがやって来たのはテキサスのとある農場。そこで待ち受けていたのは不気味な老夫婦。セックスシーンに潜む視線。終始不穏な空気。
老婆の刺殺エグかった
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

物語は佳道、夏月、啓喜、八重子、それぞれの視点で進む。佳道の水中の澱んだこもった音や、夏月の水のしたたる澄んだ水音と不安定な内面のギャップの調べは人物を描く導入としてとても象徴的で、夏月はまるでミレー>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

「あの日」から9年後。セリーヌとの出会い、「あの日」の出来事を本にすることで記憶から記録、物語へと美化されていったジェシー。セリーヌは祖母の葬儀で12月16日に行けなかったという。環境保護など意識の高>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ユーロトレインで偶然出会ったジェシーとセリーヌのふたり。
生きていることの輝き、死への恐れ。心の通い合い。ウィーンに降り立っての散歩。レコード店で試聴するシーンではお互いを想うもどかしさが滲み出ていて
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.3

1時間超えたあたりからレクターの狂気さが出てきておもしろい。最後の方の脳みそパカーングロい。

「君の妻を食べたい」

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.2

偽変態仮面の、私はパンティの外側を顔に密着させている!というのウケる。全体的にくだらなくて好き。スピニングファイヤーしたい。

「お前にパンティを被る資格などないのだ」

俺物語!!(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

情に厚く男子からの人望はあるが、いかつい風貌ゆえ怖がられてしまう日本男児・剛田猛男。
バタフライはクレヨンしんちゃんのみさえを彷彿とさせる。凛子を助け、タイトルバックの出るタイミング完璧。

謎三角関
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

父・総理大臣と、美美子・母・ピアノの対比。帝一が父の期待を背負って海帝高校の生徒会長、その末の総理大臣を目指すにあたって美美子の存在がその対極にある構図が分かりやすい。素朴で純粋な美美子の質問が帝一を>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.7

FBIの訓練生クラリスは連続殺人鬼の捜査に参加。獄中の天才精神科医レクター博士から事件の手がかりを聞き出すために、交換条件として自身の個人情報を差し出すことに。

根本に目を向ける。物事の本質。殺人の
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

巻き戻せないビデオテープ。変声期の紅。中学生最後の合唱コンクール。青春は、輝きは、一度きりで、戻らない。文字通り有り難い、不可逆的でもう戻れない、濃厚な邂逅。

原作に忠実な台詞回しが全体として印象的
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023年製作の映画)

3.8

芭流覇羅VS東卍。
格闘シーン多め、これぞ東京リベンジャーズ。

「んなことのために兄貴を殺したのか?」
覚醒するマイキーがかっこいい。
東卍作ったのは場地なんだよな。

「でもさあ、どんなチームにし
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年製作の映画)

3.5

マイキーの兄・真一郎を殺してしまった一虎、その遺恨。真一郎が高良健吾なのアツいな。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

23世紀感の全くないコーベン、フィフス・エレメントで謎の言語を話す粗野なリー・ルーも最初はめちゃくちゃ野生的で強いのに警察に追われると助けを請い涙するという人間味のあるギャップがあってそれぞれ面白い。>>続きを読む

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

恋人同士の咲太と麻衣。そこに初恋の相手・牧之原翔子がやって来て「大人翔子」と一緒に住むこととなる。「大人翔子」と「中学生翔子」。※アニメを観ていないと展開が早いというか設定が分からない。
心臓移植手術
>>続きを読む

からかい上手の高木さん(2022年製作の映画)

3.9

からかいすぎだろ!(好き)
チョキで勝ちたい。からかわれた回数×3回の腕立てとからかわれ貯金してるの笑う。水中にらめっこの「好き」強い。その年のホタルを一緒に見たら永遠に結ばれるという都市伝説。
夏休
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

心を閉ざした天才青年ウィルと心理学者ショーンの交流を描いた物語。ノーベル賞級、2年かかって解いた数学の問題をサラッと解いた清掃員のウィル、という才能と境遇のギャップ、そして人物の特徴を掴みにして入り込>>続きを読む

破戒(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

穢多非人、被差別部落出身の丑松の、出自にまつまる苦悩と葛藤を描いた、島崎藤村原作の映画。

父からの戒め。それは自らの出自を隠し通せというもの。教師としての人徳、信頼もある丑松の出自が徐々に露わになっ
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

元軍人で妻に先立たれ孤独に暮らす頑固者のコワルスキー。アジア系の移民が近所に越してきたことで、偏屈で石頭な彼の心の有り様、生活が変わっていく。

ベトナム戦争の名残でやってきたというアジア系移民。モン
>>続きを読む

>|