YukiSakaiさんの映画レビュー・感想・評価

YukiSakai

YukiSakai

映画(532)
ドラマ(13)

ティ・マイ 〜希望のベトナム〜(2017年製作の映画)

2.8

ベトナムを舞台にしたスペイン映画
期待しないで観たら、笑いあり涙ありでコメディ映画として必要な要素が詰まってて思ったよりよかった。

Greenland(原題)(2020年製作の映画)

2.8

とくに観なくてもよい世界終わる系作品
直接的な地球滅亡というよりも人間模様がベースに展開していく、最後までだらだらして終わった

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.0

終始しんどい。なぜグレイスはケアマネとして働いているのか。なぜメイソンに打ち明けられず一人で抱え込んでいるのか。抱えているものの重さを一つ一つ解き放っていきながら、苦しみと向き合いながら進行していく物>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

2.9

家庭環境がレジーの人生を大きく変えた描写が強かったね。『ボヘミアン・ラプソディ』とはまた違った伝記もの。イギリスからはスターが良く出るなぁ。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2

ビートルズへのあくなき愛とリスペクトを感じる。観て幸せになれた。
でもそれ以上に、偉大であるより自分であること。誰ににもなれないし、なる必要がない。
今の自分たちに必要なメッセージだった。

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

3.2

日本へのリスペクトを感じる。
時代の転換点に縁があり異国に訪れたアメリカ人が、全く異なる思想と精神に触れるお話。
日本単体でこのクオリティを作り上げられない恥ずかしさも同時に。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.3

手段が目的にならないように。
そもそも論。
頭の良さとは。
その答えがつまった映画。
従来のダンス偏重だったあぁインド映画ね感からは上手く脱却し、かつコミカル要素も残してるバランスの取れた構成だった。

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.0

中々しんどい映画。津波の怖さはえげつない。
生死から何を学ぶかが大切だけど、生きる喜びを再認識できる構成でよかった。それにしても連絡手段ない中で次男と末っ子を置いて行ったのは正気の沙汰じゃない。

Fukushima 50(2019年製作の映画)

2.8

あの時を思い出してまぁまぁしんどかった。
プ映像クオリティは相変わらず邦画って感じ…

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

2.7

安いSF描写感が気になった。
表情も爆撃もリアルじゃない。
日本人俳優の芝居どうにかならんのかな?

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.0

観てるだけで、ほんと疲れる
生々しさがよく描かれてるけど、根っこのインサイトは中々見えなかった
何に苦しんでいるのか

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

2.9

映画館で観るのめっちゃしんどい
脱獄に向かう臨場感を最初から最後まで
ラドクリフおっさんになったなー

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.0

アクションシーンの長回し、カメラワークは圧巻だった。全体的に観やすいし構成も良い。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.2

これほどの長時間の緊迫感は中々ない。船長もクルーもみんなキレッキレ。一般人があそこまでやれない。やれたということはそこに至るまでの想定とシュミレーションの賜物でしかない。海軍もそうだが全員プロだった。

ミスエデュケーション(2017年製作の映画)

2.8

宗教による救済もあるっちゃあるけど、何においてかが重要。作中のケースの場合は解決策がズレてる感。経済だけでなく性のボーダレス化・多様化が浸透してきている現代で起こりそうな話をフォローしている感じ。

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.2

子どもの成長は凄まじい。
多感な時期に巡り巡る出来事は大人になっても忘れない。

いい映画。

オペレーション・フィナーレ(2018年製作の映画)

2.8

戦争犯罪人、とくに大戦下のドイツについては数多くの作品で描かれているけど甲乙つけ難かった。事実を事実のまま残したかったのか。映画として感じさせるものはあまりなかった。なぜNETFLIXはこれを作ったの>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.1

途中のピース集めがなかだるみ感否めなかったけど全体的には面白い構成

オーケストラ!(2009年製作の映画)

2.9

典型的な起承転結作品
観易いし、寝る前に観る映画としてオススメ
音楽は癒し

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

2.7

CGのしょぼさが日本映画の痛い点
内容に足る映像美がなかった

>|