MANAさんの映画レビュー・感想・評価

MANA

MANA

猫好き、本好き、映画好き。
暗め・重ため・引きずりがち系が好み。
設定オタク。生粋の原作原理主義者。

この情熱よ伝われ。

できるだけ添加物のない感情表現に富んだ"感想"(+ "オタクのぼやき")の記録を目指します。
映画好きが増えますように。

いろんな方と素敵な映画の話をしたい。
衝動的にコメントしがち。

ベストムービーは、もっとある。
(10個までだなんて。選べないよぅ)

映画(705)
ドラマ(64)

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「砂糖の一粒までが俺に従う」

蜷川実花作品3作目。圧倒的な色彩美と豪華俳優陣を惜しみなくふんだんに使用し、息を呑むアクションと格好良い台詞のアクセントが効いた"一品"。

中身はあんまりなかったし、
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

I AM VENOM.

体を乗っ取る宇宙の生命体(黒いグニュグニュ)。自らの体内に飼い始めた黒いグニュグニュと対峙する男の映画。

映画の中の科学者って頭いいくせにバカだよな。人間全般に言えるかもし
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.6

新しい彼氏はピザにする。

人生に迷い、自分探しの旅をするジュリアロバーツが食べて食べて歩いて話して食べまくる、そして時々恋に悩んで神に祈る。そんな姿を通して、自分自身との向き合い方と人生について考察
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.8

敵味方構わず"裏切りの応酬"。

スパイ:ジェームズ・ボンドが走る・殴る・撃つ!色気と硝煙を纏い、スパイのくせに要所要所派手にキメる超有名なスパイアクション映画シリーズ第22作。
(今回は前作:カジノ
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.9

悪い男って面白い。

スパイ:ジェームズ・ボンドが走る・殴る・撃つ!色気と硝煙を纏い、スパイのくせに要所要所派手にキメる超有名なスパイアクション映画シリーズ第21作。
(過去リブート作なのか、初めて知
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.1

スパイは常にアドリブの連続。

ロシアの核ミサイル発射コードをめぐり、時に潜み、時に過激なアクションを披露してくれる、今回もハズさない素敵なトム様をお届けいただける映画。

軽快な音楽とともに大乱闘w
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.0

「攻めなきゃ勝てねえから!
……怖いと思った瞬間、負けなんだよ。」

世界ラリーを目指すメカニックの兄とレーサーの弟がいがみ合いながらも高みへと登っていく姿を鼻血出しながら観れる、オマケにモータースポ
>>続きを読む

ワイルド7(2011年製作の映画)

3.0

私を止めるなら殺すしかないよ。

超法規的特別警察:通称"ワイルド7"。
元犯罪者が警察に飼い慣らされるのを眺めつつ、深キョンの年齢を推理しながら観るとちょうどいい映画。
(深キョンは歳とらないね、、
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.6

ダイヤモンドは砕けない

なんだろうこのなんともいえない感…
原作未読だけど、たぶんこれジョジョファン怒るやつじゃない?
キャストが悪いわけじゃなくて、なんていうのかなー……
「絶対的に実写表現しては
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.6

イケメン達の最高なる無駄遣い。

みんな本当に仕事、選ばないな。笑

1に引き続いて、死ぬほど笑った。
原作知らなくても俳優の背景(出演CMとか、活動とか)がある程度わかれば、小ネタがわかって面白いと
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

母は手段を選ばない。

娘を殺された母親が事件解決への進展がないことに苛立ち、三つの看板に広告を掲載し始めることで、なんだかんだ周囲を巻き込んで事件に肉迫していく映画。

事件の全貌がなく、事後から始
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.5

The death and the strawberry

週刊少年ジャンプで連載していた、今は社会人であろうかつてのあらゆる少年少女たちを虜にした、厨二心を大変くすぐる死神と虚の戦いを描いた漫画実写
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

万引き家族も家族は家族

生計の足しに万引きを繰り返す家族。ぎりぎりの生活ながら家族という形を保ち、時に壊れる様を見て、家族の数だけ家族愛があると感じる映画。

カンヌパルムドール受賞して話題になって
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

かわいい子には旅をさせよ。

祖父に左目を奪われた少年クボが、弱る母のために弾き語りで生計を立てつつ、魔法の秘密を知るために、三つの武具を探すために、三味線とともに奔走する映画。

脚色かと思いきや、
>>続きを読む

アフター・アース(2013年製作の映画)

3.8

生き延びたければ恐怖を凌駕せよ。

1000年前人類の文明が滅びた地球に不時着した親子が、生き延びるため、地球を脱出するために奮闘する。親子愛を感じるSF映画。

以前観たけどもう一回鑑賞。
なんとM
>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.5

"邪"となる法則。

悪の素質があると言われ、香織に危害を加えようとした父親を殺し、別人の仮面をかぶって目的を果たそうとする男のなんとも言い難い生き様を眺める映画。

オタクのぼやき:
物語のキモがよ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

覚えていて、私を。

死者の日をきっかけにすでに死んだ先祖と出会う少年を通して、音楽の素晴らしさと家族との繋がりを感じる映画。

死者の日。
メキシコ版お盆ってことかな。
の花びらが綺麗!わあ〜死者の
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.5

そびえ立つは万里の長城。
……さて何のために?

おそらく前情報なしに「たまには壮大な中国歴史映画でも見よ〜♩」な気分でポップコーンをルンルンで準備しいざ鑑賞すると、想像していたのと違いすぎて衝撃が隠
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「求めたのは、21グラムの魂と君の言葉」

死者を蘇らせ使役する社会で、政府の諜報員となったワトソンが、巨漢軍人と屍者を連れて各地を回りつつ、死者の言葉の解析と本当に人間を蘇らせる方法を模索する映画。
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

「地獄は、この頭の中にある」

平和を望みながら戦争を繰り返す、人間の生まれ持つ虚しい暴力性を突きつけられる映画。

クラヴィスとジョン・ポール。
完全敵対していながら、クラヴィスはジョンの行動を追う
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「わたしの心が、幸福を拒絶した。」

あらゆる病気から人々を守る優しすぎる世界に対し、自分たちの「答え」を突きつけたある少女たちの物語。少女たちの少女たちによる少女たちのための映画。
※内容は大人向け
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

5.0

冷たい花びら、夜に散り咲く


過去映画館で鑑賞済み

急に無性にレビュー書きたくなったので、今度見直したらまた書こうかなと。

とにかく言いたいのはfateは文学。
アニメシリーズはもちろん、今回三
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

人が死ぬのも物が壊れるのも同じ。

十数年前に殺された女子高生の事件。その犯人と思われる男を法で裁くため奔走する検事・最上。最上を慕い、そして疑う沖野。正義はどこへ向かうのか。
今宵もキムタク100%
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

4.0

家に帰ると妻が……死んだふりしてました。(今日はどう死んでるのかな)

やれ不倫、やれ離婚と騒がれる世の中に切り込む、新しい夫婦の形を描いた実話ベースの映画。ユーモア溢れる奥さんと、振り回されながらも
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.1

歌って踊る……アニマル?!

いろんな動物がいろんな曲を歌いまくる踊りまくる歌いまくる歌いまくる踊りまくる歌いまくる喋りまくる歌いまくる、そして歌いまくる映画。

コアラが主人公だったのかな…?
初っ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

5.0

僕を信じて。

千夜一夜物語「アラジンと魔法のランプ」を描いたディズニーアニメの実写版。貧しい青年と王女が出会う、言わずと知れた世界的王道ロマンス。
……ま、要するにみんな大好き最高傑作!

まずです
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.8

人類、13センチになってみた結果。

銀行のローンも下りない苦労人マットデイモンが、妻のため、自分のために、小さくなることで未来を変えようと、ダウンサイズ化を決意するが……な映画(雑ww)

マットデ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

巨大生物、来襲。


巨大ゴリラが街で暴れまくる。
雇われ兵たちが巨大オオカミに食い千切られる。
巨体を手に入れた動物たちは、圧倒的な支配力を持って人間社会に襲いかかる。
食うか食われるか、食われるの
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

赤ちゃん上司、我が家に就任。

ボスの人格が搭載された無敵赤ちゃんからのパワハラに耐える7歳のお坊ちゃんの映画。

赤ん坊の顔wwwwwwwww
腹立つwwwwwwwww

赤ん坊がなんで中身おっさん
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

娼婦ならぬ娼年

松坂桃李の俳優としてのプロフェッショナルとメッチャ綺麗な肉体美を惜しげもなく披露する映画です。

松坂桃李wwww仕事選んでwwww

エロスと芸術って紙一重だけど、なんとも言い難い
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

美しく咲き誇れ、美女と野獣。

麗しきボーイミーツガール。素晴らしい映像美と圧倒的なロマンスで描かれる、元祖・愛の名作。

「美女と野獣」が、たとえば綺麗な女優とお笑い芸人が結婚した時に言われるように
>>続きを読む

わたしたちの家(2017年製作の映画)

3.5

「わたしたち」の家。

地元の幼馴染がプロデューサーを務めた作品。すごいなぁ、まず映画を撮るってことがすごいし尊敬。
創作って大変なことだよなぁ。
私は子供いないけど、世のお母さんたちが自分のお腹を痛
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

誰しも持っているのは、劣等感。


見た目が全てではないと思いながらも、ヒトを決める上で見た目も一理あると思わせる。女の"醜い"争いと、純粋なまでの"美しさ"への執念が鮮やかに描かれた作品です。
※ラ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

メスを持つ手を魔法に変えて……

神の手を失った医者が周囲に愛想をつかされながらも、ツルツル魔術師にそそのかされて地球を救う魔術師ヒーローになるまでを描く映画です。

ベネディクトカンバーバッチがはま
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

1.5

人類は「増える」ことで滅ぶ。

記憶を失い、わけわからないまま脳内フル稼働で謎解きをする、シリーズ最も忙しいラングドン教授を見守る映画です。


まず……
今作の映画化はひどいです。
ひどすぎる。
>>続きを読む

>|