命のバトン ~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~のドラマ情報・感想・評価

命のバトン ~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~2021年製作のドラマ)

公開日:2021年11月18日

製作国:

ジャンル:

3.7

「命のバトン ~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」に投稿された感想・評価

宮下小鳥

宮下小鳥の感想・評価

3.5
0
泣いた。

自分が今出産直後やので、なおさら響いた。

彼氏のお父さんと、養親のお父さんが漫画みたいなキャラでやや引っかかった。

けど、こういう人もいるかもしれないし、ナチュラルキャラばっかりやと平坦になってしまうところを、こういう濃いキャラがいる事で物語が掴みやすくなるのかもしれへん。

ドキュメントの部分もドラマの部分も心揺さぶられた。

鈴木梨央さんの涙するシーンは私も全て涙した。

赤ちゃんとさよならする時に、助産師さんに赤ちゃんを渡そうとすんにゃけど、渡せなくて、躊躇って、そやけど泣きながら預けて、のシーン。
涙がこぼれて、養親のお母さんに抱き締めてもらわはるシーン。
が特に涙無しでは観られなかった。

若い主人公が妊娠した場合、大変な思いしてでも私が産んで育てるんや!てなる物語ばっかりを今まで観てきたけど、現実はそんな都合よく行くばっかりじゃないから、そうじゃない場合は一体お母さんも赤ちゃんもどうなるのか、という事を描いたドラマを観る事が出来て、本当によかった。
モモ

モモの感想・評価

3.9
0
透明なゆりかごやコウノドリ、他のドキュメンタリー等で何となく知ってることをきちんと教えてもらった感じ。これをみんなが見て里親制度や養子縁組のことなど知ってくれたら。助けを求められる場所があることを知ってることは大事。
桃

桃の感想・評価

4.4
0
泣いたー色々と考えるきっかけになった、、

若い妊婦さん(高校生とか)の相談窓口やってるお母さんが言うには現実はここまで感動的じゃないし、上手くいかないと。まあそうだろうなあ、、
tomomo

tomomoの感想・評価

3.5
0
ドキュメンタリー部分が上手く組み込まれて『赤ちゃん縁組み』についてよく理解できるるようになっていた。
手放す側、受け入れる側のそれぞれの覚悟。
世間も受け入れてあげなくてはね。

あなたにおすすめの記事