家族八景のドラマ情報・感想・評価

家族八景2012年製作のドラマ)

公開日:2012年01月19日

製作国:

3.7

「家族八景」に投稿された感想・評価

anon

anonの感想・評価

-
0
過去に鑑賞。それよりもっと前に原作も読んだことがあり。
鑑賞当時は主役もそれ以外も雰囲気も、原作でイメージしていたのとは違うのが気になったけれど、機会があればまた観てみたい。
Tamaki

Tamakiの感想・評価

4.2
0
リアルタイムで見てた。

日曜画家の時の心の見え方が1番印象的。

ろくでなしばかり出てきてその駄目さを淡々と描いてるところが、これは身近にあり得る日常の話なんだと言われてる感じがする。七瀬の日記を見てるイメージ。

このドラマで隣の芝は青いという言葉(タイトルでは緑だけど)を知って、周りに話したら当時その言葉を知ってる友達がいなくて焦った記憶がある…
odamakinyan

odamakinyanの感想・評価

3.1
0
監督が堤さんで原作が筒井さんということで見ましたが、思ったよりふつうの出来で、可もなく不可もなくという感じで原作の話を消化。なんといってもヒロインが原作とは違っているのが致命的でした。トリックぐらいの出来を期待したんですが。
JIN

JINの感想・評価

3.0
0
(初回)
監督が堤幸彦、原作が筒井康隆、主演が木南晴夏ということで興味があったので観た。
30分ドラマで1話完結なのでコンパクトでとても観やすい。
時代背景は昭和40年代かな?
そこもそそられる。

第2話を観てたら、ついこの間まで子役やった須賀健太がめっちゃ背伸びてて声変わりもしてて驚いた(笑)
将来どんな俳優になるんやろうなあ? 
伊藤淳史とかあの辺の路線っぽい気もするけど(笑)

今回の『家族八景』後味悪い話やったなあ〜。

(最終回)
まあそれなりに楽しめる深夜30分ドラマだった。
でも人の心が本当に読めたとしたら、実際はドラマよりもえげつないかも?
魅蛇化

魅蛇化の感想・評価

3.8
0
大好きな木南晴夏が、大好きな『家族八景』の七瀬を演じたので、すごく楽しみにしていた作品。
大昔放送していたNHKの『少年少女ドラマシリーズ』を期待していたけど、ちょっとシュールと言うか風変わりと言うか…
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
0
筒井康隆原作のSF小説をドラマ化。人の心を読むことができる火田七瀬(木南晴夏)は、自分の能力を他者に知られないように、家政婦として様々な家庭を転々としていた。忌々しい能力に悩む一方で、ついつい仕事先の家族たちの心を読んでしまう。穏やかに食卓を囲む夫婦や親子たちの心の中に潜む、言葉とは裏腹の本音を明るみにしていくのだった…。
テレパスの七瀬の目線から、中流家族の欲望や見栄などを描いていくシニカルな目線は堤監督ならでは。木南晴夏のクールな七瀬も、魅力的。