スター・トレック/宇宙大作戦 シーズン1のドラマ情報・感想・評価

「スター・トレック/宇宙大作戦 シーズン1」に投稿された感想・評価

Clau573

Clau573の感想・評価

5.0
0
こちらも私のお母さんが子どもの頃にテレビで観ていたとききました!
私は小〜中学生の頃にTNGの再放送でスタートレックを知り一人ハマってました笑
周りは観ている人が居ないし同年代で語れる人はいないです_:(´ཀ`」 ∠):

何周も何周もお話を観ていますのでまた細かい感想も書こうと思います。
ちくち

ちくちの感想・評価

4.0
0
JJ版みたら気になったので、本編に手を出してみました。ネトフリ再加入しましたよ。

映像古いしセットも特撮みたいだし、アクションシーンはアレだし………なんだけども、脚本の良さがあるからこそ半世紀たった今でも見応えのあるドラマになってる。
なによりキャラクターの良さよ!それぞれがプロフェッショナルに徹して、良好な関係を気づきながら仕事するさまは見てて気持ちいい。

このシーズン見終わった頃にはすっかりハマっている…

好きなエピソード→「歪んだ楽園」「謎の球体」「魔の宇宙病」「死の楽園」「地底怪獣ホルタ」
たいと

たいとの感想・評価

4.3
0
手前の方のオフジェクトは作って奥は絵を描いて壁に貼ってるのが見え見えなセットだけど良いなあ
あああ

あああの感想・評価

4.0
0
ジムとスポックの主従かつ友情関係が尊い。スポックのジムに対する呼び方が、普段は「キャプテン」だが、ジムがピンチの時・友達として呼ぶ時に、「ジム」になるのが最高。
YanBob

YanBobの感想・評価

4.0
0
カーク船長、ミスタースポック、カトー
エンタープライズ号カッコいいな(^^)
Mel

Melの感想・評価

5.0
0
私の人生の宝物になるドラマに出会うことになろうとは…

カナダへ留学に行って、軽い気持ちでホストファーザーさんにオススメドラマを聞いたら教えてくれたのが"スター・トレック"でした。

1966年に製作されたドラマで、もう半世紀以上経っている。そして、今も新シリーズが作られている。
生きた化石みたいな。とにかくすごいとしか言えない。
日本での知名度はあんまりだけど、アメリカでは長く愛されていて、たぶん日本でいうサザエさんみたいな作品なんじゃないかな~と。

このレトロ感がたまらなくいい。
CGにはない味わい深さが『宇宙大作戦』にはある気がする。

宇宙のロマンを与えてくれるドラマだと思う。
カーク、スポック、マッコイを越えるトリオは存在しないと思いつつも、他のスタトレシリーズも観ていくつもりです!


シーズン1は一番面白い。試行錯誤が見られるのも楽しい。
コロンボと同様にオススメエピソードをリストアップしておきますー!

・歪んだ楽園👑
・光るめだま
・魔の宇宙病👑
・二人のカーク👑
・400才の少女
・謎の球体👑
・タロス星の幻怪人(前編・後編)👑
・おかしなおかしな遊園惑星
・ゴリラの惑星👑
・怪獣ゴーンとの対決👑
・宇宙の帝王👑
・死の楽園👑
・地底怪獣ホルタ
・危険な過去への旅👑
・デネバ星の怪奇生物

👑は「スタートレックを知るならコレ!」エピソードのつもりだけど、そもそも私が初心者だから当てにならないかも。多すぎ(笑)

『歪んだ楽園』はパイロット版で、お馴染みのカーク船長ではなくてパイク船長ですが、『タロス星の幻怪人』と合わせて観ると楽しめます。

ちなみに、『魔の宇宙病』『ゴリラの惑星』『死の楽園』は私が大好きなスポックのキャラクターがよく掘り下げられているエピソードです。

日本語タイトルの古めかしさもご愛嬌(笑)
GrahamWilly

GrahamWillyの感想・評価

5.0
0
舞台は23世紀。
惑星連邦に属する宇宙艦隊・宇宙船USSエンタープライズ号のジェームズ・T・カークとクルーたちが活躍する一話完結のTVドラマ。

一番好きなエピソードは、転送装置の異常でカークが善と悪に分裂する[二人のカーク]

面白かったのは、遺伝子操作によって生み出された優生人間カン(カーン)が登場する[宇宙の帝王]
これは1982年の劇場版『カーンの逆襲』に繋がっているのが凄い⤴

カークとスポックがタイムトラベルしてしまってバタバタ!から悲劇的な幕引きが切ない[危険な過去への旅]も良い⤴

『Live long and Prosper』byスポック
昔の特撮部分を、CGに差し替えてあるヤツだった。

いや、だから昔の特撮をみたいんだってば。
NJ

NJの感想・評価

4.5
0
JJSTから入ったにわかで、まだ少ししか観れてないけど、タロス星の話が凄すぎた……!
脚本家はVRが流行り始める現代の事を予知してたのか……
そんな社会に生きている今の世代こそ、見るべき話が詰まってる。
SF好きなら必ずみるべきシリーズだと感じました。
宇宙大作戦ことスタートレックを初めてシーズン1から見てるのですが(リブート劇場版しか知らない)アンドロイドに人間の性格を移して生き続けることの是非とか、身体が動かせないけど意志や思考だけはある人間が幻想の世界で余生を過ごすこととか、昨今でも扱われるSF定番テーマが扱われてるのすごい

スタートレック呟いたらいきなり反応来まくったりするからどんだけ偉大で人気なコンテンツなの…

「怪獣ゴーンとの対決」を見たのですが、よくネタにされるスローテンポの戦い方のイメージしかなかったけど、実際見たら緊迫した展開続きだし、大分真面目で高尚ないいお話だったな。
元ネタとされていたとかいう小説も読んだけど、あれとはまた違った展開なのが話を盛りたててる
敵の動きがゆったりなのも劇中で説明されてるし、前半は爆薬使いまくりだから恐らく予算豊富な回なんだろう(日本特撮脳)

宇宙戦艦同士の戦いを互いに望んでいない戦いと死者が出る悲劇として描いた次の話では不思議なウサギさんやらが出てくるメルヘン話やるし振り幅が強い

スタートレックはアメリカのBL界で有名だということを頭に入れて宇宙大作戦見てたのですが、スポック役のレナード・ニモイのドキュメンタリー映画で、スポックとカーク船長のBL二次創作まで話が及び、しかもそれを話すのが映画を監督しているレナード氏の息子さんだったので目が回りそうでした