長閑の庭のドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「長閑の庭」に投稿された感想・評価

感情を揺さぶられるとっても良い作品でした。
世界観もストーリーも設定も面白かった。
もっと早く見ればよかったわ。
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.7
0
セリフが小説のものみたい。
主人公がドイツ文学の院生ということから知的で哲学的な作品だなと思いました。

「恋の定義」とは。
このドラマを見て改めて考えさせられる。
恋とはドラッグと同じだと思う。
正義か悪か、境界が分からなくなり、一度快楽を味わうとやめられなくなる。
元子は教授と心を通わす喜びを味わい、その想いを加速させる。

「愛には年齢の差は関係ない」というけれど、現実は超えられない壁となる。
年の差カップルあるあるが「死」の問題が身近にあること。
子供を産みたい、旅行に行きたい、そう思っても年の差が原因でできないこともある。どちらが最愛の人を失うという辛い想いをし、それを背負って生きていかなければならない。
年の差で結婚する人は大きな覚悟を持って生きているんだなと思いました。

そんなことはいいからあなたが好きだと真っ直ぐに胸に飛び込めるような恋愛をしてみたいものだ。

橋本愛ちゃんの凛とした文学少女役がはまっていた。中村ゆりかはねっとりしたライバル女の子役がとても似合う。
工藤阿須加の真ん丸おめめも可愛かった〜あんな人が大学におったら絶対恋をする。
田中泯さんの雰囲気も好きでした。

2人のプラトニックな恋に癒されながら観ることができたドラマでした。
こったむ

こったむの感想・評価

3.7
0
原作が好きだったもんでゆっくり1話ずつ鑑賞。
23歳の大学院生と、64歳の教授との年の差恋愛ストーリー。

ドラマは全4話だけど、原作も7巻完結で読みやすいのでおすすめよ。

報われない恋とか、周りに理解されない恋をしてる人には、救われるんじゃないかって台詞がたくさんある。
特に樹里ちゃん、あの子が良いのよ。
「好き」って気持ちを第一優先にして突っ走る子って可愛いよね。

人を選ぶ内容だけど、小生ロマンチストなので毎話泣きながら観てた。

工藤阿須加の目つき子犬みたいに切なすぎて心配になる。この人怖い系の役とかやるのかな。
ゲルト

ゲルトの感想・評価

3.7
0
田中泯は好きだけど原作とイメージが違う。橋本愛はぴたり。

ゆりか...俺じゃダメか?
録画消化
田中泯さんはご高齢でも凛とした佇まいで年齢差プラトニックラブストーリーにはとても合っていたように感じる
橋本愛も正統派美人女優さんになりましたなぁ
ぴよぴよ

ぴよぴよの感想・評価

3.7
1
橋本愛の静かな大学生シュバルツさん。いつも黒ばかり着ていて自分に自信が無い彼女が、教授田中泯を好きになってから、おずおずと、でも積極的になるところが面白い🖤

年の離れたふたりのプラトニックラブは、元妻斉藤由貴や助手の工藤阿須加も絡んで複雑になる。

ちょっと現実離れした感はあるけど、ふたりの静かな佇まいや、美しい庭園でお茶を飲むシーンなど印象的。

橋本愛は良い女優さんになったよなぁ✨

NHKらしい魅力的な配役で毎回楽しめました😉
akemi

akemiの感想・評価

3.4
0
昭和の香りがするような純愛ドラマ。
あまりに歳の差がありすぎて引いてしまったけど。

橋本愛さんって素敵な女優さんですね。
凛としてて高潔な役がすごい合う!
穂洋

穂洋の感想・評価

3.8
0
あまちゃんで親子だった2人が今回は祖父と孫の関係になってて笑った
ハードナッツもだけど少し変わった人の役を演じてる橋本愛かわいい
中村ゆりかさんはお顔が天才
うめまつ

うめまつの感想・評価

3.6
0
橋本愛ちゃんと田中泯さんの組み合わせはもう願ってもないというかファンタスティックなんだけど、無理やり4話にまとめたせいか、泯さん以外の登場人物が全員常に発情期なの…?ってくらい恋愛のことしか考えてなくて少々引いた。もう少し大学内での日常風景とか、恋に発展するまでの何気ないシーンを丁寧に積み重ねて欲しかったな。恋愛面以外の人物造形が少な過ぎる。シュバルツさんが教授への想いを自覚するのも早すぎる気がしたけど、橋本愛ちゃんの凜とした品の良さがあるから成立した関係性に見えた。あと教授が自分のこと「老いぼれ」とか卑下する度に胸が痛んだ。これが恋ってやつか。
rabbithead

rabbitheadの感想・評価

2.3
0
最後の最後、ご都合主義すぎて気持ち悪くなるような展開を、あたかも美しいものとして描いてしまえる手つきの薄気味悪さ。脚本家は自覚してほしい。
>|

あなたにおすすめの記事