トップリーグのネタバレ・内容・結末

「トップリーグ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

内容↓
松岡の父は近藤さんの同僚だったが、裏金の真実を公表しようとし、事故に見せかけて殺されていた。
かつての同僚酒井が裏金を調べるうちに松岡もそのことを知る。
酒井は真実を公表しようとしたが、通り魔に見せかける形で刃物で腹部を刺され、一命は取り留めたが次は本当に殺されると尻込む。
松岡は酒井の意思を継ぎ悪事を公表しようとする。が、それを阻止しようと近藤は松岡の娘を階段から突き落とし怪我をさせるという脅しをしてくる。

真実を隠すことを決めた松岡。
酒井の後輩の大畑は納得できず、松岡のもとへ押し掛ける。酒井のことも奮い立たせようとする。結果酒井は家族を実家へ帰らせ、戦うことを決める。
近藤は芦原総理に裏金の全てを押しつけて退けさせるが、芦原も素直に応じてしまう。
しかし芦原が灰原に話した音源を灰原が持っていて、それを使えば警察へ引っ張り出せると。そのうち近藤の名前も出るだろうと。



終わりがパッとしないドラマだったイメージ。
政治絡みはちょっと硬くて難しいな。
誰が悪で誰が善か。ドロドロ系ドラマ。
実に見応えのある骨太な作品だ。トップリーグに入り込み政治の中枢の動きに大きく踏み込んでいく政治部記者松岡を演じる玉山鉄二と、新聞記者だった元同僚の週刊誌記者でクラスター事件を追う酒井を演じる池内博之の活躍が、本作品を決める重要な二本柱。玉山と、池内の対峙も見どころと楽しみのひとつ。両者が絡む問題が暗部でどう交錯していくのかも期待感もあり、作品に深みを与えている。
また、玉山と上司の阿久津役陣内孝則、池内と刑事役光石研の演技の応酬も見もの。近藤官房長官役小林薫の存在感と重厚感、不気味さが作品の形成と色の深みに大きく影響している。あらゆる点において全体の方向性と仕上がりを左右している篠崎絵里子の脚本の構成が実にいい。意外な役どころでは、記者役小雪の存在。こんな社会派を演じる小雪も目新しくもあり、もっと中心で大胆に絡むところを久しぶりに見てみたかった。
最後に、亡くなった阿久津のノートにより裏献金の真実を掴み官房長官に突き付けたところで、あえて先の方向性を示唆して終わる。だが、死を選んだ阿久津と父の無念を晴らすという点から言えば、疑惑を暴くという具体的な報道とその余波、塾講師となった池内らとの絡みを本来は描くはずなのが描き切れていないのが心残りで、終わり方が尻切れトンボ、やや尻すぼみの印象を拭い切れないのがやや残念。