ザ・モーニングショー シーズン1のドラマ情報・感想・評価

「ザ・モーニングショー シーズン1」に投稿された感想・評価

森の精霊

森の精霊の感想・評価

4.2
0
AppleTVの無料期間中に色々ドラマ見たけど、これが一番面白かったし考えさせられる内容だった。
正義感強い人は警察官かジャーナリストに向いてそう
ブラッドリーの次は何をして周りを混乱させてくれるんだ感が観てて楽しい
惰性で見てたけど最後に向かって面白くなった。見て見ぬふりをしてしまう気持ちはまじで共感できる。同じ局にいたら干されるのが怖くて絶対言い出せない。こっからこのテレビ局がどう巻き返していくのか、2が楽しみ
上質のニンゲンドラマ。
キャストのそれぞれに、それぞれ部分的ではあるけれど、感情移入できる。みんないいやつでダメなやつ、ワルいやつ。
アメリカのエンタメビジネスのスケールの大きさを垣間見ることができるという意味でも楽しめた。シーズン2が楽しみである。
Reina

Reinaの感想・評価

5.0
0
大傑作。

前半は両論併記〜みたいな生温さがあって正直危うく感じたりもした。もちろんそこまで計算し尽くしていたのだろうし、だからこそ後半2話で一気に畳み掛ける展開が効く。

スティーブ・カレル演じるミッチの、こんなおじさんいそうだしこんなこと言ってそう感が自然すぎて怖い。同じくMeTooの槍玉に上がった映画監督と傷を舐め合うシーンの妙なリアルな気持ち悪さ!

全員が白でもなく黒でもなく、見て見ぬふりをしたり保身に走ったり、自分でも問題を抱えていたり、登場人物の一人足りとも無駄ない構成がすごい。

最後のアレックスとブラッドリーのシーンは鳥肌ものだったし、女二人と見るとすぐにライバルだなんだと言ってくるけど、そんなに単純じゃねえぞ、ってシリーズ通して言ってる感じも最高。

ググ・バサ・ローの出演作は今後全て見ます(見てない方はいますぐ『ブラック・ミラー』のS3E4サン・ジュニペロを!)
ハナ丸

ハナ丸の感想・評価

5.0
0
ひっさびさにどハマりした🥵👏
面白すぎ!
終始不穏な空気でストーリーが進んでいくけど、その中でキャラクターがみせる人間臭が本当にリアル、、自分の体裁と保身のためならどこまでも奔走するあの異様な行動力、わずかな可能性を諦めきれず無様に足掻く人の見苦しいこと見苦しいこと、、己の信念は曲げない無粋さ、それでも自分は愛されるべき存在だと認めたくて友情と愛情だけは純粋に持ち合わせた人々
レベルは違えど、あ〜〜分かる、という感じ

MeToo運動はニュースでみた程度であまり分かっていなかったけど、こりゃあ大変だ、もしこのドラマの描写がリアルに通じているなら、、色々考えさせられる内容でした

ジェンとリースの演技は言わずもがな!最終話は二人の演技だけで泣ける😂
シーズン2待ちきれない!
べりす

べりすの感想・評価

4.2
0
面白かった。
最初先進すぎて意識高いなぁって引きめで見始めたんだけど最後の方にはハマってた\(^o^)/✨✨✨
nag

nagの感想・評価

5.0
0
すごいいい作品
作りが精巧で作り手の本気を感じる最後まで飽きずに一気見した、DVDほしい
meguros

megurosの感想・評価

4.0
0
ハーヴェイ・ワインスタインの性犯罪スキャンダルが2017年。そこから#MeTooは性犯罪&セクハラの世界的な告発運動となって広がった。本作が描くのはその性犯罪における”実行犯”についてではなく、そうした性犯罪を黙認し、黙認することで成功してきた女性の側の”共犯者”、その彼女たちも含めて性犯罪を隠蔽してきた「沈黙の文化」を許すなということだった。

本作は朝の人気長寿番組の司会者ミッチが性犯罪の告発を受け、番組を降板させられる所から始まる。”アメリカの家族”の理想を体現してきた番組は脆くも崩れ、ミッチのみならず相方アレックスの私生活、家族生活が同時に崩壊していく。アレックスは主人公であるものの、最後の最後の瞬間まで事実上悪役でもあるため(構造上仕方ないのかもしれないが)途中とても感情移入が難しくなるのだが、それでもジェニファー・アニストンはギリギリのシンパシーを残す役柄を主演として演じ切り、さらにはセンシティブなテーマを長尺の連続ドラマ形式で仕切ったわけだから恐れ入る。制作総指揮にも名を連ね、重要回の監督を務めたミミ・レダーはディープ・インパクト、最近だとRGBの劇映画「ビリーブ」とかを撮ってた人。クリエイターのジェイ・カーソンはNetflixでハウス・オブ・カーズ仕掛けた人っぽい...(強い

エンタメ部門から報道部門に移ってきた局の重役コリーを演じたビリー・クラダップが良かった。「混沌は新しいコカイン」だと嘯き、ジャーナリズムではなく(局の膿も含めた)エンターテイメントを報道の枠の中で見せていこうとするスタイルは現代批評的。この混沌の様子を、台風や山火事など現代アメリカが向き合う自然災害とも重ねて脚本にするなど、そうした丁寧な話運びも好感が持てた。
eriiko

eriikoの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!10話あっという間に見れた。それぞれのキャラ設定が徹底していて、人間のずるさや弱さがよく描かれていた。

特に主役の二人が素晴らしい。正義感溢れるブラッドリーの悲しい過去、一見女王様で大成功しているアレックスの孤独。ジェニファーアニストンの演技を見るのは今回が初めてかもしれないけど、こんなにすごい女優さんだったんだ。

ミッチのセクハラは慢性的に行われていたけど、自分に被害が及ばないよう黙認してしまう様子もリアル、ミッチの罪悪感のなさもリアル。そしてハンナ…たった一回でも被害者の心の傷は一生もの。

最後の最後にアレックスが特に一人の人に感謝するって言ったけど、私の解釈合ってるか不安。

AppleTV無料期間だから見れたけど、Chromecastが使えないので、iPadで見なきゃいけなかったのが残念。
comq

comqの感想・評価

4.5
0
最近のネット配信動画にはない、鋭い切れ味があると感じた。すでにシーズン2の情報があるようにシリーズ化は決まっているようだが、シリーズ化を前提とした作りになっていないが故に思い切ったストーリー展開が可能なのだと思う。
昨今のキャラクターを育てていく手法ではなく、キャラクターを壊していく手法は、エキサイティングで映画的である。
見せ場としてはエピソード8、視聴者側にそれまで築かせてきたドラマの見方をガラッと変えさせて、同時に虚しさ、切なさを感じさせてくれる脚本は素晴らしい。このエピソードは特に音楽も静かで他のエピソードとトーンを変えており、かなり力を入れて作られたのではないかと思わせられた。
そして最終話も文句の付け所がないくらい素晴らしい。長回しを用いたシーンはこのドラマの縮図となり、ラストに向かう緊張感を醸成してくれた。
シーズン2も楽しみだが、シーズン1をどのように超えるのか、とても楽しみだ。舞台がニュースショーであるが故にその時々で旬となるトピックを題材とした内容になっても面白いと思う。
>|