映像研には手を出すな!のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「映像研には手を出すな!」に投稿された感想・評価

アニメが面白かったので見てみたが、一話の途中までしか見れなかった。
演出どおりかもしれないが、演技が臭すぎて見るのがしんどかった。
アニメでいうところの第4話、生徒会に認可してもらうまで。そのマチェットを強く握れ!!
 上水道部、下水道部の対立やら号外部やら、内野部と外野部の合併やら、なんでもありの芝浜高校の多種多様な部活動が見れるのは楽しいが、それが有機的に機能していたかというとイマイチ。そういう部活動のモロモロに映像研の3人が影響を与えていくのはわかるが、クリエイターの話なんだから、そこからさらに自身も影響を受けないんだったら正直いらない。結果として、なんか死ぬ気でアニメを作るんだ!という意気込みを正直感じず、バカがいっぱいいるように感じたし、ラスト、浅草氏の啖呵も感情の爆発という感じがせず。
 そして一番気になるのは、完成したアニメに説得力がそこまでなかった。最終話以外アニメが登場せず、想像力の爆発はCG技術で置き換えられていて、まあそれが実写だとは思うんだけどさ、な感じ。キャストも含めてアニメ版が完璧すぎたか
にゃん

にゃんの感想・評価

3.3
0

このレビューはネタバレを含みます

斎藤飛鳥の演じるキャラがしっかり演じこまれていて、彼女の演技力の高さを感じた。

予算審議委員会の大荒れの中届いた電話での、電報「エイゾウケンニハ テヲダスナ」に仲間意識を感じうるっときた。

無事映像研は存続。
映画も観たくなるドラマだった。
hatake

hatakeの感想・評価

4.8
0
独特な世界観で笑えるドラマ。メインの3人の演技が上手いが、その中でも斎藤飛鳥の演技がすごい。ドラマも短くて一気に見れるためおすすめの作品。
凸

凸の感想・評価

-
0
好きだから贔屓目で見てるとこあると思うけど普通に面白かった。

グレイスエマさんが14歳という事実に腰を抜かしました。
ak

akの感想・評価

2.5
0
帝一の國と似てる気がした。
斎藤飛鳥のキャラがマッチしてた気がする。人見知りで、マイペースでオタクって言うキャラが好き。
YS

YSの感想・評価

3.8
0
2020/4/5
MBS ドラマイズム
日曜 24:50〜25:20

2020/4/7
TBS
火曜 25:28〜25:58

一話目だけ見れてなかったけど、映画の公開に合わせてTVerで配信してたのでコンプリート!

CG凄いなぁ。
金森氏が好き。
主役3人ともかわいいけど
斎藤飛鳥がめちゃくちゃかわいい

あと、わちゃわちゃ感も好み
カナイマ

カナイマの感想・評価

4.4
0
めちゃめちゃ好き。作り手の気概がかっこいい。

アニメの映像研の魅力は色々あるけど、大きな要素として「最強の世界」を創造する楽しさがあると思う。アニメなら、登場人物の周りで突然想像の世界が始まっても何も違和感がない。

その表現がやりにくいぶん、ドラマでは2.5次元的な学園世界を表現することに軸足を置いてる。ケレン味のある言い回しとか書き割り的な校舎の描写とか変な部活や大生徒会があったりとか、言われてみればもともと原作に2.5次元舞台っぽい要素は沢山あった。そこを2.5次元で実績がある乃木坂を中心に据えて、変な部活の描写やオリジナルストーリーを増やして要素をマシマシにすることで、アニメとは異なる魅力を持ったドラマに仕上げている。

最終話、さんざんオリジナル展開やりまくる中で、「いい実写ができました」っていうダブルミーニングのセリフ!かっこよすぎる!漫画もアニメも大名作だと理解した上で、2.5次元に賭けて漫画にもアニメにも負けない実写化を作ったぜ!見たか!という自信が現れてる。映画が楽しみ。
ほった

ほったの感想・評価

3.9
0
アニメをみてないってのもあったのかもしれないけれど普通に好きだった。3人がハマってた。
>|