リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密 シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密 シーズン1」に投稿された感想・評価

パドゥ

パドゥの感想・評価

3.3
0

このレビューはネタバレを含みます

いるなぁ、エレーナ(リース・ウィザースプーン)みたいな「あなたのため」を装いつつ、全部自分のための人。

ハイクラスの人たちが暮らすオハイオ州シェイカーハイツという町に、黒人の母ミアと娘のパールが引っ越して来ることで、エレーナの家庭の問題が表面化してくる話。

原作は小説らしく、著者は富裕層の黒人女性かなー?と思ってたら、両親が香港から移住した中華系女性で、実際にシェイカーハイツに住んでたらしい。

エレーナの4人の子供のうちの末っ子、イジー(13歳くらい?)は、母親の偽善的な言動を見抜いており、嫌悪感を抱いている。
まぁそういう裏表が許せないというか、大人の偽善に納得できないのが思春期だからなぁ。

4話目くらいまでは、ミアが情緒不安定すぎて観てて疲れるから、止めようかと思ったけど、過去のエピソードが出てきてからはやや持ち直し。

貧しい母子家庭の黒人で、何かと苦労もするし、住所も転々としてるんだから、そもそもあんな白人が住んでる地域にいかんやろうに。
都会の方が雑踏にうもれて目立たないのになぁ。
しかもアーティストって言う仕事柄、なおさら都会の方がいい。
目立ちたくないくせに、周囲に馴染む努力もしないし、不信感をわざわざかうような振る舞いをする。

ほんでパールとムーディ(エレーナの次男)がいい子すぎる。
いい感じなのに、2人は恋愛関係に発展しなくて、パールはトリップ(エレーナの長男)とセックスする。
バージンを気楽に捨てたいだけなのかと思ったら、その後も頻繁に会ってたり、ムーディに関係を話すと言ったりするから、これが意外。
パールは知的な女の子だから、トリップみたいなアホな男に惹かれるかなぁ。

火事を起こすのは、エレーナとそりが合わないイジーかと思いきや、上の三人の子供なのも、小説はもっと小さいエピソードが積み重ねられて火事までの流れが納得できるのかもしれん。
けど、このドラマでは、そんなんで火をつけないやろー!って突っ込みたくなる展開。

長男次男は、それまでの暮らしに特段不満は無さそうだったし、長女のレクシーはじきにイェールに進学するから家を出れるのに。

でもこのリース・ウィザースプーンの演技がよくて、見続けれた。
常に上から目線な感じで話し方も鼻につく。
勝負の時は赤い服を選ぶのもいかにもだった。
ironsand

ironsandの感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

時には一からやり直すために全てを焼き尽くさなくちゃいけない。焼き尽くされた後の土はとても豊かでまた新しく命が育つ。その命はたぶん以前そこにあったものより良いもののはず。人間も同じ。必ず立ち直る。徹底的に打ちのめされたとしても、またやり直せる。新たな道を見つける。
(S1E8 ミア)
のりっこ

のりっこの感想・評価

3.9
0
期待してなかったけど面白かった。
リース・ヴィザスプーンがもうリアルにイラつく中年女性すぎて良かった。良い人と思われたい人と自分を貫く人は相性悪いよね。
nao

naoの感想・評価

3.5
0
共感とは違うのだけれど、
人におせっかいをやいて、
自分は良い人だと
自己満するエレーナみたいな部分は、
私の中にも大いにあるなぁと思って見ていた。

子供にとっては、
あんな毒親ではないけれど。

他責にしていること、
本人は全然気がつかない。

そうならないように、
自分の責任と意識して生きたい。
エレーナが典型的な毒親として描かれてたけど、彼女は確かに支配欲が強く嫌なママだけど、友達思いだし実は子供のことも方法は間違っていても愛していることは間違いないわけでなんだか憎めないな・・・。法も犯してないしね。
一方ミアは自分勝手で全然共感できなかった。お金のために代理母を引き受けたくせに、いざとなったら逃げだしてそれを正当化→その罪を償うため?にビビを手助け。なんだかなあ。
イジーも表面的なところだけ見て、ミアに心酔してるし。
ビビも子供を捨てたくせに、すごく自分が被害者のように主張する身勝手さ。

色々モヤモヤする共感できる人がいない話なので見続けるのがつらかった・・・。唯一いい子だったムーディーが可愛そう。
kubokemovies

kubokemoviesの感想・評価

3.6
0
それぞれの正義がすれ違う不穏な物語は気になりつつも、展開はなかなかカタルシスを感じづらい。
とはいえ結局すっかり上手に振り回されて一気に視聴してしまった。彼らの行く末を想像しながら終幕。
pooh

poohの感想・評価

4.0
0
キューティブロンド観てからこの作品観たからか、リースがお母さん役になってて驚いた笑
それぞれの母親の怒り爆発シーンが怖すぎて面白すぎる。
観てて、落ち着いてって思うシーン沢山あって、後半はうまい具合に家庭崩壊していくのも面白い。
イザベルは手がかかるかもしれないけど、可愛いなーと思って見てた。
okey

okeyの感想・評価

3.0
0
2人の母親どちらにもイライラ…自分らしく生きることの悪い側面?
tomi

tomiの感想・評価

4.0
0
90年代がメインで、人種の違いや問題が分かりやすく描かれていて、典型的なアメリカ、って感じた。
白人家庭の母親からの期待や家庭内崩壊も、イメージにあったりして、登場人物一人ひとりが想像もつかない悩みを抱えて生きている感じが苦しかったし重かった。
あとは、自分らしくあるとか自分は何者なのかっていうのもアメリカドラマの大事なテーマの一つだなって感じることができた。
犬好き

犬好きの感想・評価

3.8
0
白人、黒人、アジア人、それぞれの立場からアメリカ社会を見ることのできるドラマ

リース・ウィザースプーンの演技は自然で、お節介な母親という役柄に極めてフィットしている。一方で、共演しているケリー・ワシントンの演技は鈍臭く、不自然に感じてしまう

エピソードは途中で幾分、中弛みする。ただ最終話の出来は秀逸である。途中で疲れた人も最終話までたどり着いて欲しい、と思えるシリーズだ

最終話を見て、それまで3.5としていた評価を3.8にあげました
>|

あなたにおすすめの記事