呪怨:呪いの家のドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

呪怨:呪いの家2020年製作のドラマ)

公開日: 2020年07月03日

製作国:

ジャンル:

3.6

あらすじ

「呪怨:呪いの家」に投稿された感想・評価

misumi

misumiの感想・評価

3.7
0
ザ日本ホラーって感じで良かった。生々しくて恐ろしい。話の中で関わった人が次々と呪いに巻き込まれていく様は、全ての人物が背後から誰かに濡れた足で後を付けられているような感覚がする。実際あった事件のニュースや当時を思わせるファッションスタイルや時代背景を見ていると、なんだか本当にあった話のような…上手いな〜
映画はB級な感じがしたけど(私はかなり初期の呪怨をVHSでしか見たことない)ネトフリドラマは一味違う感じする。重くて辛い。憎しみは憎しみを産む。普段邦画見ないけど、これは良い。
MIHIRO

MIHIROの感想・評価

3.4
0
最後まで明かされなかった謎がまだまだあったからこれで終わりなのがびっくりした、シーズン2もあるのかな〜ジメジメした怖さ
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.2
0
元祖の呪怨と思って観ると、消化不良を起こすかも。 

1980年代から何年かおきにストーリー展開していく。テレビで女子高生セメント事件やサリン等のその時代の時事ニュースを見せたり、登場人物の髪型や服装が変化していったりで時系列での話の進みかたは面白かった。

ただ、ホラーと呼ぶには今一つかな。暗い画面でも陰鬱な感じが足りなかったり、ゾワーっとした恐怖感が味わえなかった。そこが残念だったなー。
えきとぅ

えきとぅの感想・評価

2.2
0
つぶあんが食べたいのにこしあんを出されたら誰でも不機嫌になりますよ
かなり好き嫌いが分かれそう。
人によっては1話のラストでダメだろうし、4話で挫折するかもしれない。
ホラー映画をエンタメ、アトラクション感覚で楽しみたい人には向かない。個人的にも、ひとりで観るには全然問題ないけど誰かと一緒には観たくない。
それほど不安や嫌悪感を煽られる場面が多いしそれに合わせた演出がなされている。
でも個人的にはとても良かった。ホラーって本来は暗くて汚くてイヤなものなのだ、と。こうあるべき、という形はないけれど私はこういう作品が観たかった。
1話30分弱で全6話というのもとっつきやすくて良い。ただ少し説明不足というか、視聴者に考察させる、解釈を委ねる結末なので、あと1話ぶんは欲しかった(ラストまで引っ張り続ける予測困難な構成は素晴らしいけど)
たろ

たろの感想・評価

4.0
0
「家」を軸に据えている点でストーリー的にはあの「呪怨」直系ではないけど、関わる人たちに降りかかる恐怖はいかにも呪怨らしくて良い。恐怖の質が高い。DVとか虐待を織り交ぜた脚本も物語にどんより&ねっとりした重苦しさを加える結果となった。80年代末期〜90年代の世相が作中のニュース番組で流れていたのも、当時をリアルに思い出せてよかった。
Koichi

Koichiの感想・評価

3.5
0
もっとアメリカンホラーストーリーみたいに日本であった猟奇的な事件をもっともりこんで欲しかった。家の呪いが浅い感じでした。
カノン

カノンの感想・評価

3.8
0
デヴィッドリンチ作品を彷彿させるほど難解。呪怨史上トップレベルのクオリティはNetflixの力ですかね。
のどか

のどかの感想・評価

-
0
初めて、吐き気を感じるほどのグロテスクと出会った。







【ネタバレ】




 

PFFアワード受賞の『わたしたちの家』の構造に似ていた。インディーズ精神のある、作り込み方や工夫の仕方をNetflixの舞台でやってのけてしまっているのがかっこいい。
masae

masaeの感想・評価

3.8
0
実写の猟奇的事件をオマージュした出来事と呪いの家とをうまくリンクさせて人間の怖さと呪いの怖さがミックスされた新しい感じのホラーで面白かった。CMでも流れてる黒い影に目だけギョロギョロしてる映像もめっちゃ不気味で好き。
>|