いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうに投稿された感想・評価 - 2ページ目

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に投稿された感想・評価

菜

菜の感想・評価

4.0
0
胸が痛くなるシーンが多かった

自分のことを一番に考えられない環境で、常に罪悪感を持って生きていると、自分は幸せになるべきではないと思ってしまうし、人に譲ってしまうし、自分は我慢してしまう。

客観的にもどかしく思うけれど、現実はそうなのだろうな。

人に傷つけられる、けれど人に救われる。
こういうのを心の交流というのだろう。
ナシコ

ナシコの感想・評価

2.0
0
新しいペンを買ったらそのインクがなくなる時を想像してまうみたいなセリフばり共感した
あ

あの感想・評価

-
0
【未】
東野幸治おすすめ96点(佐久間さんYouTubeで)
mone

moneの感想・評価

3.2
0
過去視聴。
もうあまり覚えていないけれど、見ていて辛いシーンが多かった記憶。
maro

maroの感想・評価

4.0
0
泣きました。。。
20年ぶりぐらいに、毎週月曜日という日が楽しみでした。
その点においては、フジテレビに感謝です、本当に。
本当にドラマが久しぶりに面白いと感じました。
ありがとうございます。

1月、この番組の予告を見て、パーティーしている西島隆弘とか、行為後 、朝の寝起きの高畑充希とか、そんなシーンを見て、「あ、これ絶対、登場人物に闇があるやつだ」と思って見始めて、月9にしてはめずらしく暗い雰囲気で、個人的にはそこにかつての野島伸司ドラマと重ねて、ハマっていました。

高良健吾と有村架純がお互い好きになる動機が薄いとか、高良健吾のグレてる期間が短すぎとか、結局、森川葵の病気の原因不明とか、突っ込みどこはあったけど、総じていいドラマでした。

しかしね、僕は言いたい!!今回のラスト。
これはこれでいいのかもしれない。
終始、暗い雰囲気だったしね、最後の救済措置っったのかもしれないけど、個人的にはね、もっと違うことを期待したわけですよ。
こんなね、こんな穏やかでいいのかって。
穏やかに終わるなら、もっと果てしない障害乗り越えるものなんじゃないのって。
もっとキィキィ視聴者に感じさせて欲しかったなって。

脚本は『東京ラブストーリー』と同じ人なんですよ。
もちろん他にも『Mother』とか書いてますけど、やっぱ『東京ラブストーリー』の印象が強いわけです。
覚えていますか?『東京ラブストーリー』の最後を。
織田裕二と鈴木保奈美が背中合わせになるんですよ。
これが別れのときなんですよ。
お互い、振り向かない約束で、前に進むんですよ。
でね、鈴木保奈美が最初に振り向いちゃうんです。
織田裕二はそれに気づかないんです。
鈴木保奈美が「あ、そっか」って感じでまた前に進むんです。
そのタイミングで、織田裕二が振り返るんです。
もうね、これなに!!なにこのすれ違い!!
っていう、それぐらいキィキィしちゃう最終回だったのに、僕はそれを期待しすぎました(笑)

まあ、そこを踏まえても、西島隆弘演じる朝陽井吹の切なすぎるセリフはぐっときました。
無理しやがって、へへっ。

あー、喪失感でいっぱい。
は

はの感想・評価

5.0
0
大好きなドラマ。
森川葵、良かったなぁ。
今もまだ挿入歌が頭に流れて、その度に胸がキュッとなる。切ない。
コギー

コギーの感想・評価

4.3
0
坂元裕二脚本ドラマ鑑賞記録
ドラマは元来『紆余曲折』を描くもの
主人公のふたり音とレンが遠回りして曲がりながらラストシーンにたどり着いたのが1話の最初に出会って食事をしたファミレス。
ラストシーンがファミレスでの2人の会話それも15分以上のロングシーンがこのドラマ(紆余曲折)そのものを表しているように思える。
帰り道音がレンにした「右行って左行ってまっすぐ」だったかの道案内が…「それって近道?」「遠回りや」がすごくいい爽快感を与えてくれました。
mia

miaの感想・評価

4.2
0
これを見た時は衝撃やったな。
高校生やったからそんなに恋愛もしらずにこのドラマを観たけど、大人ってこんなこともあるんやって思った🤣爆笑
今になってもう一回みたら、また違う感想やと思うから、もう一回みたいなあ🤓
ちなみ

ちなみの感想・評価

3.5
0
記録。
当時もそんなにはまらなかったけど、もう一回見ても、そんなにはまらなかったなぁ。私には。
複雑な社会情勢?人間関係?にしようとしすぎてよくわからなくなっちゃった感じ。
引っ越し屋さん。
展開が1シーズンのドラマとは思えないくらい早くて、毎回泣かされた(;_;)

あなたにおすすめの記事