40万キロかなたの恋のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「40万キロかなたの恋」に投稿された感想・評価

ううう

うううの感想・評価

3.3
0
まずまずよかった。登場人物がとっ散らかっていなかったのと、4話完結というシンプルさがよかった。
最後はひねりはなし。
あっぷ

あっぷの感想・評価

3.3
0
千葉くん目当てで視聴。

千葉くんは他の人と比べて、やっぱりいい!千葉くん!ってのを求めちゃう。(共演者もっとそばにほしい)
かわいい犬系の千葉くんを求めてました…。
だけどツンデレも可愛いし、千葉くんが泣いてるとわたしも泣いちゃう(笑)

現実離れしすぎなのものめり込めなかった原因かも。
AIに宇宙船を任せすぎてて怖い。そしてメンヘラAIだけは勘弁して〜。
発達するとこうなるんかな〜。
にゃん

にゃんの感想・評価

3.1
0

このレビューはネタバレを含みます

宇宙に来てからずっと自分の事を支えてくれていたAI・YURIが、突如起こった緊急事態で船を切り離して宗一を地球へ戻し、自分はそのまま爆発、宇宙のチリとなることを選択した事に人間の感情に似た"愛"を感じた。AIもここまで進化するのか。
ラスト宗一も素直になって咲子とヨリを戻したところも綺麗な終わり方であった。

それにしてもAIはデーター上のものだから、と"地球でも管理していてYURI復活!"となる事を期待したが、そうはならなかったか。

YURIが咲子に嫉妬して軌道修正して地球へ帰れないように暴走するなど、AIにも乙女心があって可愛かった。


ストーリー↓
宇宙飛行士の高村宗一(千葉雄大)は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるため、1年間も宇宙に滞在している。極度な人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリ(声・吉岡里帆)とともに宇宙で一人暮らす生活に満足していた。そんなある日、取材ディレクターの元恋人、鮎原咲子(門脇麦)と通信モニター越しで偶然再会。宇宙飛行士と元恋人と人工知能の三角関係が勃発する。

最終話
AIのユリ(声・吉岡里帆)の暴走が引き起こしたトラブルによって宗一(千葉雄大)は地球への強制帰還を命じられ、ユリの抹消も決定された。ユリの処分に納得できない咲子(門脇麦)はユリを焦点に当てた配信動画を企画し、世間が注目すれば撤回されるはずと思いつく。宗一や管制室のメンバーも総出で立ち上がるが、その矢先、宇宙ゴミと宇宙船がぶつかりこのままでは地球に帰ることが困難な状況に。
千葉雄大かわいい!(n回目)
吉岡里帆が声だけなの贅沢だな〜。
リク

リクの感想・評価

3.3
0
リモートドラマとして40万キロ離れてたのは最遠記録じゃないかな(笑)
ゆるーい感じのドラマで楽しかった

麦ちゃんこういうドラマにも出るんね!
キャストが好きなので期待して観たのだけど、1話観て続かなかった...
NF

NFの感想・評価

2.7
0
ゆるコメディ版2001年宇宙の旅。
日本のドラマだとこういう感じになるのか、って感じで少し新鮮ではあった。
きんきん

きんきんの感想・評価

2.0
0

このレビューはネタバレを含みます

最初やたらチープなJAXAだな…と思ったが、よく考えたらコロナ禍ゆえに最低限のセットと人員で制作されたなかなか考えられたドラマでした
AIが意思を持った為に消滅させられる運命を自己犠牲というなんとも人間臭い終わり方させるなんてありきたり過ぎるけど吉岡里帆ならアリなのかな〜なんて
全体的にいいキャスティングでした
シホ

シホの感想・評価

-
0
もともと大好きなば〜ち〜はもちろん、
SHE'Sのこと大好きになっちゃったな、
みきちゃ

みきちゃの感想・評価

4.5
0
テレビ東京
主題歌:「夜漁り」by indigo la End

テレ東がコロナ禍に急遽企画したドラマ。少ない出演者の遠距離もの。よくできた会話劇だった。あっという間の30分。

めんどくさいキャラが似合いすぎる千葉雄大。めんどくさすぎだけど憎めない宗一を千葉雄大が一人芝居で好演。千葉雄大の魅力がつまりまくった宗一。麦ちゃんとも、吉岡里帆とも相性良かった。吉岡里帆のAIユリが、そんな風に言われたら言うこと聞いちゃうわと思える話し方でこちらもかなり魅力的。麦ちゃんの衣装が好きなのばっかだった。

2話:悔いる過去があることは人としての豊かさの1つなのかもしれない。
>|

あなたにおすすめの記事