めぞん一刻 番外編 一刻島ナンパ始末記の作品情報・感想・評価

『めぞん一刻 番外編 一刻島ナンパ始末記』に投稿された感想・評価

LUKE

LUKEの感想・評価

3.1
2022/No.265

一ノ瀬、四谷、あけみが嫌いになりそう笑

クルーザーで宴会→クルーザーが壊れて難破→流された先は無人島→実は無人島じゃなかった。
ラストの待たせる側と待たされる側。待たせる側の人の悪さ。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
めぞん一刻のOVA。テレビシリーズのやったスタジオディーンじゃなくマジックバス制作だね。フィルマークスでは監督がやまざきかずおになってるが、 四分一節子の間違いじゃなかろうか?

本編とは違う番外編的な物語だが、確か原作にもあった筈。一刻館のメンバーが三鷹のヨットに乗って遭難し無人島に難破をするという話だ。これをアニメのオリジナルアレンジで一の瀬・四谷の回想という形にしている。

無人島で五代と三鷹が響子さんをかけて争う中、酒びたりな一の瀬・あけみ・四谷。
無人島と思われていたのは実は四谷が騙していただけというオチだ。日が暮れるまで五代に火起こしをさせ、諦めた頃にライターを出す四谷の人の悪さが面白い。が、ちゅど〜んと爆殺する五代のリアクションはザ80年代だなー。

作画も全体的には悪くない。エンディングが「哀しみよこんにちわ」なのも嬉しい。

あなたにおすすめの記事