ザ・クレイズ/冷血の絆の作品情報・感想・評価

「ザ・クレイズ/冷血の絆」に投稿された感想・評価

面白い。
『レジェンド』と同じくクレイ兄弟モノだがこちらの方が好き。
口をヨコにスライスカットするシーンとかまぢで痛そう…
嫁が発狂するシーンの合わせ鏡の使い方なんか見事。
ラストの葬式のシーンでカメラが迂回して手錠見せるのも超好き。
dude

dudeの感想・評価

3.8
1960年代ごろからロンドン、イーストエンドを支配していた双子のギャング、クレイ兄弟の伝記映画。『戦慄の絆』にも似た兄弟関係を実際の兄弟が演じている説得力もありつつ、意外にも脚色の力が入っているのは男性社会を支える女性たちの苦悩の方だった。ある日糸が切れたように呪詛を並べ死んだ伯母、レジナルド・クレイの妻フランシスの叫びと鏡を使った自己喪失的なショット、殺しに手を染める兄弟と慟哭する母のクロスカッティング。いつまでも子供のままの男としわ寄せを受ける女、その構図の最たるものが戦争だったわけだが戦争が終わっても暴力は続く。しかし母は不吉さを感じ取りながらも息子を生み愛してしまうという。でまあ観終わってみると『柔らかい殻』のフィリップ・リドリー脚本だなとそこそこ納得いくのだった。