ミチ

鍵泥棒のメソッドのミチのレビュー・感想・評価

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)
3.6
今回も最初から最後まで内田ワールド全開で、ぶわっとばらまいた伏線を見事に回収していく様は観ていて本当に爽快。

うだつのあがらない桜井を演じる堺さんや、記憶喪失の殺し屋を演じた香川さんはさすがの演技。

さらにそこに絡んでくる、真面目すぎる編集者を演じた広末さんがよかった。

本当に適役といった感じで、これからもこういう役柄を演じてほしいなと思った。

そしてやはり2回観たくなるのが内田作品。

原作や史実ありきの映画が多いなか、オリジナルでこれほど面白い作品を作り続ける監督が、好きで好きでたまらない(笑)