アンドレ/海から来た天使の作品情報・感想・評価

「アンドレ/海から来た天使」に投稿された感想・評価

はぐれアシカのストーリー、実際にあった出来事を脚色している。

小学生向けでした、自然と、泣かせる良い話、ヒロイン(少女)は「ナポ爆」のヒロイン子どもの頃。
ぬめっとしてるこの天使ぬめっとしてる

海からも天使はやってくるのです。

オープニングからして無理がある。ハトとニワトリは結婚できないし、この女の子…鳥を操れるのもしかして?

その上、伝説のトゥインキーまで登場します。賞味期限27年。奇跡の食べ物トゥインキー。これ…食えるの?

この映画

普通じゃない

そしてアンドレはアザラシなのか?

オットセイではないのか?

seal言ってるからアザラシなんだろうけど、どう見てもその姿はオットセイ。こういう嘘を蔓延らせる訳にはいきません。『バグダッドの盗賊』でゴリラという触れ込みで出てきた八つ裂きチンパンジーを見破った私の目は誤魔化せませんよ。

それにしても…

絶対にアザラシじゃねえ(確信)

映画そっちのけでアンドレの究明に乗り出します。

まず確実に言えることとして、アンドレが海生哺乳類・鰭脚類であることは間違いありません。つまり以下①~⑥のうちのどれかに該当します。

①アザラシ … アザラシ科
②アシカ  … アシカ科
③オットセイ… アシカ科
④オタリア … アシカ科
⑤トド   … アシカ科
⑥セイウチ … セイウチ科

アンドレには耳たぶ(耳介)がありました。更に起き上がって歩いていました。「①アザラシ」は耳たぶが外側に出ておらず穴しかありませんし、起き上がることもできませんから「①アザラシ」ではあり得ません。

この時点でスデにコンセプトが崩壊してますが続けてみましょう。

また、牙もないので「⑥セイウチ」でもありません。このことから、アンドレは②~⑤のアシカ科であることが分かります。

その大きさから「⑤トド」ではなく、アシカよりもやや大きいという特徴を持つ「④オタリア」も候補から外しちゃいましょうこの際だから。

問題はここから

「②アシカ」の子供と「③オットセイ」の大人は、素人では見分けがつかないと言います。特徴はと言えば「③オットセイ」は「②アシカ」よりも毛深いとのこと。


分 か る か !


では他の特徴はどうでしょう。

・「②アシカ」はツルっとしている
・「③オットセイ」は耳が「②アシカ」より目立つ


分 か る か オ ン ド レ !!


アシカとオットセイについて今日ほどググった日はありません。色々と調べた結果、カリフォルニアアシカだろこれ…

結論:アンドレはアザラシではなくアシカである


主人公は女の子。小学校低学年くらいかな。フレッド&ジョージ・ウィーズリーみたいなイタズラ好きなお兄ちゃんたちと、難しい時期に差し掛かったお姉ちゃんがいます。動物好きの両親のおかげで、うちには動物たちがいっぱい。この小さい動物園の園長のお母さんのキャラがいいね。

小さな港町で繰り広げられる名犬ラッシーみたいなエピソード。やたらと人間臭くて犬に敵対心燃やしているユーモア溢れるアシカとの交流は、一昔前のハートフルなドラマを観ているかのようです。芸達者なアシカのショーも観られるし、楽しく笑えてジーンとくるから心暖まりましたよ。

それにしても主役の女の子、DJみそしるとMCごはんに凄く似てる。本人の小さかった頃と言われても違和感がないくらい。似てるなぁ。

しかもこれ、まさかの実話を基にした話でした。ラストのご本人映像で明かされる驚愕の真実。アンドレの本人映像は「アザラシ」でした。

そういうことかぁ

さてと、明日あたり水族館にでもいくか…