ばーとん

修道女のばーとんのレビュー・感想・評価

修道女(1966年製作の映画)
5.0
呪われた属性を持つ人間は生き辛い。どこへ逃げても同じこと。
涙が止まらなかった。シュザンヌは僕だ。