修道女の作品情報・感想・評価

「修道女」に投稿された感想・評価

呪われた属性を持つ人間は生き辛い。どこへ逃げても同じこと。
涙が止まらなかった。シュザンヌは僕だ。
レンタルDVD
修道院の話という体裁をとっているが、要は女囚ものである。それにしてはビジュアルショックに乏しく、イジメはせこいし、レズシーンはありそうでない。
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.2
ジャック・リヴェットxアンナ・カリーナ。
修道女スタイルでも隠しきれない美しさ。修道女にもなりきれず、俗世にも馴染めず。素直すぎた女の人生よ。
どちらの世界にいても不穏さ溢れてる。女子校のようなその雰囲気は嫌いなわけない!
長いし、不思議な効果音とか、横切るニャンコ。
たまに見返したい。
otom

otomの感想・評価

3.8
何となく女子が集まる学園ものにも見えてくる。筋書き自体は面白いと思うのだけれども、敢えてなのかなんなのか場面が飛びまくっていささか付いていけん。
以前から気になっていた作品。
でも、やや長めだし難しかったり退屈だったらちょっと‥‥ と躊躇ってました。
でもアンナ・カリーナが出てるし、やっぱり観たい!ということで観ました。
結果、全く長さを感じなかったしアンナ・カリーナは美しかったし、わかりやすく、しっかりしたストーリーがありそして色んな意味で濃い内容でした。

しかし、アンナ・カリーナは終始、可哀想の一言に尽きるのでした‥‥ 。
母たちに捨てられ無理やり修道院に入れられその修道院でいじめられそれで別の修道院に移ったはいいが、レズ院長に惚れられマークされ、そこから助け出してくれた神父に犯されそうになり、やっとの事でそれらから逃れた果ては‥‥?!!

アンナ・カリーナは全てにおいて美しかったけれど物語は全てにおいて悲惨な救いようのない内容でした。
何をおいてもアンナ・カリーナの可憐さときたら。修道服で強調された滑らかな陶磁器のような小顔は世界の宝。

ともあれ内容も端的な文脈の中でまとまっており最後の呆気なさも(流れの中で当然と言えば当然)椿の散り際のようで清々しく美しい。
修道院を描いた作品は「ビリディアナ」しかり「尼僧ヨアンナ」しかり宗教的で神聖なものとは正反対の堕落や俗世的な要素を含みがちだが、例に及ばずこの作品も虐待独裁院長や女の花園百合院長など背徳的なアイコンを盛り込んであり下世話に楽しめてしまう。アンナ・カリーナはかわいそうだけど…。
あとはファッショナブルな色の配色に拘りを感じた。

溝口作品未見のため数本観てからまたこれを改めて観たい。
いずみ

いずみの感想・評価

4.0
DVDのパッケージの裏にも書いてあったけれど、カメラワークがめっちゃ溝口。ぎゅいーんと、聖堂の修道女たちを映すシーンや、横移動の滑らかさが溝口そのもの。リヴェットが影響を受けたのがよくわかった。姉二人のせいで持参金がないため修道院にいれられる、シュザンヌ(アンナカリーナ)。神に背くシュザンヌを罰する後の院長が冷酷すぎて恐ろしい。お前が悪魔に取り憑かれてるという感じ。次に移送されて修道院で、修道女たちが外で遊ぶシーンがめちゃくちゃ綺麗。蝶が戯れているよう。
marika

marikaの感想・評価

-
とにかくかわいいアンナカリーナがかわいそうすぎるのを見るだけの映画なんだけど。キャピキャピシスター達のギャルな着こなしは可愛いな。フリルたっぷり修道服に今風な太サッシュベルト、大ぶりブローチのポイント付けなど。
イシ

イシの感想・評価

-
リヴェットな~~。有名ー。
豪華は豪華やった! けど構成もなんもなくて話を撮りっぱなしにするんだったらわざわざ映画で表す必要なくない?って思っちゃったな。
n

nの感想・評価

5.0
つらくなったらいつでもこのアンナカリーナと修道服を思い出したい
>|