kazu1961

リアル・スティールのkazu1961のレビュー・感想・評価

リアル・スティール(2011年製作の映画)
4.0
▪️Title :「リアル・スティール」
Original Title :「Real Steel」
▪️Release Date:2011/11/09
▪️Production Country:アメリカ
🏆Main Awards :※※※
▪️Appreciation Record :2019-152 再鑑賞
▪️My Review
ラストのファイティングシーンを観てると、かなり「ロッキー」と被って見えますね!!
ただそれでも「ロッキー」と違うのはやはり金儲けを目論むダメおやじが主人公なこと。主人公チャーリーの心の葛藤(逃げる/逃げない)が中心になってることでしょうね。その弱いダメおやじが息子さんと向き合うことで、逃げない選択をする、これはやはり共感、泣いてしまいますね!!
特に主人公たちが操るATOMに、シャドー機能がついてること、これが秀逸です。ヒュー・ジャックマン演じるチャーリーがラストで演じるシャドーボクシング、これが最大に熱くなるシーンですね。
ダコタ・ゴヨ演じるマックスも良かったんでは。父子の物語はとにかく泣きを誘いますね。見事に泣きでした!!
▪️Overview
ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。共演に「ハート・ロッカー」のエバンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー。