踊る猫

夢売るふたりの踊る猫のレビュー・感想・評価

夢売るふたり(2012年製作の映画)
3.9
甘ったるく味つけしたケン・ローチ的……と言えば怒られるのかもしれないが、甘美な「夢」のために詐欺を働き、そして計画性もなにもないまま蟻地獄に落ちて行くふたりの姿がここではなかなかの演技によって描かれていると思う。どす黒い情念を持つ松たか子氏の演技はもちろん素晴らしいが、個人的には阿部サダヲ氏の演技の方に注目してしまった。『木更津キャッツアイ』の三枚目の役という印象しか持っていなかったので、まさかここまで主役を張れる実力があるとは思っていなかったのだ。こうした異色のキャスティングの妙を実に西川氏は巧く活かしている。キーワードは「嘘」だろう。『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』で探求されていたその「嘘」をめぐる物語は更に先鋭化されている。